尾張国

尾張国についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 美濃・尾張・三河遠征記 (22) 〜末森城〜
  •  続いては末森城です。 織田信長の父親の織田信秀の居城として有名ですが、今は城山八幡宮が鎮座しています。 信秀が死んだあとは、信長の弟の信行が城主になります。 信行が謀反を企て、信長に殺された後は城主が不在になり、いつしか廃城になったようです。 早い時期に廃城になり、しかも名古屋市内の大都会にあるわりには… 遺構が残っているのが奇跡ですね。[尾張国] ブログ村キーワード・・・続きを読む
  • 四十路直前日記? 四十路さん四十路さんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

尾張国を含むブログ記事

JAPANなかたさん
  • 花山天皇 最期の言葉 (第65代天皇)
  • なった天皇を捜し回った義懐と惟成は元慶寺で天皇を見つけ、そこでともども出家したと伝える。この事件は寛和の変とも称されている。この事件は親王時代に学問を教え、当時式部丞になっていた紫式部の父藤原為時や、尾張国郡司百姓等解文で有名な藤原元命の運命にも影を落とした。花山天皇は当世から「内劣りの外めでた」等と評され、乱心の振る舞いを記した説話は『大鏡』『古事談』に多い。その一方で、彼は絵画・建築・和歌など多岐に...
  • 言心録JAPANなかたさんのプロフィール
熱血!ロボット図鑑さん
  • 朝日姫
  • ・戦国姫図鑑朝日姫【生没】1543年ー1590年【父親】竹阿弥【母親】なか【兄弟】日秀(三好吉房室)羽柴秀吉羽柴秀長【旦那】佐治日向守副田甚兵衛吉成【解説】豊臣秀吉の異父妹、羽柴秀長と同父兄弟である。尾張国の農民で後に武士に取り立てられる、佐治日向守と結婚する。佐治日向守の死後、織田家家臣だった副田甚兵衛吉成と再婚する。普通に暮らしていたが、1586年兄秀吉により強制的に離縁され徳川家康を懐柔するための...
  • 熱血!ロボット図鑑熱血!ロボット図鑑さんのプロフィール
熱血!ロボット図鑑さん
  • 永姫
  • )慈眼院(十一女、養女、北条氏直婚約者)【旦那】前田利長【子息】なし【解説】織田信長の4女として生まれる。前田利家の嫡男前田利長の正室になる。本能寺の変の時、利長と共に本能寺に向かうが変の急報を聞いて尾張国に逃れた。関ヶ原の戦いで義母まつと共に人質として江戸に向かうがすぐ領地に戻る。利長と仲がよかったが、子供がなく。利長の死後、出家し50歳で亡くなるまで利長の菩提を弔う日々を送った。ジャンル:ウェブログ...
  • 熱血!ロボット図鑑熱血!ロボット図鑑さんのプロフィール
熱血!ロボット図鑑さん
  • 徳姫
  • 二人の処断を家康に要求。家康は同盟関係崩壊を防ぐべく二人とも殺害された。その後、居場所がなくなったため織田家に戻り。本能寺の変の後、織田信雄の元に身を寄せる。小牧長久手の戦いを経て、信雄が改易されると尾張国小折を経て京都に移住する。関ヶ原の戦い後は、尾張国の清洲城主となった家康の四男の松平忠吉から所領を与えられるがすぐ移住している。晩年期には蜂須賀家に嫁いだひ孫繁姫から蜂須賀光隆の乳母選定の手伝いをして...
  • 熱血!ロボット図鑑熱血!ロボット図鑑さんのプロフィール
mataponさん
  • 元伊勢の場所・祭神一覧(まとめ)
  • 0(マップ) → 祭神:天照大神・豊受大神・倭姫命・家津御子神・神明神社:岐阜県瑞穂市生津内宮町1(マップ) → 祭神:天照大御神・豊受神社:岐阜県瑞穂市生津外宮東町2(マップ) → 祭神:豊受大神【尾張国 中島宮】・酒見神社:愛知県一宮市今伊勢町本神戸字宮山1476(マップ) → 祭神:天照皇大御神・倭姫命・酒弥豆男神・酒弥豆女神・浜神明社(真清田神社境外末社):愛知県一宮市桜3丁目12(マップ) →...
  • 人文研究見聞録mataponさんのプロフィール
かめラスカルさん
