尾張国

尾張国についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 美濃・尾張・三河遠征記 (22) 〜末森城〜
  •  続いては末森城です。 織田信長の父親の織田信秀の居城として有名ですが、今は城山八幡宮が鎮座しています。 信秀が死んだあとは、信長の弟の信行が城主になります。 信行が謀反を企て、信長に殺された後は城主が不在になり、いつしか廃城になったようです。 早い時期に廃城になり、しかも名古屋市内の大都会にあるわりには… 遺構が残っているのが奇跡ですね。[尾張国] ブログ村キーワード・・・続きを読む
  • 四十路直前日記? 四十路さん四十路さんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

尾張国を含むブログ記事

カーツさん
  • 熱田神宮 [愛知県]
  • と上知我麻神社の御朱印は、以前はそれぞれの印を上下に押していただいていたけれど、、今は左右に分けて見開きで ((((゜д゜;)))) ?いただけるようになったみたいでいずれ、またの機会に、、熱田神宮 尾張国三宮 熱田大明神 愛知県名古屋市尾張国一宮 真清田大明神 尾張国二宮 太賢光明神にほんブログ村 御朱印ADいいね!コメントするリブログするいいね!した人|コメント(0)|リブログ(0)ツイートカーツさ...
  • カーツの歴史散策&御朱印作庭カーツさんのプロフィール
徳山真春(とくまさ=ハルジオン)さん
  • 小谷城 遠征(後編)
  • 撃や近江国南部の大名・六角氏の侵攻などで、不安定な状態が続きますが、三代目の長政(ながまさ)の時代に戦国大名としての地位を確立します。長政は、京極氏や六角氏の影響力を完全に排除し、急速に力をつけてきた尾張国(現在の愛知県)の戦国大名・織田信長と同盟を結びます。 前途洋々に見えた浅井氏ですが、元亀元(1570)年、織田信長が越前国の朝倉義景を攻めたことで、大きな転機を迎えます。長政は、信長との同盟を破棄し...
  • 日本の城巡りブログ〜ぶらりBURARI〜徳山真春(とくまさ=ハルジオン)さんのプロフィール
まべちがわさん
  • 信家鉄地鍔
  • ・桃山時代に活躍した名鍔工です。埋忠明寿・金家・信家は独自の境域を切り開いて芸術性の高い作品を残して桃山の三名人と称えられました。尚、金山・尾張・山吉・法安など尾張鍔工の作柄に類似点が多く見られるため尾張国有縁の鍔工と考えられています。なーんて言ってるけど、何にもわかっちゃいません。調べて調べてわかった物だけ売ります。師匠はIPHON7です。(*ノv`)bADコメントするまべちがわさんの読者になろうブロ...
  • *古布と古美術まべちがわ*まべちがわさんのプロフィール
清範剛さん
  • 神倭伊波禮毘古命の御子:?八井耳命 〔083〕
  • ある。伐採された木材が集められ下流に運ばれて行ったのではなかろうか。「船木直」はこの地域までの統轄管理を行っていたのであろう。古代には必要不可欠の船、その建造の場所を示してくれた初めての記述である。「尾張国」は貫山北方の尾根の稜線が広がる地域と紐解いた。現在の同区貫、長野、横代に跨る地域である。その中の「丹羽」は何処であろうか?…「丹(赤い)・羽(羽毛=稲のヒゲ)」と読み解いてみる。古代の「赤米」と言わ...
  • 矛・盾 の e-Note清範剛さんのプロフィール
とめのかくれがさん
  • 鈴ヶ森刑場
  • (慶安4年)開設と伝わります。最初に処刑されたのは幕府に謀反を起こそうとした由比正雪の乱の時、正雪の家臣だった丸橋忠弥と言われています。正雪ですが江戸時代初期の軍学者です。正雪の父親は豊臣秀吉と同郷の尾張国中村の出で関ケ原の戦では石田三成に味方したそうです。そのような縁なのか正雪は浪人に人気があったようです。正雪は幕府の遠慮のない改易により浪人が多数発生した事に不満を抱き、浪人たちと騒乱を起こそうとした...
