石灯籠

石灯籠についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 石灯籠
  •      石灯籠照らすがに咲くホトトギス前庭の石灯籠、ホトトギスが咲いて少し明るくなった。    にほんブログ村[石灯籠] ブログ村キーワード・・・続きを読む
  • 花も実も・・・・・獅子 長平 獅子 長平さん獅子 長平さんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

石灯籠を含むブログ記事

桜田 史弥さん
  • 20180525-4
  • 活用し、伝統・文化を伝えるために仕立てた「ストーリー」を日本遺産として毎年、認定しています。24日は東京都内で ... 日本遺産・新温泉、町挙げ歓迎 活性化に活用へ神戸新聞航海の安全を祈願した船絵馬や石灯籠、それらを寄進された為世永神社、北前船で財を成した回旋問屋の邸宅−。こうした構成文化財が集まる同町の諸寄地区 ... 倉敷市「日本遺産」三つ目認定 全国最多タイ、セレモニーで祝う山陽新聞全国最多タイと...
  • 歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク桜田 史弥さんのプロフィール
MR.コールマンの挑戦日記さん
  • 茅ヶ崎富士見JOG
  • 丘の上には歴代の大岡家の墓所があり、静かな雰囲気が漂いパワーが漲っていました。本堂前には、慈母・水子観音像が鎮座して観音像の両側には無数の水子地蔵が奉納されています。また、ハートマークが刻まれた大きな石灯籠や狛犬も置かれています。浄見寺の山門前には、江戸時代に村役人を務められた和田家の古民家が保存されており、市の重要文化財に指定されています。浄見寺から湘南カントリークラブ周辺の丘の上に出ると、ここからも...
  • MR.コールマンの挑戦日記MR.コールマンの挑戦日記さんのプロフィール
きさらぎさん
  • 大正ロマンへタイムスリップ 重要文化財の『旧朝倉家住宅』 in 代官山
  • 年に国の重要文化財に指定されました。この奥にお屋敷が・・・・・2階の和室中庭長い廊下屋敷の広さを物語っています。茶室杉之間(奥)踏み込み床(松の一枚板を使用)杉之間(表)からの眺め庭園へ庭から見た住宅石灯籠立派な土蔵もあります。庭から拝見。お天気も良く、見学者は後を絶ちませんでした。おしゃれな代官山に大正期の和風住宅が残されていることはとっても貴重です。伺った時季はつつじが咲いてました。四季折々楽しませ...
  • 香港+上海さんぽ☆快快楽楽きさらぎさんのプロフィール
桜田 史弥さん
  • 20180524-9
  • デルの冨永愛が24日、都内で行われた「日本遺産」を認定する『平成30年度日本遺産認定証交付式』に出席。同遺産に認定されたストーリーの生朗読に挑戦 ... 「日本遺産」追加認定に北前船寄港地の住吉大社・石灯籠群産経ニュース文化庁が24日発表した「日本遺産」の認定で、江戸時代に日本海を往来した北前船(きたまえぶね)の寄港地などでつくる「荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異 ... 明治維新から150年 豊橋で企...
  • 歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク桜田 史弥さんのプロフィール
マカロン☆さん
  • 建部大社へ・・・つづき。
  • りそうまた本殿近くに戻ります・・・本殿左右に8つの末社があります。だいぶ消えてたけど、砂紋が描かれていたよ〜本殿右側にある絵馬舎。中にドラえもんが見えますね。絵馬もかわいいタイプ 近くには、県内最古の石灯籠が。。おみくじは男女の2タイプがあるみたい??こちらは水琴窟。この鉢に筒を当てて音をききます・・・金魚はおもちゃ(笑)金の鯛福を釣るって書いてあった気がする・・・おみくじかな??あまりうまく説明できて...
  • ☆.。.:*・マカロンのHappy days・*:.。.☆マカロン☆さんのプロフィール
shionさん
  • 愛犬と一緒に「ピーターラビット」のジェレミー・フィッシャーの池へ
  • 。 シオンちゃんと一緒につくば牡丹園の中にある「ピーターラビットの庭園」へ。 石段を下りて・・・ ジェレミー・フィッシャーの池に着きました。 広大な庭園はまだまだ続きますよ〜。 ここは石灯籠があったりと和洋折衷のような庭園です。 ジェレミー・フィッシャーの池を整備すれば、フランス@シヴェルニーの「モネの池」になりそうですね。 ピーターラビットの生まれたイギリス庭園とは違うけど(笑)...
  • シオンがゆく♪shionさんのプロフィール
しえさん
  • 【千葉】香取神宮の御朱印
  • ているようです。まず最初に伺ったのは、香取神社の総本社、香取神宮です。参道商店街を抜けると朱色の大鳥居が立っています。こちらは二の鳥居で、一の鳥居は利根川河川敷にあるそうです。参道をどんどん進みます。石灯籠には、神使の鹿がデザインされています。総門をくぐります。手水舎。手水をして清めます。由緒書き。御祭神は、武神・経津主大神(フツヌシ)です。「日本書紀」に登場する神で、タケミカヅチとともに国譲りの交渉に...
  • ゆるり寺社巡り 〜御朱印紀行〜しえさんのプロフィール
びまさん
  • 月極駐車場の西南西しか太陽が当たっていない
  • 狸御殿でまた宴会が繰り広げられたのかBeMax・Mioがニオイを気にしている。ボクはというと石灯籠の積み上げ肩が変わったことを気にしている。きっとタヌキが崩しちゃって積み直したのだろう。朝散がアサメシ前になってコースで太陽が当たるところがほとんどない。駐車場の西南西しか太陽が路面に当たらない。まっ...
  • 帰ってきたBeMaxはMioびまさんのプロフィール
しずかさん
  • 鹿児島の旅(18)仙巌園・望嶽楼〜千尋巌〜水力発電用ダム跡
  • 面会した際にも使われました。千尋巌(せんじんがん)御殿の裏山の巨岩にある千尋巌の文字。これは、文化11年(1814)に約3900人が、3ヶ月かけて刻んだとされています。3文字で11mの大きさ!石組み、石灯籠が見事な池水力発電用ダム跡島津忠義が造らせたダム。明治時代に、水の落差で発生するエネルギーを利用した発電を行い、その電気を御殿の照明などに利用していたそう。桜島ビューポイント園内にはいつくか桜島ビュー...
  • 大河ドラマに恋してしずかさんのプロフィール
WoodySnowさん
  • 青梅 安楽寺
  • 利明王御参道」と書かれた2本の石柱のある道が安楽寺通りの入口。その間を進むと正面に仁王門と軍茶利堂が建っていて、それらを右手に見て緩やかな坂道を上ると右側が安楽寺の境内で、茅葺きの通用門前に立つ大きな石灯籠が目を引く。通用門の左側には漆喰塀が続き、真ん中あたり(ちょうど本堂の正面)に扉の閉まった山門がある。そして、通用門を潜ると寄棟造り銅板葺の大きな本堂が現れた。この配置、今年のお正月に参拝した五日市の...
  • WoodySnow 〜 神社・仏閣参拝の足跡備忘録 〜WoodySnowさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

石灯籠について