  • 旧東海道ウォーク 前後駅〜矢作橋駅
  • 目となります。暮れも迫る2017年12月30日、名鉄前後駅〜矢作橋駅まで歩きました。池鯉鮒宿がメインです。・前後駅・阿野一里塚。街道の両方が現存している数少ない一里塚です。・境川の境橋。この川の西側が尾張国、東側が三河国です。・富士松駅。この「おふじの松」が富士松の地名の由縁とのこと。・この辺りがいもかわうどん発祥の場所。ここから関東に伝わりひもかわうどんとなったそうだ。・洞隣寺の中津藩士の墓とめったく...
  • かめラスカルのアニメ&趣味の戯言 アメブロ館かめラスカルさんのプロフィール
芳瑩さん
  • 京の大仏 大仏殿跡
  • 2(1662)年の地震で再び小破し,寛文7(1667)年に造り直されました。寛政10(1798)年7月1日夜,大仏殿に落雷し,本堂・楼門を焼失,木像の大仏も灰燼に帰しました。天保年間(1830〜44)尾張国の有志が半身の大仏像を造り,仮殿に安置しましたが,昭和48(1973)年3月28日深夜の出火により半身の大仏と大仏殿は焼失してしまいました。豊国神社の一帯は、かつては方広寺というお寺があり東側に、大仏...
  • 神旅 仏旅 むすび旅芳瑩さんのプロフィール
ひろひろさん
  • 鏡の国の日本人〜神様は鏡さん
  • 〜にならない という気持ちは全部が嘘でまやかしで 本当は全てうまくいっているということになるのだと思うのです。 「オーマイガッ!ソレハ グレイト !」「ジャポン ハ カミサマ ノ クニ デスネェ」 (尾張国・尾張富士浅間大社・犬山市) *****【2月生募集・ひろひろガイダンス】オンライン版ひろひろのガイダンスメールその月の動向とやり方をガイドします。仕事、恋愛、家族、人間関係https://amebl...
  • じぶんすたいる| Hiroki Matsui Officialひろひろさんのプロフィール
宇都宮隆法さん
  • 城郭からみた豊臣秀吉の権力
  • な後継者であることを天下に示すことになった。前田家は一門の扱いを受けていた。信長は敵対した城郭の破却をしばしば行ったが、秀吉は恭順した大名や武将の城郭をも破却の対象とした(知行は安堵した)。秀吉の一生尾張国愛知郡中村郷(名古屋市中村区)で百姓かつ合戦で手柄を立てた足軽大将と伝えられる木下弥右衛門と、なかの子として生まれた。姓名があるため、農民といえども、ある程度の地位のある農民(豪農・名主)であったと考...
  • 宇都宮隆法の書評ブログ宇都宮隆法さんのプロフィール
芳瑩さん
  • 今熊野の剣神社(つるぎ じんじゃ)
  • った重盛の兵と大衆の間で衝突が起こり、矢が神輿に当たって死者も出したことから事態はさらに悪化する。大衆は激昂して神輿を放置して帰山、やむなく朝廷は祇園社に神輿を預けて対応を協議した。4月20日、師高の尾張国への配流、神輿に矢を射た重盛の家人の拘禁が決定、大衆の要求を全面的に受諾することで事件は決着する。三基の神輿は(佐羅宮・金剣宮・白山本宮の物と云われています)、金剣宮の神輿だけが白山麓に帰還し、一基は...
  • 神旅 仏旅 むすび旅芳瑩さんのプロフィール

尾張国を含むトラコミュ

豊臣秀吉
  • 豊臣秀吉
  • 尾張国中村の百姓として生まれ、織田信長に仕え頭角を表す。信長が本能寺の変で明智光秀に討たれると中国大返しにより京へと戻り、山崎の戦いで光秀を破り信長の後継の地位...
  • トラックバック数:238 TB参加メンバー数:49人カテゴリー:歴史ブログ
一宮
  • 一宮
  • 一宮市という名前は尾張国一宮真清田神社があることに由来する。尾張一宮ともいう。織物で知られる都市である。紡績・繊維産業の一大中心地であったので女工の街と呼ばれた...
  • トラックバック数:26 TB参加メンバー数:5人カテゴリー:地域生活(街) 中部ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

尾張国について