  • とめの隠れ家へようこそ neoとめのかくれがさんのプロフィール
centrairさん
  • 【美濃竹鼻別院9】<2017>
  • つり?藤まつり?藤まつり?藤まつり?藤まつり?藤まつり?藤まつり?藤まつり?本殿参道藤棚◆竹鼻別院沿革嘉禎元年(1235年)、親鸞が東国より帰京する際に三河国に立ち寄り、住民に説法していることを聞いた尾張国葉栗郡門間庄[注釈 1]の住人9名(後の河野九門徒)が帰依し、尾張国葉栗郡木瀬[注釈 2]に草庵を建立したのが始まりとされる。文明2年(1470年)、蓮如がこの地を訪れた際、この草庵を再興。新加納[注...
  • 日本の旅の空centrairさんのプロフィール
徳山真春(とくまさ=ハルジオン)さん
  • 小谷城 遠征(前編)
  • エリアにて。「美人が見ている!ゴミ捨て注意!」どこどこ!?どこに美人が!?おそらく、当代随一の美貌の持ち主と言われた、浅井長政の正妻・お市の方のことでしょうか。 お市の方は、天文16(1547)年に、尾張国(現在の愛知県)の戦国大名・織田信秀の五女として生まれました。成長してからは、兄である信長の思惑で、近江国(現在の滋賀県)北部を支配する浅井長政のもとに嫁ぎます。長政との仲は睦まじかったようで、茶々・...
  • 日本の城巡りブログ〜ぶらりBURARI〜徳山真春(とくまさ=ハルジオン)さんのプロフィール
酔石亭主さん
  • 尾張と遠賀川流域の謎を解く その17
  • 可能性まで浮上してきます。あまりにややこしすぎるので、この間の事情は追って検討することにしましょう。剣神社の場合はどうでしょうか?現時点で言えることは少ないのですが、剣神社の祭神となっている宮簀媛命は尾張国に限定された人物です。この祭神の存在により尾張からの影響が想定されるものの、素戔嗚尊、日本武尊、宮簀媛命の3神が祀られた時代や背景、その経緯などは八剣神社とは異なるはずで、慎重に取り扱う必要があるでし...
  • 水石の美を求めて酔石亭主さんのプロフィール
*村ちゃんの古城跡散策  *尾張の城跡を訪ねる!さん
ixchaさん
  • 山梨県甲府市のおススメの観光スポット!!武田信玄ゆかりの”甲斐善光寺”への行き方
  • !この寺にかつて在った善光寺如来は、信濃善光寺から武田信玄が持ち出し、武田後滅亡後には信長嫡男の織田信忠により美濃国岐阜城城下に移転し、本能寺の変により信長・信忠親子が討たれると、信長次男・信雄により尾張国清州城城下に、さらに徳川家康により三河国吉田・遠江国浜松を経て、甲斐善光寺へ戻されるといった、歴史に翻弄された面白い経緯があり歴史好きには非常に面白い場所です。山梨重要文化財に指定されている山門は豪勢...
  • 旅IXCHA.comixchaさんのプロフィール

尾張国を含むトラコミュ

豊臣秀吉
  • 豊臣秀吉
  • 尾張国中村の百姓として生まれ、織田信長に仕え頭角を表す。信長が本能寺の変で明智光秀に討たれると中国大返しにより京へと戻り、山崎の戦いで光秀を破り信長の後継の地位...
  • トラックバック数:238 TB参加メンバー数:49人カテゴリー:歴史ブログ
一宮
  • 一宮
  • 一宮市という名前は尾張国一宮真清田神社があることに由来する。尾張一宮ともいう。織物で知られる都市である。紡績・繊維産業の一大中心地であったので女工の街と呼ばれた...
  • トラックバック数:26 TB参加メンバー数:5人カテゴリー:地域生活(街) 中部ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

尾張国について