医学研究科

医学研究科についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [医学研究科] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

医学研究科を含むブログ記事

こち(東風)さん
  • ズバッと答える関節リウマチ 患者さんからの85通の挑戦状 [ 松野博明 ]
  • 理事長。2013年東京医科大学客員准教授。学会活動日本リウマチ学会理事。日本臨床リウマチ学会理事松原司(マツバラツカサ)松原メイフラワー病院院長。1979年神戸大学医学部卒業。1984年神戸大学大学院医学研究科医学博士。兵庫県のじぎく療育センター整形外科医員。1985年テキサス大学医学部(ダラス)リウマチ科研究教官。1986年神戸大学整形外科講座助手。1991年同上講師。1994年松原クリニック院長(現在、...
  • ほんにきくこち(東風)さんのプロフィール
西ヶ花にしきさん
  • 【警告】専門家「今花粉症でない人もある日突然発症する。そしたら一生付き合っていくことになる」
  • 会うと、体が花粉に対する抗体を産生する可能性が高くなります。スギに対する抗体をたくさん産生すると、何らかのきっかけでスギ花粉症を発症しやすくなります」と、注意を呼びかけている。 日本医科大学大学院医学研究科 頭頸部・感覚器科学分野の大久保公裕教授によると、一度感作を経てアレルギー反応が出てしまうと、その状態が"リセット"されることは基本的にはないという。すなわち、生涯花粉症と付き合っていかないといけなく...
  • ライフハックちゃんねる弐式西ヶ花にしきさんのプロフィール
YUSUKEさん
キャナサキさん
  • 高須院長がお金持ちである理由がこちら
  • ことは、すべてこの世で解決する。 将来の夢 自分のお金を全額使い切って一生を終える。 <プロフィール> たかす・かつや◎1945年、愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。脂肪吸引手術など世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。金色有功章、紺綬褒章を受章。Twitterのフォロワーは30万人以上。 2018年3月17日 11時0分 週刊女性PR...
  • ゴシップニュースキャナサキさんのプロフィール
裕美・ルミィヤンツェヴァさん
  • 『水乃素湯』 水素化マグネシウム入浴化粧料&活水器『νSUN君』&『オブツポイポイ』
  • ト株式会社が扱っている水素入浴剤『水素乃素』が週刊女性(10月29日号)に「徹底解説 水素のススメ」で掲載されましたのでご紹介させて頂きます。水素の研究の第一人者である太田成男教授(日本医科大学大学院医学研究科)より大変に高い評価を頂きました。新発売ながら、掲載されてから注文が殺到している人気商品です。問:TEL 03-5577-4071 info@ma-trust.jp http://ma-trust.j...
  • MAトラスト株式会社 裕美・ルミィヤンツェヴァ裕美・ルミィヤンツェヴァさんのプロフィール
まるふくさん
  • 神経細胞の脳内の位置を決定するしくみ
  • ロンが生まれた後、未熟なまま長距離を移動していくことが知られています。しかし、ニューロンの配置のために重要な目的での停止と成熟のしくみについては、不明な点が多く残されています。今度、名古屋市大学大学院医学研究科の澤本和延教授と澤田雅人助教らは、同大学大学院薬学研究科、生理学研究所、自治医大学、米国シンシナティ子供病院の研究者と共同で、脳内を移動するニューロンが正しい位置で停止して成熟する新しいメカニズムを解...
  • 糖鎖ブログまるふくさんのプロフィール
理系ニュースさん
  • オートファジーの破綻がパーキンソン病の原因となる
  • 天堂大学は、ドーパミン神経細胞特異的にオートファジーを欠損させたマウスを作製したところ、孤発性パーキンソン病の病態を忠実に表現するモデルマウスとなることを示したと発表した。 同成果は、同大大学院医学研究科神経学の佐藤栄人准教授、服部信孝教授らの研究グループによるもの。 詳細は「Scientific Reports」オンライン版に掲載された。 高齢化社会の到来に伴いパーキンソン病の有病率が上昇し...
  • 理系ニュース理系ニュースさんのプロフィール
Mindさん
光線治療院さん
  • スギ花粉:飛散予測 青森市、昨年の8倍
  • ouin.com スギ花粉:飛散予測 青森市、昨年の8倍 ピークは今月下旬〜来月上旬 青森毎日新聞社 2018年3月16日 (金) 花粉症の人は早めの備えを――。県花粉情報研究会(事務局・弘前大大学院医学研究科 耳鼻咽喉(いんこう)科学講座)が今春のスギ花粉の飛散予測を発表した。青森市では昨年の約8倍の花粉が飛ぶ見込みで、すでに県内各地で観測され始めているという。 同研究会は昨秋に県内18カ所のスギ林を調査...
  • ひなたぼっこ光線治療院さんのプロフィール
YYさん

医学研究科を含むブログ村メンバー

  •  
つかクリ院長さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

医学研究科について