松平定信

松平定信についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [松平定信] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

松平定信を含むブログ記事

sekiraiさん
  • 1710 聚遠亭
  • 今回も龍野聚遠亭龍野公園内にある建造物と庭園。来訪した松平定信がその眺望の素晴らしさから「聚遠の門」と呼び、そこから聚遠亭と名付けられた。茶室(浮堂)安政年間に龍野藩主・脇坂安宅が御所の復興に功績があり、孝明天皇より賜った数奇屋風建築。広間床小間4畳半の茶室次は...
  • SENgoKU anD VISIon -乱世を追う-sekiraiさんのプロフィール
mojiruさん
  • 史上最多となる140余体もの漢字の書体を網羅した書体字典「書体大百科字典」
  • ことなく、雑体書あるいは造形書体と称すべき書体を中心に編成されており、収録範囲は中国は殷・周の金文から、明・孫技秀「百体千字文」まで網羅。日本は奈良時代の鳥毛篆書屏風から江戸時代『集古十種』の扁額集(松平定信編、寛政一二年(一八〇〇))まで凡そ三千三百年に及んでいる。▼書体大百科字典書体大百科字典作者: 飯島太千雄出版社/メーカー: 雄山閣発売日: 2017/12/25メディア: 単行本この商品を含むブロ...
  • mojirumojiruさんのプロフィール
reponoie−レポノイエ−さん
  • 今日はケーキの日
  • カステラをもとにケーキとしての形が出来ていったようです。 1747年、初代大住喜右衛門江戸に下るところから風月堂さんは始まります。そこから前身となる「大坂屋」を開業し、二代目喜右衛門の誠実な人となりが松平定信公からも高く評価され、文化年間「汝が心事の清白なるを愛する。これをもって屋号とせよ」と「風月堂清白」の五文字を賜りました。「風月」とは定信公の雅号でもあり、これをいただいたことは喜右衛門にとって大変な...
  • reponoieのいえreponoie−レポノイエ−さんのプロフィール
Fuktommyさん
黒田裕樹さん
  • 「平和ボケ」の極みだった幕府の外交政策 その1
  • 国の漂流民(ひょうりゅうみん)の大黒屋光太夫(だいこくやこうだゆう)を伴って根室(ねむろ)に来航し、我が国との通商を求めました。ラクスマンの要求は、応対した松前藩を通じて幕府に伝えられましたが、老中の松平定信は漂流民こそ受け取ったものの、通商に関しては鎖国を理由に聞く耳を持たず、どうしても通商を求めたいのであれば長崎へ行くようにと命令したうえで、長崎への入港許可証を与えました。ラクスマンは許可証を受け取り...
  • 黒田裕樹の歴史講座黒田裕樹さんのプロフィール
ミツノさん
  • 本の感想『大奥』15巻 よしながふみ
  • 校の先生に「徳川十五代で覚えておく必要があるのは初代、二代、三代、五代、八代、十五代だけ」と言われ、そりゃあ、間がいろいろ抜けるわけで(汗)。 それが、きちんと全部頭に入ってきます。特に十代将軍家治と松平定信(この二人はいとこ)と老中田沼意次の関係とか、あやふやだったところがかなりクリアになりました。 15巻は 15巻は十三代将軍家定〜十四代将軍家茂へ。家定と篤姫(この漫画では男性、胤篤)の仲の良さよ・・...
  • ミツノメモミツノさんのプロフィール
黒田裕樹さん
  • 閉ざされた「自主開国」への道 その11
  • 「寛政(かんせい)の改革」でその名を知られる松平定信は、元々は御三卿(ごさんきょう)の田安家(たやすけ)の次男であり、吉宗の孫にあたることから、将軍の後継者となる可能性もあったのですが、複雑な事情の末に、白河藩(しらかわはん)の松平家の養子となりました...
  • 黒田裕樹の歴史講座黒田裕樹さんのプロフィール
黒田裕樹さん
  • 閉ざされた「自主開国」への道 その10
  • 辞めさせられ、失意のうちに天明8(1788)年に亡くなりました。そして、15歳で11代将軍となった徳川家斉(とくがわいえなり)を補佐するかたちで、意次にかわって天明7(1787)年に老中となったのが、松平定信(まつだいらさだのぶ)だったのです。※下記の映像は12月29日までの掲載分をまとめたものです。(※黒田裕樹の「百万人の歴史講座」が始まりました。詳しくは下記のバナーをご覧ください)※平成28年4月13...
  • 黒田裕樹の歴史講座黒田裕樹さんのプロフィール
セニョイワさん
  • 「簒奪 奥右筆秘帳」 上田秀人
  • にしよう。どうかみなさま、良いお年をお迎えください。というところで、上田秀人氏の「簒奪(さんだつ) 奥右筆秘帳」を読了。権の魔に魅入られた者の業は深い。将軍家斉の父一橋治済(はるさだ)、執政から外れた松平定信、御三家の一角水戸徳川家。将軍位簒奪を狙う暗闘は熾烈を極める。幕政の闇を知る奥右筆組頭・立花併右衛門と危地を潜ってきた柊衛悟に、破格の婿入り話が。二人の絆もこれまでか?人気沸騰シリーズ第五弾!(文庫本...
  • 還暦過ぎたセニョイワの挑戦セニョイワさんのプロフィール
昭和原人さん
  • 毎月27日は廬遮那仏、三上大明神、鹿嶋大明神の縁日&12月27日の誕生日と忌日一覧
  • 文学者)Johannes Kepler[1630年11月15日歿]1654年ヤコブ・ベルヌーイ (仏:数学者,ヨハン・ベルヌーイの兄)Jacob Bernoulli[1705年8月16日歿]1758年松平定信 (白河藩主,江戸幕府老中,「寛政の改革」実施)[1829年5月13日歿]1779年頼山陽 (漢学者『日本楽府』『日本外史』)[1832年9月23日歿]1822年ルイ・パストゥール (仏:化学者,細菌...
  • 終活日記「夢幻」昭和原人さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

松平定信について