式年遷宮

式年遷宮についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 遷宮限定 塩サブレ
  • [式年遷宮] ブログ村キーワード ここ数日は伊勢のお土産一色に染まっております。週末から当の本人・長女が遊びに来ていましたので、お土産のお菓子をいただきながら、旅行の話を聞きました。宅配便で送ってきた物の他に、当人が持ってきたお土産も次々に出てくるので、お茶菓子に事欠きません。中には、帰路に立ち寄る友人への手土産にするつもりだったお菓子までありました。うっかり、宅配便で自宅に送ってしまったとか…ドジ・・・続きを読む
  • アトリエのティータイム porcelain mさんporcelain mさんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

式年遷宮を含むブログ記事

このゆびと〜まれ!さん
  • 小さな島国・ニッポンから、多数の「世界一」が誕生する歴史的背景(前編)
  • の一つとして、特に目立つのは、天才な個人が現れて世界一を作り出したというよりも(もちろんそのような事例もあるが)、多くの国民が参加してその力を寄せ集めてなし遂げた事例が非常に多い、ということである。(式年遷宮というシステムの独創性)たとえば伊勢の神宮の20年ごとの式年遷宮。各神殿が二つ並んだ敷地を持ち、ひとつの神殿が20年経って古びた頃、隣の敷地に全く新しい神殿が建てられて、神はそちらに遷られる。第一回の...
  • このゆびと�・まれ!このゆびと〜まれ!さんのプロフィール
つくぶすま68さん
  • 斎王の社、ラグビーの神様
  • 下見がてら北から南へ馬場を歩く。途中、再興された末社があった。まずは賀茂斎院御歴代斎王神霊社。約60年ぶりの、ではなく応仁の乱以来である。葵祭の歴代35人の斎王を祀っている神霊社の社殿復興は下鴨神社の式年遷宮の一環である。応仁の乱で焼けて再興されたが、糺の森に移転し別の神と合祀(ごうし)されていた。1959年に当時の遷宮事業で撤去されたが、戦後で経済事情が厳しく、再興されていなかった。今年4月に再興そして...
  • つくぶすま68の備忘ログつくぶすま68さんのプロフィール
タマちゃんの旅ブログさん
  • 2018中国張家界と上海の旅(その7)上海ディズニーランド
  • 杵と宮崎の旅(3)2013桜の名木を訪ねる旅(7)2013信州日本アルプスと京都祇園祭の旅(10)2013四国ドライブの旅(8)2013熊本の旅(2)2013YOKAROバスで博多への旅(2)2013式年遷宮の伊勢神宮と鳥羽の旅(2)2012水戸と日光の旅(2)2012京都紅葉を巡る旅(7)2012東北紅葉を巡る旅(9)2012能登と黒部、上高地、乗鞍岳の旅(7)2012久住高原と阿蘇の旅(2)2012北...
  • タマちゃんの旅ブログタマちゃんの旅ブログさんのプロフィール
西山長明さん
  • 【§常駐ガイド】上賀茂神社#17。御大礼関連展示初案内。
  • 野派により描かれました。向かって右側が緑たてがみと尾を持つ獅子、左側が青のたてがみと尾を持ち、角をつける狛犬が描かれています。階上には金銀一対の狛犬の像も置かれています。●権殿(国宝) 伊勢神宮などの式年遷宮では、新しく造られた社殿にご祭神が遷座しますが、上賀茂神社や下鴨神社では、その社殿がそのまま残され、修理をもって式年遷宮が行われます。そのときにご祭神がこの権殿に一時的に遷座します。本殿が非常の際にも...
  • 西山長明 京都・ドイツ・再就職・悪性腫瘍・鬱病など西山長明さんのプロフィール
タマちゃんの旅ブログさん
  • 2018中国張家界と上海の旅(その6)上海市内観光とパンダ
  • 杵と宮崎の旅(3)2013桜の名木を訪ねる旅(7)2013信州日本アルプスと京都祇園祭の旅(10)2013四国ドライブの旅(8)2013熊本の旅(2)2013YOKAROバスで博多への旅(2)2013式年遷宮の伊勢神宮と鳥羽の旅(2)2012水戸と日光の旅(2)2012京都紅葉を巡る旅(7)2012東北紅葉を巡る旅(9)2012能登と黒部、上高地、乗鞍岳の旅(7)2012久住高原と阿蘇の旅(2)2012北...
  • タマちゃんの旅ブログタマちゃんの旅ブログさんのプロフィール
タロット講師@かげした真由子さん
  • 木星が射手座に入る来月からの1年がとってもスゴイわけ。
  • ンという大イベントが星空で繰り広げられます> 2020年12月22日、木星と土星が重なります。これをグレートコンジャンクションといい、20年ごとに起こる動きで、いわゆる神宮(伊勢神宮)において行われる式年遷宮=建て替えと同じ20年サイクルで起こると言われています。 つまり、地球、世の中自体の立て直しの時期、大きな節目が2020年だよ、ってことです。東京オリンピックの時ですね。2020年という「数字」もす...
  • タロットで思うままの未来を引き寄せる方法タロット講師@かげした真由子さんのプロフィール
タマちゃんの旅ブログさん
  • 2018中国張家界と上海の旅(その5)張家界の天門山
  • 杵と宮崎の旅(3)2013桜の名木を訪ねる旅(7)2013信州日本アルプスと京都祇園祭の旅(10)2013四国ドライブの旅(8)2013熊本の旅(2)2013YOKAROバスで博多への旅(2)2013式年遷宮の伊勢神宮と鳥羽の旅(2)2012水戸と日光の旅(2)2012京都紅葉を巡る旅(7)2012東北紅葉を巡る旅(9)2012能登と黒部、上高地、乗鞍岳の旅(7)2012久住高原と阿蘇の旅(2)2012北...
  • タマちゃんの旅ブログタマちゃんの旅ブログさんのプロフィール
kyoさん
Hiroshi Onishiさん
  • かごめうた(25)
  • で、これはお清めの儀式に用いる御幣のみでご神体は乗りません。 つまり神をあらわす象徴は、移動する際、必ず人の肩に担がれなければならないという約束事が存在するようです。 下の写真は昭和28年の伊勢神宮式年遷宮の写真ですが、ご神体は大きな白布に覆われて担がれています。 さて、その神輿ですが、特徴として全体が金箔で覆われ、屋根には金色の鳳凰あるいは千木があしらわれています。 つまり、ご神体を収め運ぶための、...
  • アトランティスからの伝言Hiroshi Onishiさんのプロフィール
つくぶすま68さん
  • 下鴨の白い卵
  • わかりにくい。ナビを付けていない愛車とはいえ、昨年来ているからわかりそうなものだが。以前、下鴨神社の南の御蔭通を挟んだ所に駐車場があり、ここはわかりやすく、車で来る度に駐めていた。しかしここを潰して、式年遷宮の資金調達のためにマンションが建ってしまい、このわかりにくい駐車場だけになってしまった。信号のある交差点を左折。狭い通りに入って、1000時前、駐車場に到着。暑い。木陰のある駐車スペースがありがたい。...
  • つくぶすま68の備忘ログつくぶすま68さんのプロフィール

式年遷宮を含むブログ村メンバー

  •  
チャイコさん
good-balanceさん
創造さん
ハッセーさん
みんきーさん
  • みんきーんちのブログみんきーさんのプロフィール
  • やっと気づいたお金が大事。節約。断捨離。自分に必要なもの・人のかかわりを見直しつつ。。

にほんブログ村

>

キーワード

>

式年遷宮について