松平定信

松平定信についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [松平定信] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

松平定信を含むブログ記事

カツQさん
  • 清澄白河のレトロを散策(1):清洲寮/臨川寺/中村学園
  • る清澄白河駅(東京メトロ、都営地下鉄)から隅田川まで散策してみます。「清澄白河(きよすみしらかわ)」という変わった地名ですが、これはこの地を開拓した「清住弥兵衛」の姓の「清住」と、寛政の改革を行った「松平定信」の墓がこの地の霊源寺にあり、「松平定信」が白河藩の出身だったことから、その「白河」に由来します(なお、昭和7年(1932年)、「清住」は「「清澄」に改称されています)。下の写真は、江東区深川の名所を...
  • 「踏ん張り投資」と「東京散歩」カツQさんのプロフィール
いちろうさん
  • 日本人と中国人&韓国人の違い?ワイロは速達料金と同じ
  • の側用人から老中となり、幕政の実権を掌握。積極的な経済政策を進めたが、賄賂政治が横行し、子の意知(おきとも)が城内で斬られてのち、勢力を失って失脚。デジタル大辞泉の解説このあとに寛政の改革をおこなった松平定信は田沼のやりかたを全否定する。 はっきり言って松平は田沼が嫌いだった。 松平定信は風紀を粛清して、ワイロを許さない世の中をつくろうとする。でも庶民には、そんなキレイな社会は住みにくかったらしい。 ”汚...
  • ゆかしき世界いちろうさんのプロフィール
rukiyoさん
  • 江戸時代の庶民のセーフティネット「七分金積立」とは?
  • し幕府はこの頃すでに財政難で、庶民を助ける資金が出せるほど余裕がありませんでした。かといって打ちこわしが何度も起こるのも困りものです。そこで考え出されたのが七分金積立の制度でした。人足寄場と同様、老中松平定信が始めた寛政の改革の社会政策の一環でした。この頃の江戸の町の人口は約50万人に達し、幕府が町政のすべてを担うのが難しい状態になっていました。そこで江戸時代の都市では町役人が中心になり、町単位で自治運営...
  • 流輝世の江戸時代学習帳rukiyoさんのプロフィール
Tabisoraさん
  • 【車椅子の旅】南湖神社
  • 南湖神社は、福島県白河市にある神社で、江戸時代中期の「寛政の改革」を行ったことで知られる松平定信公を祀っています。もともと陸奥白河藩主であったことから、地元有志の呼びかけにより、大正大礼記念として、ゆかりの場所にあたる南 […]...
  • 車椅子で行く神社仏閣・パワースポットの旅Tabisoraさんのプロフィール
とよはし練成塾さん
  • 中学校で習う歴史の内容のまとめ【豊橋の学習塾】
  • 元禄文化 井原西鶴 人形浄瑠璃 近松門左衛門 歌舞伎 俳諧 松尾芭蕉 尾形光琳 浮世絵 徳川吉宗 公事方御定書 享保の改革 小作人 地主 問屋制家内工業 工場制手工業 百姓一揆 打ちこわし 田沼意次 松平定信 寛政の改革 本居宣長 国学 杉田玄白 蘭学 伊能忠敬 化政文化 喜多川歌麿 葛飾北斎 歌川広重 与謝蕪村 藩校 寺子屋 異国船打払令 大篠平八郎 水野忠邦 天保の改革4 欧米の進出と日本の開国【重要...
  • 豊橋の学習塾「とよはし練成塾」とよはし練成塾さんのプロフィール
Misaki Tachibanaさん
Kennyさん
  • 暴れん坊将軍の孫
  • 明日から、10月の“体育の日”の3連休がスタートします! 今年は、本当に“3連休”多いです 今日街でみかけた言葉ですが、、、 “暴れん坊将軍”こと、徳川吉宗の、、 孫にあたる  “松平定信”の言葉です “楽しきと思うが 楽しき本(もと)なり” “幸せも不幸せも考え方一つ、どんな境遇にあってもそこに楽しみをみつければ幸せになれる” という意味だそうです せっかくの3連休前の華金、 現...
  • ケニブロ - Kenny's Blog -Kennyさんのプロフィール
おかだ外郎さん
  • 裏付けは何?
  • 力です。それを切り捨てるのは地域の活力を削ぎます。しかしそれでも義絶しなければならなかったところに、幕末期の悲しい状況が現れています。 なお、水野忠邦は「義絶帳外」を「道徳上の問題」と捉えていました。松平定信は「天災による一時的な現象」と。人々にとっては生活の根本に直結する切実な問題だったのに、この認識のずれが彼らの「改革」を失敗に導いた一つの理由でしょう。 「江戸のパスポート体制」には「弱者救済」の観点...
  • ただいま読書中おかだ外郎さんのプロフィール
KTさん
  • どのような境遇であっても
  • 記30代マーケティングを専門とする社会人Kの大きな挫折と反省と自己研さん日記。どのような境遇であっても2018/10/03 11:00日常自己成長画像は近くの神社の掲示板の文面です、江戸時代の政治家・松平定信の言葉ですね。「楽しきと思うが楽しき本(もと)なり」注釈には「幸せも不幸せも考え方一つだ。どのような境遇であっても、そこに楽しさを見出せば幸福になれるのである。」と書かれています。うーん、江戸時代から...
  • Kの反省日記KTさんのプロフィール
荒川三歩さん
  • 築地市場の閉鎖に際して、
  • と読めます。正門脇には、やっと判読できる木の看板「築地市場 正門巡視詰所」があります。色々なトラブルに対処してきたのでしょうね。正門脇の塀には「東京都指定旧跡 浴恩園跡」の由緒書がありました。へえー、松平定信の下屋敷だったのですか!今更ながら、知りませんでした。さて、今日の目的物です。ここに有ると聞いていました。閉鎖・解体される前にどうしても見ておきたかった不幸な記念碑です。アメリカがビキニ環礁で行った水...
  • 荒川三歩荒川三歩さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

松平定信について