興国寺

興国寺についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [興国寺] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

興国寺を含むブログ記事

貢蕉の瞑想さん
  • ここは私たちのパラダイス?
  • せんから。」と住職らしき人の声。 静けさには不似合いなけたたましさを感じる。 雲巌寺は、八溝山地のふところ深く、清らかな渓流に沿う境地にある臨済宗妙心寺派の名刹だ。 筑前の聖福寺、越前の永平寺、紀州の興国寺と並んで、禅宗の日本四大道場と呼ばれているそう。 つづく。ジャンル:ウェブログランキングに参加中。クリックして応援お願いします!にほんブログ村コメントTweet...
  • 貢蕉の瞑想貢蕉の瞑想さんのプロフィール
華かほるさん
  • 紅葉ドライブ
  • 遠い所に住む姉とは久しぶりに会いました。出かけた先は、雲岩寺観光協会より抜粋八溝山地のふところ深く、清らかな渓流に沿う境地に、臨済宗妙心寺派の名刹、雲巌寺があります。筑前の聖福寺、越前の永平寺、紀州の興国寺と並んで、禅宗の日本四大道場と呼ばれ、山門の正面にある朱塗りの反り橋を渡って石段を登ると、正面に釈迦堂、獅子王殿が一直線に並ぶ代表的な伽藍配置となっています。俳聖松尾芭蕉は、この地で「木啄も 庵は破ら...
  • kanreki-lady華かほるさんのプロフィール
kasaneさん
  • 大田原市 雲厳寺の紅葉 2017
  • 大田原市 雲厳寺の紅葉 20172017-11-18 |散策昨日雲厳寺の紅葉を見に行きました。筑前の聖福寺、越前の永平寺、紀州の興国寺と並んで、禅宗の日本四大道場と呼ばれ、山門の正面にある朱塗りの反り橋を渡って石段を登ると、正面に釈迦堂、獅子王殿が一直線に並ぶ代表的な伽藍配置となっています。『たのしい』 ジャンルのランキングランキン...
  • おりがみ日記kasaneさんのプロフィール
酔雲さん
  • 五条安次郎(柴屋軒宗長)の略歴
  • 百韻』1487年 10月 9日 種玉庵にて、宗祇の弟子らと『葉守千句』 40歳1487年 11月 10日 宗祇、夢庵らと『何木百韻』1487年 11月 早雲、小鹿範満を討ち、竜王丸を今川家の家督として興国寺城に入る。1488年 1月 1日 宗祇と『何木百韻』両吟。 41歳1488年 22日 宗祇、夢庵と共に『水無瀬三吟百韻』を巻く。1488年 3月 能勢頼則、細川政元、宗祇、夢庵らと『千句三物』1488...
  • 長編歴史小説 陰の流れ〜愛洲移香斎酔雲さんのプロフィール
Harryさん
  • 【清和源氏】編『足利一族』章「今川氏」節 12.続・今川氏親
  • して、擁立される。    清晃は、将軍に就任すると、足利義澄を称した。 義澄は、盛時に、実母と同母弟の仇、異母兄の足利茶々丸の討伐を命じる。 盛時が、この時点で、京にいて、命を受けたのか、堀越の近隣の興国寺城にいたために、盛時に命が下ったのかは、不明である。    盛時は、軍勢を率いて、堀越御所の茶々丸を攻撃した。 この伊勢盛時=北条早雲による、「伊豆討ち入り」から、戦国時代が始まったと言われる。 しか...
  • 『正義』と『平和』Harryさんのプロフィール
Harryさん
  • 【清和源氏】編『足利一族』章「今川氏」節 11.今川氏親
  • 北条早雲と呼ばれる、伊勢盛時の乱世の奸雄としての片鱗を思わせる。 龍王丸は、駿河館に入り、元服して、今川氏親を称した。 氏親は、自身の今川宗家、家督継承の最大の功労者である、伊勢盛時に富士下方十二郡と興国寺城を与えている。盛時は、元々、将軍に奏聞を取り次ぐ役職である、室町幕府の申次衆であったため、氏親の家督相続後は、京に戻ったと考えられる。 伊勢盛時が、いつ頃から、京を離れて、今川氏親の家臣になったのか...
  • 『正義』と『平和』Harryさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

興国寺について