三河国

三河国についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 美濃・尾張・三河遠征記 (31) 〜砥鹿神社〜
  •  続いては三河国一の宮の砥鹿神社(とがじんじゃ)です。 上の写真は駐車場にいちばん近い鳥居を何気なく撮ったのですが、これは空襲に耐えたものなんだそうです。 デコボコしている所が空襲の跡らしいです。 あとは表に回り境内へ… 鳥居以外は戦後の再建だそうだす。。 拝殿です。 昭和37年再建。 次はお城です。[三河国] ブログ村キーワード・・・続きを読む
  • 四十路直前日記? 四十路さん四十路さんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

三河国を含むブログ記事

むぎさん
  • 設楽原決戦場(愛知県)
  • 設楽原決戦場(愛知県)2017年10月20日 07時41分03秒 |古戦場設楽原決戦場(したらがはらけっせんじょう)場所 新城市竹広 大宮清水1−9【 地図 】天正3年5月21日、三河国長篠城をめぐって、織田信長・徳川家康連合軍3万8千と武田勝頼軍1万5千との間で行われた戦いです。長篠・設楽原の戦いとも呼ばれ、織田軍が馬防柵で鉄砲三段撃ちを行ったことで知られています。遠景馬防柵「馬防...
  • むぎの城さんぽむぎさんのプロフィール
myr88さん
  • FDC 佐久間ダム竣工記念 初日カバー 中部特印
  • 円の郵便切手が昭和31年10月15日から発行されることとなった。」とあります。佐久間ダムのために作られた人造湖は佐久間湖と命名されダム湖百選に選定されていて昭和44年(1969年)1月10日には天竜奥三河国定公園に指定されたそうです。?初日カバーのカシェはそのまま佐久間ダム。?切手と消印はこちら。10円の佐久間ダムの図案の記念切手。消印は佐久間ダム竣工記念の静岡・中部(なかべ)特印。こちらもそのまま佐久...
  • レトロなきろくmyr88さんのプロフィール
劇団武士道さん
  • 第十六陣・信長『登場人物紹介その10・徳川家康』
  • まで20日を切りましたより面白い作品にするために ますます取り組んで行きます 本編に登場する実在人物紹介登場人物紹介その10海道一の弓取り「徳川家康」 徳川家康(とくがわいえやす)1543-1616三河国の土豪松平氏第8代当主広忠の嫡男として岡崎城で生まれる幼名は竹千代(たけちよ)6歳の時、今川氏に人質として送られるが途中で家臣の裏切りにより対立する織田氏へ送られその人質となってしまう織田氏の元で数年...
  • 武士道記劇団武士道さんのプロフィール
drughbaさん
  • 愛知・高浜 三州瓦と高浜とりめし
  • んじょう)市、南が碧南(へきなん)市、西が衣浦港を挟んで半田(はんだ)市と知多(ちた)郡の東浦(ひがしうら)町と接している。 高浜市は、西三河の中心都市である刈谷市に接し、境川の河口から広がる衣浦港が三河国(みかわのくに)と尾張国(おわりのくに)の境となっており、対岸の知多半島は尾張側に属する。 高浜市は、衣浦港の東に平野が広がり、良質な粘土が産出されることから窯業が盛んで、特に「瓦」は「三州瓦」(さん...
  • ドルジバツアーdrughbaさんのプロフィール
葉之和駆刃さん
  • 第四回 苗字クイズ解答
  • 第四問 したなが第五問 いちじく【解説】第一問 現三重県である伊勢国多気郡斎宮村起源とも言われる【名字由来netより引用】。第二問 吉良・雲英と由来をともにする(徳川家などを輩出した現愛知県東部である三河国幡豆郡吉良庄発祥)【名字由来netより引用】。第三問 現栃木県である下野起源とも言われる【名字由来netより引用】。第四問 下の方が長いことから。第五問 一字で「九」と書けることから。まあ、知識問題で...
  • 小説の楽園葉之和駆刃さんのプロフィール
Ryo56さん
  • 本多忠勝とは?井伊直政や本多正信との関係や逸話 大河「直虎」のキャストは?嶋政宏 
