松平定信

松平定信についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [松平定信] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

松平定信を含むブログ記事

ciciboyさん
  • 洲崎神社 千葉 館山
  • )には奉幣使を派遣し妻政子の安産を祈願して、広大な神殿を寄進しました。以降、関東武士の崇敬篤く、里見家七代義弘は社領五石を寄進。江戸時代後期の文化九年(1797)、房総の沿岸警備を巡視した奥州白河藩主松平定信は当社に参詣し「安房國一宮洲崎大明神」の扁額を奉納されました。◆鳥居潜ると◆子宝蘇鉄◆手水舎後ろの建物は社務所◆随身門から続く石段 厄祓坂148段あるそうです◆拝殿◆扁額◆本殿◆神饌庫◆境内社●稲荷神...
  • 御朱印※山行ciciboyさんのプロフィール
ちゃーちゃんさん
  • "奇跡"の藩政改革者 山田方谷 〜天空の城を死守せよ〜
  • 月・・・黒船来航によって、時代の大きなうねりに飲み込まれていきます。方谷の手腕で財政を立て直した松山藩・・・その実績を背景に、藩主・板倉勝静は、1862年に老中に就任。勝静は、寛政の改革を成した老中・松平定信の孫にあたります。混迷の時代・・・進んで幕政の中心を担う覚悟でした。一方、松山藩では、方谷が軍制改革に取り組んでいました。時代の先を読み、方谷自ら他藩に出向いて西洋式の兵法を学んでいました。その実用化...
  • 日々徒然〜歴史とニュース?社会科な時間〜ちゃーちゃんさんのプロフィール
ゆいちろ倶楽部さん
  • 門前仲町ブラブラ観光〜白川地区を歩く
  • していたゆいちろ?楽部御一行様。清澄庭園の日本庭園を楽しんで外へ出ました。桜な綺麗な通りを歩いていきます。深川江戸資料館というのがあるらしいのでせっかくなのでいってみることにします。やはり古い門前町。松平定信の墓など歴史の教科書で出てくるような名前が見られます。目の前の建物が深川江戸資料館みたい。tabinideteさんのブログでも拝見した場所です。入り口には滑稽な?お江戸な人形が出迎えてくれました。つづ...
  • ゆいちろ倶楽部〜AND EVERゆいちろ倶楽部さんのプロフィール
ハナリンさん
  • 桜が満開!松平定信公&山川浩氏別荘跡「さくら山」(白河金勝寺)に祖父の碑文
  • ス)から徒歩3分ほど。 金勝寺旅館の隣、「さくらやま」と呼ばれる、歴史的な場所があります。 残念ながら半分は道路拡張で削られ、しかも、個人の所有地なので入れないのですが、 ここは、寛政の改革で有名な松平定信と、会津藩から貴族になって明治を生き抜いた山川大蔵(浩)の別荘があったところなんですねー! 松平定信https://ja.wikipedia.org/wiki/松平定信 山川浩https://ja.w...
  • ハナリンのみちのくロハスライフハナリンさんのプロフィール
東行(とうぎょう)さん
  • シリーズ 明治維新150年
  • 、家康などの戦国大名がきちんとお金の手配をしていたことに比べるとその差に歴然とする。  そういう状況だったため明治新政府は、ハイエナの様にあらゆる金に手をつけた。 江戸の町人の金に手をつけた。それは、松平定信が寛政の改革の時に行った「七分積金」という今でいう町会費の貯金だ。 幕府でさえ手を出さなかったのに、新政府はこれに手をつけた。  実はこのお金かなり溜まっていた様で、一説によると江戸全体でざっと143...
  • 歴史エッセイ 江戸時代中心に by ニャン太郎東行(とうぎょう)さんのプロフィール
日本語大好き陰陽師さん
  • 「花月草紙」くすしの先見
  • 「花月草紙」という江戸時代に書かれた随筆がある。作者は松平定信という国学者・・・。8代将軍、徳川吉宗の孫であり「寛政の改革」を行った老中として有名である。さて、その「花月草紙」の中に収められている「くすしの先見」は、なかなか興味深い内容だ。テキスト内ではテーマを...
  • 国語塾 毒舌ブログ日本語大好き陰陽師さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

松平定信について