鷹狩り

鷹狩りについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [鷹狩り] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

鷹狩りを含むブログ記事

NAKANOさん
  • 茶屋坂(目黒区三田)
  • 落語『目黒のサンマ』の話に出てくる爺々ヶ茶屋が茶屋坂の由来。 江戸時代、三代将軍家光が現在の自衛隊施設辺りにあった将軍鷹狩り場へ鷹狩りに来た折、背後にそびえる富士山の遠景を楽しみながら、湧出る清水で茶を沸し飲んだといわれる。 また八代将軍吉宗は、祐天寺詣での折にこの茶屋に立寄ったと伝えられる。その茶屋坂の清水の石碑が上の写...
  • ぼのぼのブログNAKANOさんのプロフィール
NAKANOさん
  • 中山坂(新富士坂)
  • は下らないと思われる。 ということは別所坂界隈の様々な歴史の中にもこの巨樹は存在し続けたことになる。 街道の目印だったに違いない。この坂と別所坂の東側にある防衛庁の施設が広がる場所は、江戸時代は将軍の鷹狩り場だった。 庶民が入ることが出来ない御留山で、それを管理していた中山勘右衛門の屋敷がこの坂にあったので中山坂と呼ばれた。 また目黒の新富士が出来たので新富士坂とも呼ばれた。 観音坂はおそらく馬頭観音が...
  • ぼのぼのブログNAKANOさんのプロフィール
セニョイワさん
  • 「召抱(めしかかえ) 奥右筆秘帳」 上田秀人
  • 第九巻!(文庫本カバーより)衛悟への新規召し抱えの話は、併右衛門から衛悟を遠ざけようとする松平定信の企みだった。一方では、上野寛永寺の僧兵たちに将軍家斉と併右衛門の二人も襲わせようと、松平定信の発案で鷹狩りが催される。将軍家斉が江戸城に居る間は、家斉を僧兵らが襲うことが困難だったからだ。さあ、その鷹狩りの場で家斉と併右衛門を亡き者にしようと乱入してくる僧兵たち。その僧兵たちから家斉を守ったのが、「併右衛...
  • 還暦過ぎたセニョイワの挑戦セニョイワさんのプロフィール
健康と食材推進会さん
  • サンマ【秋刀魚】〜はらわたのビタミンB12が貧血や不妊症を改善〜
  • 、この漢字表記は大正時代から使われているそうで、あの明治の文豪・夏目漱石は「吾輩は猫である(明治39年発表)」の中で、サンマを「三馬」と綴っています。サンマの面白話に、「目黒のサンマ」が挙げられます。鷹狩りに出かけた殿さま(一説には徳川三代将軍・家光とも言われる)が、目黒の茶屋で出された焼き立てのサンマを食べたところ、その旨さに驚いた。サンマは下魚扱いで、高貴な人は決して口にしないが、城に帰ってもサンマ...
  • shokuzaipedia健康と食材推進会さんのプロフィール
にのさん
  • 食べられない鳥刺し
  •  「鳥刺し」鳥取県東伯郡三朝町湯谷 「さい鳥刺し踊」鳥取県東伯郡関金町 「さい鳥刺し」福島県相馬郡原の町 「鳥刺し踊」鹿児島県種子島 「鳥刺し舞」まだまだあるので『略』(。_・☆\ ベキバキ「鳥刺し」鷹狩りの時に餌にする小鳥類を捕える仕事をする人たちのことで「虎の威を借りる」で威張り散らし殺生禁止の寺社仏閣境内さえも荒らしていたと....住民の反感から小鳥を取り逃がすなどの失敗した様子などを風刺したおど...
  • 遊びと〜ら三線会にのさんのプロフィール
ibarakimotomachiさん
  • 茨木城
  • でのワンシーン お向かいの梅林寺には、信長・秀吉に仕えた茨木城城主・中川清秀のお墓があり、その次の茨木城の城主は、秀吉・家康の間の交渉を行った片桐且元です。 茨木城には、豊臣秀吉や徳川家康らが、よく鷹狩りに訪れて滞在した記録もあるそうです。 なので、先日ゆきやくんが散歩していた当院の前の道は、秀吉・家康(信長も?)がよく通っていた道かもしれません。                 茨木元町どうぶつ病...
  • 茨木元町どうぶつ病院のブログibarakimotomachiさんのプロフィール
もともとさん
  • 徳川家康「鷹狩り」の痕跡
  • と比べてください掲示板鷹見塚の上に登って見ました登りの相鉄線が入ってきました左側環状四号線の跨線橋この瀬谷の「鷹見塚」は江戸幕府開幕の頃に置かれたそうですが五代将軍徳川綱吉の時代「生類憐みの令」により鷹狩りも禁止されたようで八代将軍徳川吉宗の代に復活し鷹狩りを行う際の指揮台として用いられた物見塚で瀬谷には二か所設置されたそうですしかし 今はこの一か所だけが現存します 場所は相鉄線の瀬谷駅近くで横浜から海...
  • もとの部屋もともとさんのプロフィール
里さん
  • 戊辰戦争150年 松平容保生誕の地を訪ねる
  • 小さな池と弁天様が見えてきます。この池は、高須藩松平家にあった池が小さく残ったものだそうです。江戸切絵図では大きな池がありますのでその名残となります。策の池江戸時代の古書「紫の一本」によると徳川家康が鷹狩りの際に近くにあった井戸で策(ムチ)を洗ったのでその井戸を「策の井戸」と呼び、その澄んだ水がこの池に注いでいたので「策(ムチ)の池」と呼ばれ、江戸八井のひとつとして庶民に愛されたそうです。特にこの地自体...
  • 歴史が好き.com里さんのプロフィール
愛鳥写真家 おぴ〜とうもとさん
  • 放鷹術。姫路鷹匠文化フォーラム
  • 江戸時代に大名家のみに許された鷹狩り。世界文化遺産・国宝姫路城の城下には鷹匠町という地名が残っており、城主に仕える鷹匠やタカの居住区となっていました。現在では廃れてしまった鷹匠文化を掘り起こし、姫路城観光の活性化のみならず、害鳥対策や傷...
  • 愛鳥写真家 おぴ〜とうもと 毎日配信10年愛鳥写真家 おぴ〜とうもとさんのプロフィール
chocolatさん
  • 晴れてるから城址めぐり?
  • す。冠木門と本丸櫓↓本丸の石垣の上にあった櫓をこちらに移したらしい。2階からは見晴らし良いですよ受付にいたおじさまもとても親切な方でしたそして、後で読んだ資料でビックリしたのは。この田中城、実は家康が鷹狩りの時に立ち寄ってた城のひとつで、家康が亡くなる原因となった鯛の天ぷらを食べた場所であるらしい!娘と二人、ここだったのかー??と笑いこけwwちなみに明治維新後、廃城になる前には、幕末三舟のひとり、高橋泥...
  • 日々つれづれ〜simple life 自然体でいこう♪chocolatさんのプロフィール

鷹狩りを含むブログ村メンバー

  •  
るうくさん
shibaさん
風尊斎さん
千代の介さん
殿様の遊びさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

鷹狩りについて