  • の生い立ちと本多正信との関係2 徳川家康に仕え、「最強」と言われる逸話を数々残す3 井伊直政とともに関ヶ原の戦いでの裏工作で活躍本多忠勝の生い立ちと本多正信との関係本多忠勝は、父・本多忠高の長男として三河国(愛知県岡崎市)で生まれます。本多家は古くから松平家(のちの徳川家)に仕えていた一族です。尚、本多忠勝と同じ苗字で、同じく徳川家康に仕えて活躍した本多正信という人物は、同じ一族ではありますが、遠い親戚...
  • 大河ドラマで学ぶ日本の歴史 〜大河ドラマ情報館〜Ryo56さんのプロフィール
eccoさん
  • 三河富士の懐に抱かれて
  • ?????最後は、べっぴんキノコ姉妹に見送られて山をあとにしました。?????????????????????????????????????????????????????????????????(三河国一宮砥鹿神社奥宮 本宮山にて 10月10日撮影)タグ:山野草エンシュウハグマ晩秋みんなの【山野草】をまとめ読みLikeby ecocoro_biyori | 2017-10-12 14:25 | 自然...
  • ecocoro日和eccoさんのプロフィール
Ryo56さん
  • 本多正信とは?大河「直虎」のキャストは六角精児 本多忠勝との関係とその子孫 
  • 立ちと本多忠勝との関係2 一向一揆で徳川家康を裏切る3 徳川家にもどる本多正信4 徳川家康の元で数々の活躍をみせる本多正信5 江戸幕府で老中となる本多正信本多正信の生い立ちと本多忠勝との関係本多正信は三河国(愛知県西部)にて本多俊正の次男として生まれ、鷹匠として徳川家康に仕えるようになり、桶狭間の戦いでは徳川家康に従って戦ったといわれます。なお、同じく徳川家康の家臣の名前のよく似ている本多忠勝とは同じ本...
  • 大河ドラマで学ぶ日本の歴史 〜大河ドラマ情報館〜Ryo56さんのプロフィール
碧さん
  • おすすめ(^o^)
  • いのは写真はこちらの本よりこちらの運慶作と言われる聖観音さま。唇あたりには源頼朝の歯と髪の毛が胎内仏として納められていると伝わります。ただいま東京に出張しているそうです。東京国立博物館にて開催中です。三河国は遠いよ〜という方、ぜひ足を運んでくださいねわたしは出張が終わって戻っていらっしゃったら滝山寺の宝物殿に見に行きたいと思っています。滝山寺の宝物殿には他にもたくさんの魅力的な仏さまが安置されているそう...
  • 青い空がすき碧さんのプロフィール
しずかさん
  • 井伊谷 近藤家陣屋跡
  • の子として誕生。父と共に今川氏に従っていたため、知行221貫文を安堵されていた。今川氏の領国支配力に不安が見え始めた桶狭間の戦い以降も、同僚の鈴木重勝に同調、今川氏の傘下でいることを継続した。やがて、三河国の徳川家康が遠江国を窺うようになると、その懐柔工作によって今川氏を離反。永禄11年(1568年)末からの家康による遠州攻め入りでは、子の秀用を従軍させていた。老齢であるうえ、長年の戦働きによる負傷で歩...
  • 大河ドラマに恋してしずかさんのプロフィール

三河国を含むトラコミュ

徳川家康
  • 徳川家康
  • 安土桃山時代の武将。松平広忠の嫡男。1542年,三河国(愛知東部)岡崎城で生まれる。幼少時代を織田氏(尾張清洲)・今川氏(駿河)の人質として過ごしたが桶狭間合戦によ...
  • トラックバック数:381 TB参加メンバー数:62人カテゴリー:歴史ブログ
山本勘助
  • 山本勘助
  • 三河国宝飯郡牛久保(愛知県豊川市牛久保町)の生まれと伝わる。諸国を流浪し剣術や軍学を修めたとされる。当初は今川氏への仕官を希望していたが叶わず、天文12年(1543年...
  • トラックバック数:123 TB参加メンバー数:30人カテゴリー:歴史ブログ
長篠の戦い
  • 長篠の戦い
  • 天正3年(1575年)5月、三河国長篠城をめぐり、織田信長・徳川家康連合軍3万5000人と武田勝頼軍1万5000人との間で行われた戦い。徳川氏の信濃国方面の前線であった長篠城が武...
  • トラックバック数:14 TB参加メンバー数:5人カテゴリー:歴史ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

三河国について