興国寺

興国寺についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [興国寺] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

興国寺を含むブログ記事

しずかさん
  • 鹿児島の旅(21)仙巌園・鶴嶺神社
  • は島津義久から大隅国大禰寝村2739石を与えられる。1624年(寛永元年)、ふたたび1万石を亀寿一代の間、無役として与えられている。1630年(寛永7年)10月5日に国分城にて死去。法名「持明彭窓庵主興国寺殿」。 じめさあ鹿児島市城山町の鹿児島市立美術館の一角(西郷隆盛銅像の裏手)には、「じめさあ(持明院様)」と呼ばれる石像がある。1929年(昭和4年)に、当時鹿児島市役所敷地であったこの場所から発見さ...
  • 大河ドラマに恋してしずかさんのプロフィール
カルラMk-3さん
  • バタバタしてたら気力が湧かない
  • 18.01占いキーワードサーチ▼キーワード検索楽天ブログ内このブログ内ウェブサイトお気に入りブログアベソウリもうおし…New! きんのじ1951さん遺体も凍ったまま登…New! Photo USMさん興国寺跡墓地を訪ね… クマタツ1847さん魁!「ラジコン侍」… ぐんかん0458さんロボットアニメ/特… kajun2011さんサイド自由欄【新生活に役立つグッズ】興味があったら 覗いて下さい(^_-)-☆...
  • 浄化の炎カルラMk-3さんのプロフィール
ふらふら侍さん
  • 北条五代年表
  • まれます。応仁の乱にともに東軍として参戦した今川家に早雲・妹が嫁いだのが縁で、北条早雲は応仁の乱後は京に戻らず駿府に向かいます。長享元年(1487年)、今川の家督争いで龍王丸の勝利に貢献した北条早雲は興国寺城を与えられます。明応2年(1493年)10月伊豆で最大の勢力をもっていた堀越公方の内紛に乗じ、堀越御所を攻め、茶々丸を伊豆から追放し伊豆一国を支配下に収めることに成功します。明応2年(1493年)北...
  • 歴史の舞台に立つふらふら侍さんのプロフィール
imurin4さん
  • 【写真日記158】月の日の流れと金山寺味噌
  • 諸説あるみたいだけども、ウィキペディア先生によるとその由来については、宋での修行から帰国した鎌倉時代の僧、心地覚心(法燈国師)が1254年に帰朝し、請われて紀州由良(現:和歌山県日高郡由良町)の鷲峰山興国寺の開山となったため、その近傍の湯浅(現:和歌山県有田郡湯浅町)に伝えた「径山寺(きんざんじ)味噌」が起源とする説が有力だが、空海(弘法大師)が唐の金山寺(中国語版)から持ち帰ったとする説もある。 江戸...
  • いむりんぶろぐimurin4さんのプロフィール
カニーナ17さん
  • 鎌倉文学館・バラさんぽ♪
  • ンダープロフィールコーデ0117『今が「しあわせ」だからこそ、 未来がしあわせになるんです』 斉藤一人 ↑の言葉をかみしめて、毎日幸せ気分で過ごしたいですね(^_-)ブログの読者になるお気に入りブログ興国寺跡墓地を訪ね…New! クマタツ1847さん友人宅でワインやビ…New! 家族で眼鏡さん--2018.05.19鎌倉文学館・バラさんぽ♪(10)テーマ:ちいさな旅〜お散歩・日帰り・ちょっと1泊(298...
  • ヒーリング・ガーデンカニーナ17さんのプロフィール
虚無僧一路さん
  • 「徐福」の墓
  • 徐福を供養する万燈祭」が行われていた。中国からの来賓も迎えて、賑々しく行われていた。虚無僧姿の私も関係者のように見られて、勝手に前列の椅子に座ってしまった。そう普化宗も、中国から伝わり、和歌山県由良の興国寺が開山となっているのだが、どうも虚無僧については、PR不足。知られていない。そういえば、秋田の男鹿半島、富士吉田市、佐賀と虚無僧で行った先々で「徐福」伝説に出会った。「灯台下暗し」で、名古屋の熱田神宮...
  • 一路の虚無僧日記虚無僧一路さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

興国寺について