誓願寺

誓願寺についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [誓願寺] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

誓願寺を含むブログ記事

りせさん
  • 誠心院と和泉式部の生涯
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全てクリックで拡大します。昨日の記事の誓願寺から新京極通を南に数軒行くと、誠心院があります。こちらも和泉式部ゆかりの、というより通称「和泉式部」と呼ばれる寺です。「誠心院(せいしんいん)」は正式名称を華嶽山(かがくざん)東北寺誠心院という真言宗...
  • 京都を歩くアルバムりせさんのプロフィール
富士市議会議員 小池としあきさん
  • 新住職への代替わり行事  臨済宗妙心寺派の古刹・誓願寺(静岡市丸子)の晋山式
  • にほんブログ村 14日(土)は、静岡市丸子にある誓願寺の晋山式に出席した。  誓願寺(こちらの方のブログを)は、私の義母(妻の母)の実家で、臨済宗妙心寺派の古刹だ。  晋山式とは、住職が代替わりし、新たな住職が先代から正式に引き継いだことを内外に示す行事...
  • 富士市議会議員 小池としあき「富士市のまちづくり」富士市議会議員 小池としあきさんのプロフィール
りせさん
  • 誓願寺 新京極の古刹と歴史上の人物たち
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全てクリックで拡大します。矢田寺を出て、新京極通を下り六角通を過ぎると誓願寺があります。「誓願寺」は浄土宗西山深草派の総本山で、創建は古く飛鳥時代までさかのぼります。「迷子みちしるべ」 右側に「教しゆる方」、左側に「さがす方」と彫ってあり、落し物や迷子を捜す方、教える方が、紙...
  • 京都を歩くアルバムりせさんのプロフィール
アスカ マコトさん
  • 誓願寺
  • 男アスカ マコトがアルバムの紹介と趣味の神社仏閣巡礼、読書を織りまぜて更新していきます。しばし現実から離れてゆったりとすごしていただければ嬉しいです。ブログトップ記事一覧画像一覧月峰院 »誓願寺2017-10-19 07:00:00NEW !テーマ:神社仏閣等青森県弘前市にあります 誓願寺です。光明山誓願寺、本堂です。 宗派 浄土宗 ご本尊 阿弥陀如来 津軽八十八ヵ所霊場 第五十七番札所由緒...
  • 神社仏閣に癒しの音が響くアスカ マコトさんのプロフィール
シュージョーさん
  • 紅葉を楽しむ
  •  11日、12日と、誓願寺さんの報恩講に出勤しました。報恩講シーズンもあと少しとなりました。  この時期になると、旭川市内でも紅葉を楽しむことができます。  でも、私が一番お勧めするところは、旭川ー深川の高速道路です。すばらし...
  • 旭川東法寺だよりシュージョーさんのプロフィール
深沢 襄さん
  • 京都の寺社でいただける御朱印帳
  • る御室桜に三重塔が映える可愛い御朱印帳です。 隋心院  落ち着いた中に鮮やかな風格漂う御朱印帳です。京都府小野にある小野小町ゆかりのお寺、表紙裏には小町の姿図と歌が印刷されています。 誓願寺  和泉式部ゆかりのお寺、表紙の絵は、いまだファンの多い恋多き女性、和泉式部を描いたものだそうです。 永観堂  紅葉の永観堂らしい、きれいな紅葉の御朱印帳です。 平安神宮  東を守る蒼...
  • 楽しい御朱印めぐり深沢 襄さんのプロフィール
深沢 襄さん
  • 京都 三条河原町界隈 御朱印めぐり
  • JUGEMテーマ:御朱印収集 京都 三条河原町界隈 御朱印めぐり この記事では、阪急河原町駅をスタートし、和泉式部ゆかりの寺“誠心院”“誓願寺”に参拝、さらに北に進み寺町通りに面する“矢田寺”、そして本能寺の変の舞台となった“本能寺”を参拝する三条河原町界隈の御朱印めぐりを紹介しま...
  • 楽しい御朱印めぐり深沢 襄さんのプロフィール
yukinboさん
  • 京都・インコ寺
  • ーの御朱印帳もありました。どれもこれも欲しくて、なんとか選べました。御朱印も書いていただきました。祇園祭で賑わう通りを歩き、京都の友達おすすめのお店でごはんを食べ伊右衛門サロンで抹茶ビールを飲み本能寺誓願寺などいくつかのお寺をお参りして、鴨川辻利パフェ旧友にも会えて、楽しい旅になりました。...
  • ウロコインコろこはなyukinboさんのプロフィール
ヤマンダイさん
見もの・読みもの日記さん
  • 2017年10月@関西:大津の都と白鳳寺院(大津歴博)+地獄絵ワンダーランド(龍谷)
  • 道絵』(南宋〜元)6幅は、人物に動きが少なく、冷ややかで幻想的。いま図録をチェックしたら東京展にも出ているのだが、展示替えの関係で見ていないのかもしれない。畜生道に描かれた灰色の象が妙にリアル。京都・誓願寺の『地蔵十王図』(南宋)は、何度見ても、地獄の「文書行政」に微笑んでしまう。兵庫・薬仙寺の『施餓鬼図』は、ほぼ四角形の画面の中央に山盛りのご飯などが飾られ、その前で頭頂部の禿げた焔口餓鬼が、僧侶から施...
  • 見もの・読みもの日記見もの・読みもの日記さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

誓願寺について