恭仁京

恭仁京についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [恭仁京] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

恭仁京を含むブログ記事

駅好き兄さんさん
  • JR関西線えきめぐり part.8(京都府エリア)
  • ます。この駅は大きな駅なので市の中心駅かと錯覚してしまいそうになりますが、木津川市の中心部はここではなく、1駅進んだ木津駅の辺です。 今でこそ加茂といえば単なる地方都市になっているものの、奈良時代には恭仁京という都が置かれ、まさに加茂が日本の首都と言えた時代もあったらしいのですよ。 加茂の凄さが分かったところで、さっそく駅の紹介に入っていきましょう! ↑ホーム(柘植・亀山方面)加茂駅は、1番のりばから...
  • 駅好き兄さんのブログ-東海地方の駅訪問駅好き兄さんさんのプロフィール
Jimmy Plantさん
  • 母の秋の遠足第1弾!「木津川アート」
  • ▼木津川アートが始まりました ▼3:00発 母のトレーニングに、 恭仁京裏の実家をスタート! てくてく、、、 恭仁京大極殿、山城国分寺跡を避けて、田んぼの間の細い道を歩きました。 今は歩いて通る人は少ない様です。 耕運機、軽トラぐらいか? ▼ちょっと離れてアート ▼ほかの...
  • おやじランナーの背中を追ってJimmy Plantさんのプロフィール
rh1さん
  • #2218 秋されば春日の山の黄葉見る ・・・
  • 見ることができるこの奈良の都が荒れ果てていくのは惜しいことです。 詞書に「大原今城の寧楽《なら》の故郷を傷み惜しめる歌一首」とあります。前後の歌から、この歌が詠まれたのは聖武天皇の御代、都が平城京から恭仁京に遷都して三年後の秋ではないかと推測されています。遷都にあたっては恭仁京に移築するために大極殿の建物が解体され、平城京はたちまちのうちに荒れ野になってしまったそうです。大原今城は新都には行かずそのまま...
  • 万葉歳時記 一日一葉rh1さんのプロフィール
みやさん
  • 佐保山南陵〜聖武天皇陵
  • )が立太子(女性皇太子は初)。天平12年、藤原広嗣(光明皇后の甥)が橘諸兄らの排斥を求め、大宰府で挙兵(藤原広嗣の乱)。精神不安定になった聖武天皇は平城京を立ち、伊賀、伊勢、美濃、近江を転々とした後、恭仁京に遷都。聖武天皇は政情不安の救いを仏教に求め、天平13年、国分寺建立の詔を発布。天平15年、廬舎那仏建立の詔が出され、離宮がおかれた紫香楽宮の甲賀寺に建造開始。天平16年、難波京に遷都。天平17年1月...
  • 古都の礎みやさんのプロフィール
みやさん
  • 山城国分寺跡〜国分寺塔跡
  • 木津川にある山城国分寺跡です。 天平12年(740年)、この地には平城京から遷都を行った聖武天皇の都恭仁京が営まれます.。天平13年、聖武天皇は恭仁京において国分寺・国分尼寺造営の詔を発布。鎮護国家のために国ごとに国分寺と国分尼寺を建てることを命じます。天平15年、聖武天皇は大仏造立の詔を発布、離宮の紫賀...
  • 古都の礎みやさんのプロフィール
みやさん
  • 恭仁京跡〜聖武天皇の都
  • 木津川にある恭仁京跡です。 恭仁京は、奈良時代、天平12年(740年)から天平16年まで都が置かれていた場所。天平12年(740年)9月、藤原広嗣が大宰府で挙兵。平城京にいた聖武天皇は情緒不安定となり、同10月、平城...
  • 古都の礎みやさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

恭仁京について