石灯籠

石灯籠についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 石灯籠
  •      石灯籠照らすがに咲くホトトギス前庭の石灯籠、ホトトギスが咲いて少し明るくなった。    にほんブログ村[石灯籠] ブログ村キーワード・・・続きを読む
  • 花も実も・・・・・獅子 長平 獅子 長平さん獅子 長平さんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

石灯籠を含むブログ記事

Irareiさん
  • 巨岩の麓の花窟神社(十津川・熊野旅行記2)
  • りの小ぶりな鳥居をくぐると、その先に伸びる参道に漂う空気は、一段と神秘的な雰囲気をまとっていました。よく掃き清められた参道を進むと、その先には社務所を兼ねた参籠殿があります。左右には薄っすらと苔生した石灯籠が立ち並んでいます。参道沿いにある手水舎の側には、ビッシリ苔生した子供の背丈ほどある大きな丸い石があります。注連縄がされたその石には、手水舎の水をかけてから両手を触れて祈ると良いそうです。参籠殿をくぐ...
  • Peaceful Day 〜今に生きる〜Irareiさんのプロフィール
fm-woodstockさん
  • 神様の化身ではないか、と話題 産山村の神社の「人面」スギは樹齢800年 ― 熊本地震後によりくっきりと
  • や団子鼻が大相撲の高安関に似ている。境内が暗くて凹凸が分かりにくく、今まで誰も気付かなかったのではないか 9月20日に秋祭りが行われる、産山村山鹿の平川阿蘇神社も昨年の熊本地震で被害を受けて、神殿前の石灯籠が倒れるなどの被害が出た。 この平川阿蘇神社の境内にそびえるスギの幹に、人の顔そっくりのこぶが現れ、氏子らの間で「神様の化身ではないか」と話題になっている。 スギは高さ約35メートル、幹回り約5メート...
  • 名盤ガイド・クラシック音楽専科fm-woodstockさんのプロフィール
mataponさん
  • 川辺の出湯跡 [島根県]
  • れば 男も女もたちまち容姿が麗しくなったとされ、どんな病気でも治ってしまうことから、神の湯と呼ばれたそうです。現在は露天風呂は見られず、その石囲いも失われていますが、湯船に利用したと思われる岩肌や古い石灯籠などが見られます。ちなみに、流れている褐色の川水は温泉ではなく、普通に冷たかったです。なお、案内板による説明は以下の通りです。【川辺の出湯跡】玉造温泉は、わが国最古の温泉の一つ。奈良時代に完成した『出...
  • 人文研究見聞録mataponさんのプロフィール
歩いてみたさん
  • 上野観光 おすすめ定番スポット10選まとめ+口コミ
  • 賜公園にある上野大仏は、本来は江戸時代に作られたものですが、現在は顔の部分だけが残っています。上野大仏の北西側にある上野東照宮は、徳川家とのゆかりが深い名所の一つで、境内には大名たちによって寄進された石灯籠があります。銅像が多いことも特徴で、定番の西郷隆盛像をはじめとして、小松宮彰仁親王像などがあります。野口英世博士像の近くには噴水広場も整備されており、中央部にある大噴水は上野恩賜公園のシンボルの一つに...
  • 歩いてみたブログ歩いてみたさんのプロフィール
Blue Skyさん
mimozaさん
  • 台風迫る中、予定通り北方面  日光山温泉寺
  • 温泉寺(おんせんじ)へと続く参道には石灯籠がズラーッと並び、この風景が好きで以前もパチリ、今回もパチリ!シロヨメナの白い花越しに石灯籠をシロヨメナの花を主役に世界遺産「日光山輪王寺」(にっこうざんりんのうじ)の別院。勝道上人が延暦7年にこの温...
  • きせつの風mimozaさんのプロフィール
歩いてみたさん
  • 上野東照宮の御朱印とご利益・パワースポットは?
  • しも傾かなかったほど頑丈なんだそうです。水舎門大石鳥居をくぐってすぐ現れるのが水舎門です。もともと社殿の手前にある水舎として使用されていたものを門として利用しているため、水舎門と呼ばれているそうです。石灯籠に挟まれた、美しい参道を進んでいきます。寛永寺の五重塔社殿に向かって参道を歩いていると、右手に寛永寺の五重塔が見えます。神楽殿神楽殿は、明治七年(1874)に深川木場組合によって奉納されたもので、屋根...
  • 歩いてみたブログ歩いてみたさんのプロフィール
jf0rakさん
  • 石清水八幡宮書院・石灯籠
  • 石清水八幡宮書院・石灯籠2017年09月18日 |旅 歴史 京都府八幡市八幡高坊に石清水八幡宮があります。 石清水八幡宮の書院の庭は重森三玲による枯山水です。そこに「永仁の石灯籠」と呼ばれる六角形の石灯籠があります。鎌倉時代...
  • 旅と歴史jf0rakさんのプロフィール
キノボリネコさん
  • 猫の置物
  • 2017,9チビが護衛を散歩に誘ったのは夕日が山向こうに落ちようという時間。だが当のチビは出かけずなぜか庭の石灯籠の上に落ち着く。あのー…(-"-)あー、いや…いいところ見つけたな^^;うんうん、そのゆるいカーブがジャストフィットな感じ^^ちょっとキメ顔もらえるかな?おーかっこいー(*´ェ`*)断崖の大岩の上に佇...
  • チビ(仮)の外猫生活キノボリネコさんのプロフィール
菊約さん
  • 6/3?離宮八幡宮、大山崎町歴史資料館、宝積寺
  • この目立つ標識は、昭和32年、全国の油店の店頭標識として作られたマークなんだとか。 離宮八幡宮は嵯峨天皇の離宮である「河陽宮」の跡地であったので、「河陽宮故趾」の碑がありました。 若宮社のあたり。石灯籠に書かれた社紋が可愛い。 荏胡麻ってどんなん?っと思っていたら境内で育てられていました。シソ科か・・・。 美濃のマムシ。斎藤道三がここらへんで油商人だったことがあるって説があるみたいで、戦国好きな旦那...
  • 菊約の京都日記菊約さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

石灯籠について