大法廷

大法廷についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [大法廷] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

大法廷を含むブログ記事

YU ME NO U Eさん
  • 教養としての税法入門
  • か?」っとか、そういう裁判があったことすら知らなかったですし。具体的には、「財産権を侵害するのではないか」「法の下の平等に反するのではないかという主張が裁判でなされ、最高裁は昭和37年(1962年)に大法廷で判決を下しました。結論としては、違憲ではない」という判断でした。本文より引用端折って、YU ME NO U Eが最高裁の判断を要約すると?財産権(憲法29条一項)の点については、源泉徴収制度はシステ...
  • 資格の先のYU ME NO U E 〜税理士試験受験日記〜YU ME NO U Eさんのプロフィール
田の神様のつぶやきさん
  • 将棋が趣味という憲法学者・木村草太教授の講演、憲法解釈を詰将棋のように楽しんでいるのですか
  • うが)廃止されれば、憲法9条は本来の姿を呼び戻したと見るのか、厳しい安全保障環境の中で憲法改正が必要となるのかお聞きします。  ?なぜ安保法制を憲法違反として訴訟を起こさないのですか。砂川裁判の最高裁大法廷で集団的自衛権も認めたからではありませんか。(追)日本国憲法の改正に携わった宮沢俊義東大教授は、8月革命説をベースに憲法で変えることができないのは国民主権であり(このことが立憲主義そのものです。)、平...
  • ブログで哲学喫茶を開店する田の神様のつぶやきさんのプロフィール
エンジョイ・ライフ 『人生楽ありゃ、苦もあるさ!』さん
  • 日本の憲法 Vol.7 不敬罪は存立している?【プラカード事件】
  • にたいして刑法不敬罪の規定が所謂名誉棄損の特別罪としてなお存続しているものと解するを相当とする。」(東京高判昭和22年6月28日刑集2巻6号607頁)被告人は上告をしたが、昭和23年5月26日、最高裁大法廷判決(刑集2巻6号529頁)は原判決を維持した。ジャンル:学習ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!にほんブログ村コメントTweet...
  • エンジョイ・ライフ 『人生楽ありゃ、苦もあるさ!』エンジョイ・ライフ 『人生楽ありゃ、苦もあるさ!』さんのプロフィール
新ゲーム伝説さん
  • 2017年8月発売のゲームソフト一覧
  • 新版】はコチラをクリック---------スポンサードリンク---------2017年8月3日大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-発売日2017年8月3日価格5,800円+税メーカーカプコンジャンル大法廷バトルハード3DSレーティングCERO B(12才以上対象)プレイ人数1人公式http://www.capcom.co.jp/dai-gyakuten2/逆転裁判シリーズ最新作「大逆転裁判2 -成歩堂...
  • 新ゲーム伝説新ゲーム伝説さんのプロフィール
SSさん
  • アプリ『大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-』プロモーション映像
  • CapcomChannelアプリ『大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-』プロモーション映像: 大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險- □対応OS:iOS/Android □ジャンル:大法廷バトル □配信日:好評配信中 □プレイ人数:1人 ※対応OSのバージョン...アプリ『大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-』プロモーション映像: https://www.youtube.com/watc...
  • プププ動画SSさんのプロフィール
国難にあってもの申す‼さん
  • 朝日新聞 蓮舫氏の二重国籍問題、戸籍開示という要求は問題の本質からずれている[8/31]
  • ・西村啓「GPS捜査最高裁判決を導いた弁護活動」(法学セミナー9月号) GPS捜査最高裁判決に関わった被告人弁護団による弁護活動の説明。上告審で、最高裁の反応を引き出すために、あえて、主張を絞りこみ、大法廷回付からの判決を勝ち取る過程が描かれる。法の支配の実現には、緻密(ちみつ)な法理論だけでなく、よく考えられた法廷戦術も重要であることを教えてくれる。 △奥田安弘「いわゆる『二重国籍』問題」(シノドス8...
  • 国難にあってもの申す‼国難にあってもの申す‼さんのプロフィール
天之助さん
向山さん
  • 配偶者に継続居住権の確保
  • 規定は、被相続人の配偶者への貢献に報いるとともに、老後の生活保障を厚くするという意思を尊重した取扱いができるようになるものと考えられます。2.仮払制度等の創設・要件明確化 平成28年12月19日最高裁大法廷決定により、預貯金債権についても遺産分割までの間は共同相続人全員が共同で行使しなければならないこととなりました。 遺産分割前にも払い戻す必要が発生することがあります。例えば、葬儀費用の支払い、共同相続...
  • 税理士 向山裕純の税のなんだパンダ向山さんのプロフィール
天之助さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

大法廷について