カフカス

カフカスについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [カフカス] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

カフカスを含むブログ記事

ioheさん
  • アゼルバイジャン、モスクと油田と夜景。
  • 面積は北海道よりやや広く75000平方?。カスピ海に面し北にコーカサス山脈、その向こうにロシア、南にイラン、東にジョージアと領土問題を抱えるアルメニア。 紀元前2000年アルバニア人によって建国されたカフカスアルバニア王国の領域に。紀元前6世紀イランからアケメネス朝ペルシャでゾロアスター教が信仰され、紀元前330年マケドニア、アレクサンドロス大王による征服、その後ローマ帝国の支配下に入り、227年からは再...
  • 添乗員森田世界の旅ioheさんのプロフィール
みっく・じゃがさん
  • コーカサス旅行記 その2
  • く・・・昔の人は、それをみて驚き、神の力を感じたようです。ここがその場所です。この円形の入り口から入ると火が出ていました。バスはここを最後にして空港へ向かい、ジョージアの首都トビリシへ。飛行機から見たカフカス(コーカサス)山脈。ただただ美しく、明日はここへ登るのだと思うとうれしさが募りました。所要時間1時間15分 トビリシ到着です。19時を過ぎていたので、空港から夕食をとりにレストランへクリームスープに鶏...
  • みっく・じゃがの「ひとりごと日記」みっく・じゃがさんのプロフィール
CURATOR358さん
古荘冬馬人さん
  • 遺跡と古代史 世界と日本
  • 受けまくっていたわけです。さて今ではシュメールが始祖文明のようなことになっていますが、シュメールは北から来たと書かれている文書もあるらしく、そうするといろいろ考えると文明発祥の地はカスピ海と黒海の間のカフカス地方ではないかとぼくなどは思っています。ちなみに黒海こそノアの舞台だという説が近年人気を博しています。昔は土地だったが、地中海の水がある日なだれ込んで一基に水底に沈んでしまったと。カフカス地方はまさに...
  • 卑弥呼の都へ旅をする古荘冬馬人さんのプロフィール
たーちゃんさん
  • SACDサラウンド・レビュー(774)
  • 。ヴァレリー・ゲルギエフ(Valery Abisalovich Gergiev, 1953〜 )はモスクワでオセット人の両親の家庭に生まれる。その後、北オセチア共和国の首都オルジョニキゼ(現在のウラジカフカス)に移り、オルジョニキゼ音楽学校を卒業後、レニングラード音楽院(現サンクトペテルブルク音楽院)でイリヤ・ムーシンに師事し、指揮法を学ぶ。同院在学中にカラヤン指揮者コンクール2位、全ソ指揮者コンクール1...
  • たーちゃん’S Blogたーちゃんさんのプロフィール
あがた めのおさん
  • 七人の侍とエクスカリバー アーサー王伝説 その?
  • セット人は、スキタイ、サルマタイ、アラン人などの古代の黒海北岸一帯で活動したイラン系民族の後裔と考えられている。彼らは諸民族と混交を重ねていく中で、アス人と自称したオセット人の先祖がハザールの解体後、カフカス山脈北麓の低地地帯に王国を形成し、カフカス先住諸民族の強い影響を受けた独自の文化を発展させた。13世紀前半、アス人の王国はモンゴル帝国によって征服され、首都マガスを始めとする諸都市は壊滅的な打撃を受け...
  • フランスの田舎暮らしあがた めのおさんのプロフィール

カフカスを含むトラコミュ

若ノ鵬寿則
  • 若ノ鵬寿則
  • 若ノ鵬 寿則(わかのほう としのり、1988年7月8日 - )は、ロシア連邦北オセチア共和国ウラジカフカス出身で間垣部屋所属の現役大相撲力士。本名ガグロエフ・ソスラン・ア...
  • トラックバック数:0 TB参加メンバー数:1人カテゴリー:格闘技ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

カフカスについて