直木賞作家

直木賞作家についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [直木賞作家] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

直木賞作家を含むブログ記事

こうさん
  • 黒川博行 落英 上下巻 読了
  • 手を組んだ和歌山県警の満井は切れ者だが、女性問題や地元業者との癒着の疑惑が絶えない悪徳刑事だった。ふたりは、事件当時犯人と目されていた暴力団の幹部に同じ型の拳銃を売りつけるよう満井に持ち掛けられる…。直木賞作家が打ち立てた本格警察小説の金字塔! 発見してしまった拳銃のために2人は調査を命じられ和歌山へ。そこで出会った不良刑事の満井と3人で物語が進んで行きます。下巻に入ってからも面白くないわけではなくある意味...
  • 47歳7ヶ月男 ゴルフ始めました&読書記録こうさんのプロフィール
株式会社サンタナアップ ホットライフさん
すみかさん
  • 乃木坂46・若月佑美、初写真集が1位獲得
  • ている。 そのほか今週の同部門は、好調が続く『君たちはどう生きるか 漫画版』(マガジンハウス)が週間売上4.8万部で4週連続の1位となり、累積売上は20.3万部を記録。ロングセラーとなっている94歳の直木賞作家・佐藤愛子のエッセイ集『九十歳。何がめでたい』(小学館 2016年発売)が週間売上1.9万部で先週の100位圏外より3位に急浮上(累積売上84.5万部)している。【関連記事】【写真】色気あふれる脚線美...
  • ほーほーブログすみかさんのプロフィール
小樽の寿司さん
  • 沈黙法廷 全5話
  • 解説直木賞作家・佐々木譲の渾身作を、永作博美主演で映像化。連続する老人の不審死について、無罪を主張する家事代行の女は証言台で口を閉ざす。連続する高齢者の不審死の容疑者として浮上したのは家事代行業の女・山本美紀だった...
  • 無料海外ドラマ・映画☆小樽の寿司BLOG小樽の寿司さんのプロフィール
FREEMOVIE2さん
  • 太陽の坐る場所
  • MOVIE2)」は毎日更新!フォローするFREEMOVIE2洋画邦画韓中アニメ受賞作(2016)映画配信サービス比較宇多丸ラジオホームサスペンス太陽の坐る場所サスペンス動画『太陽の坐る場所』を無料視聴直木賞作家・辻村深月のミステリー小説を映画化原題:太陽の坐る場所 製作:日本(2014年) 日本公開日:2014年10月4日 上映時間:102分 製作会社: 配給:ファントム・フィルム 製作費: 興行収入:【評...
  • 無料で映画動画:FREE MOVIE 2FREEMOVIE2さんのプロフィール
さやか姫さん
  • 映画 光 11月25日(土) 公開
  • 山内 脚本大森立嗣監督大森立嗣原作三浦しをんその他三浦しをん原作「まほろ駅前」シリーズの映画化を手がけた大森立嗣監督が、再び三浦の小説を原作に描くサスペンスドラマ。「舟を編む」などで知られる直木賞作家・三浦しをんの小説を、『ぼっちゃん』などの大森立嗣監督が映画化したサスペンス。大災害で生き残った3人の男女が25年後に再会し、逃れることのできない運命に翻弄(ほんろう)されるさまを描く。主人公とその妻...
  • 大好きなスイーツ・ケーキなど甘い関西のお菓子さやか姫さんのプロフィール
サヨリさん
  • 母の付き添い
  • 【内容情報】(「BOOK」データベースより)信長に先んじて海外貿易を行い、硝石、鉛を輸入、鉄砲隊を整備。強大な軍事力と知略で九州六ケ国を制覇。理想の王国を作ろうと夢に向かって駆け抜けた大友宗麟を描く。直木賞作家が新たな構想で挑む歴史小説!南蛮貿易のためにキリシタン大名になったのかと思っていたけれど・・なかなか面白い本でしたにほんブログ村文化祭・・芸能の部・・今年もいろいろ出し物がありました主なものを・・神社...
  • サヨリのたわごとサヨリさんのプロフィール
E/pさん
  • 落日の死影  船戸与一:著
  • ゴルゴ13ノベルズI 落日の死影【電子書籍】[ 船戸与一 ]価格:551円(2017/11/13 15:10時点)感想(0件)商品説明ゴルゴ13を直木賞作家・船戸与一が描く!直木賞作家・船戸与一が、劇画最高峰「ゴルゴ13」を描いた、最強のエンターテインメント!作家デビュー前、外浦五郎の筆名で脚本にたずさわった「ゴルゴ13」作品の中から、選りすぐりの3話を...
  • 積読と脂肪をためる日々(旧「私の読書備忘録」)E/pさんのプロフィール
あーるさん
  • ミステリはちょっと
  •  桜木紫乃『凍原 北海道警釧路方面本部刑事第一課・松崎比呂』読了。  直木賞作家の最初で最後の(?)ミステリのように聞いているが、やっぱりなんか……こういうのって、北海道(樺太)あるあるなのかなあ。という疑問と、なんかやっぱり腑に落ちないことが多すぎて。寒い感じは伝わるけれども。...
  • 6猫日記あーるさんのプロフィール
みどり子さん
  • 「楽になりたかったら周りを気にしないことだよ」志茂田景樹さんの言葉です。
  • ひょんなことから少し前から志茂田景樹さんのツイッターをフォローしています。志茂田景樹さんと言えば、一昔前によくマスメディアに登場していたあの「派手でカラフルなおじさん」というイメージ。直木賞作家だということくらいしか知りませんでした。志茂田景樹さんがツイッターで日々つぶやく言葉を読んでいると、心が楽になるときがあるのです。...
  • 60歳までに断捨離みどり子さんのプロフィール

直木賞作家を含むトラコミュ

三浦しをん
  • 三浦しをん
  • 直木賞作家「三浦しをん」さんの本についてのトラコミュです。書評・感想など。
  • トラックバック数:100 TB参加メンバー数:20人カテゴリー:本ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

直木賞作家について