大通寺

大通寺についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [大通寺] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

大通寺を含むブログ記事

薄氷雪さん
  • 妊娠中最後かも?のでーと その1
  • と主人が待ってましたそんな再開今回はやたら髪の毛が短いかなり暑かったのですが黒壁をぶらぶらしました日本一大きい?万華鏡8メートルくらいあります道中虫のパラダイスでしたそんで黒壁ぐるぐるぐるぐるして……大通寺で鳩に餌ぶつけて現代版金の屏風らしいです黒壁は結構来てるんですけど細いところとか歩くと色んな発見がありますお昼は有名な蘭亭さんで主人ははんばーーーーぐとふわとろオムライスわたしはハヤシライスうちでこう...
  • ラバクティム〜LABACTIM〜薄氷雪さんのプロフィール
ちゅうさんさん
  • 第26回びわ湖長浜ツーデーマーチ2日目
  • 浜竜太鼓の演奏です。JR北陸本線長浜駅前から豊国神社までは昨日と同じコースです。豊国神社前から黒壁スクエアへと進んで行きます。黒壁スクエアは伝統的建造物群を生かした観光スポットです。長浜大手門通りから大通寺へと進んで行きます。昨日とは逆に長浜御坊表参道から大通寺の山門を潜り境内へと入ります。本堂前から境内を通り抜けます。10?コースの分岐から県道251号線を横断し20?コースとの分岐へ。ここでかなりの方...
  • k&n 健康ウォーキングちゅうさんさんのプロフィール
麻由紀さん
  • 手毬と鉢の子
  • 国(岡山県)玉島 円通寺(曹洞宗) 国仙和尚の元で。備中良寛さんこころの寺めぐり  円通寺を中心に5ヶ寺で、すべて、曹洞宗です。1番、円通寺 倉敷市 2番、長連寺 倉敷市 3番、洞松寺 矢掛町 4番、大通寺 矢掛町 5番、長川寺 浅口市私の父方・母方ともに菩提寺が曹洞宗なのでご縁を感じてしまいます。車を持っていない私には、それぞれのお寺に参詣するのはなかなかアクセスが厳しいでしょうが、いつかお詣りできた...
  • 月と星と太陽麻由紀さんのプロフィール
hiroyuki23さん
  • 第26回 びわ湖長浜ツーデーマーチ(2日目)
  • 時過ぎに今日も「浜竜太鼓」の演奏で送り出されます昨日同様の共通コースで、長浜駅西口、地下道、豊國神社から今日は真っすぐ進んで「長浜大手門通り」のアーケードに入ります黒壁スクエア、曳山博物館、表参道から大通寺の境内を昨日と逆に山門から入って、西へと抜けて北に向かいます大会旗を持つコースリーダーの後ろをついて行きます長浜北小学校を過ぎた20キロコースとの分岐で少し考えて右折して40キロコースに進みました国道...
  • 歩歩起清風hiroyuki23さんのプロフィール
ちゅうさんさん
  • 第26回びわ湖長浜ツーデーマーチ1日目
  • 道を潜り豊国神社前へ。豊国神社は、長浜城主豊臣秀吉公を祀る神社です。長浜には秀吉に縁が深い六つの古社寺の六瓢箪を巡る道があります。六古社寺は、豊国神社、知善院、神照寺、総持寺、舎那院、長浜八幡宮です。大通寺の境内へと入って行きます。大通寺は真宗大谷派の別院で、正式名は無礙智山大通寺といいますが、一般には長浜御坊の名で呼ばれています。本堂前(阿弥陀堂)から総欅造りの山門を潜り表参道へ。長浜御坊表参道を進ん...
  • k&n 健康ウォーキングちゅうさんさんのプロフィール
hiroyuki23さん
  • 第26回 びわ湖長浜ツーデーマーチ(1日目)
  • らいます長浜市観光振興課のゆるキャラ「三成くん」のお見送り「浜竜太鼓」の演奏で送り出されます歩道橋を渡り、ファミマの手前で右折して長浜駅西口広場へ駅北の地下道で線路を越えて「豊國神社」前を通過します「大通寺」の境内を西から南に抜けます「大通寺」は真宗大谷派別院で「長浜御坊」「ごぼうさん」と呼ばれています門前の表参道を南へ進みます途中、左折して「やはた夢生小路」を東に歩き「長浜八幡宮」の鳥居を抜けて境内へ...
  • 歩歩起清風hiroyuki23さんのプロフィール

大通寺を含むトラコミュ

長浜
  • 長浜
  • 旧長浜市域は羽柴秀吉(豊臣秀吉)ゆかりの長浜城の城下町として、17世紀初頭の長浜城廃城後は大通寺の門前町として、また北国街道の要衝として発展してきた街である。現在...
  • トラックバック数:205 TB参加メンバー数:14人カテゴリー:地域生活(街) 関西ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

大通寺について