信教の自由

信教の自由についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [信教の自由] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

信教の自由を含むブログ記事

こんまんきさん
  • 池田大作は本当に平和主義者か?
  • がやってきたことと、まったく逆ではないかと憤りを覚えざるを得ない。 創価学会員は反社会的な教義を盲信して、「狂気を狂気と感じさせない、異常な精神状態」に追い込まれ、人権侵害そのものの強引な勧誘を行い、信教の自由・言論の自由を否定し、罪なき人々から「安心できる生活」を奪ってきた。 そして、学会員たちがそのような行動をとってきたのは、指導者である池田大作が「仏法は勝負、勝つためには手段を選ぶな」「脱会者は自殺に...
  • 創価学会はカルトですこんまんきさんのプロフィール
いっちゃんさん
  • 教会日記2018.4.21(カトリック小田原教会「主日のミサ」土曜日)
  • 豊かな恵みをお与えください。主よ、主に救いを求める人々がすべて救われますように。私たちの主イエス・キリストによって。アーメン。」とお祈りしてきました。小田原教会は、1873年(明治6年)、やっと国民の信教の自由が認められた年、パリ外国宣教会の宣教師11名が横浜に上陸、その一人テストヴィド神父様が、多摩、神奈川、静岡方面を伝道され、小田原にも福音の種が蒔かれました。1879年(明治12年)1月、テストヴィド神...
  • 今日の言葉♪愛と希望−私の信仰告白いっちゃんさんのプロフィール
暴れん坊将軍さん
  • 754:親戚と共に墓参りしてきましたよー(#^^#)
  • かりでやっても3時間弱かかってしまいましたー(゚Д゚;)その後はまた次のお墓へ・・・特定の宗教の墓ですけどね(*^▽^*)この親戚のおじさんおばさんは絶対に入信の誘いをしてこないので大好き(^O^)/信教の自由があるので自分はどの宗教も否定しませんけど・・・無理強いされるのはイヤなもので(笑)( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \おじさんが言うには「死んだら皆平等という考えで全て同じ墓なんだ...
  • 甲状腺がんと診断されたので日記にしました!暴れん坊将軍さんのプロフィール
精神科医療は思想警察なのか?さん
  • カルト宗教団体:天理教)調べてみました?吉田神道⇒中山みき(吉田茂⇒麻生太郎⇒天理教)
  • い」という天理教の人間がいたら、その教会のお供え金システムに匿名性が保証されているかをきちんと確認した方がよいだろう。私はこうした半強制的な集金システムが天理教の害悪(衰退)の根源であると考えている。信教の自由の下で、自由意志であるべきはずのお供え金に署名を求めるというのは、解釈によっては信教の自由を侵害するような人権侵害になるとも考えている。今年の6月に暴力団の上納金は所得税として扱われ、工藤会トップが脱...
  • 精神科医療は思想警察なのか?精神科医療は思想警察なのか?さんのプロフィール
三世の四季さん
  • 〈小説「新・人間革命」〉 
  • 8年04月18日 05時16分26秒 |新・人間革命誓願 二十 法悟空 内田健一郎 画 (6350) 軍部政府が強要する神札を公然と拒否することは、戦時中の思想統制下にあって、国家権力と対峙し、思想・信教の自由を貫くことである。それは、文字通り、命がけの人権闘争であった。事実、牧口常三郎は、逮捕翌年の一九四四年(昭和十九年)十一月十八日、秋霜の獄舎で生涯を終えている。 思想・信教の自由は、本来、人間に等しく...
  • 三世の四季三世の四季さんのプロフィール
和井浩洋子さん
  • 〈小説「新・人間革命」〉 
  • 誓願 二十 法悟空 内田健一郎 画 (6350) 軍部政府が強要する神札を公然と拒否することは、戦時中の思想統制下にあって、国家権力と対峙し、思想・信教の自由を貫くことである。それは、文字通り、命がけの人権闘争であった。事実、牧口常三郎は、逮捕翌年の一九四四年(昭和十九年)十一月十八日、秋霜の獄舎で生涯を終えている。 思想・信教の自由は、本来、人間に等しく...
  • 和井浩洋子さんのブログ和井浩洋子さんのプロフィール
玉木円四郎さん
  • 霊連世協会の始まりは霊能者ではなく、霊肉祝福者によって幕開けとなる
  • ジより引用===【中華人民共和国】 3月31日、おもに西方系教会での復活祭前日の土曜日、中国政府とローマ・カトリック教会の間で、司教の叙階を巡って協議が行われ、4月3日、中国国務院新聞弁公室が「中国の信教の自由保障の政策と実践」白書を約20年ぶりに発表。新華社など各紙が報じている。同白書の内容は宗教政策についてであり「信教の自由」を認めつつ、全宗教が社会主義に適応すべきとの姿勢を明確化したもの。 しかし翌4...
  • 原理講論を読む玉木円四郎さんのプロフィール
スカピッピパパさん
  • 極楽スキー
  • うになる。自信がなくても、勇気を持って前に進むことの重要性を理解できるようになります。」教科書に書かれていない、「日本の本当の歴史」を知るためにも、ぜひこのメールセミナーを読んでみてください。1日目 信教の自由の日に関するネット上の文章への反論2日目 私が考える日本教とは?3日目 信教の不自由な宗教と信教の自由な宗教4日目 先の戦争の悲惨な体験を語り継ぐな5日目 現代の鶴田浩二 ー傷だらけの人生ー6日目 今...
  • 日本の歴史を知って自信を持てる日本人のためのブログスカピッピパパさんのプロフィール
桜田 史弥さん
  • 20180415-6
  • 公園」(同町藤曲)が14日、装い新たに開園した。同社と町の歴史を感じ後世に伝える拠点にするため、町が「歴史を旅する」をテーマに修景作業を進めてきた。開園式が開かれ、参列者が輝きを取り戻した ... 「信教の自由」の扉開いた流刑地の隠れキリシタン読売新聞ひっそりと静かで美しいこの山あいの地が、明治初期に信教の自由をめぐる壮絶な闘いの最前線となった歴史を振り返ってみよう。 近代国家の樹立をめざした明治新政府が、...
  • 歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク桜田 史弥さんのプロフィール
takosaburouさん
  • 「 #韓国 の宥和政策は #北朝鮮 の人民を犠牲にしている」と、韓国の人権団体が文在寅政権を非難
  • どうしても納得しがたい思いがワタクシメにはあります。それは、「金正恩の独裁体制の存続を認めるという行為は、あの国の人民が一生酷い目に遭う事を認めるとイコールである」になります。言論の自由、結社の自由、信教の自由、集会の自由などなど、近代国家なら当たり前の原則が一切無いのが、あの国の動かしがたい現状です。そして、三度の御飯も満足に食べられない。これも、動かしがたい事実です。そんな国(しかも隣国)の人民に同情せ...
  • DONtakosaburouさんのプロフィール

信教の自由を含むトラコミュ

宗教(右派&左派)
  • 宗教(右派&左派)
  • 宗教右派(しゅうきょううは)は英語 religious rightの訳語である。現代の欧米ではたびたび宗教的問題が政治における大きな争点となるが、その際に右派政党を通じて宗教的...
  • トラックバック数:46 TB参加メンバー数:10人カテゴリー:哲学・思想ブログ
政教分離原則
  • 政教分離原則
  • 政教分離原則(せいきょうぶんりげんそく)とは、国家権力と宗教‐厳格に言えば「教会(宗派)」との分離を指す‐とは相互に分離されるべきであり、国家権力が宗教団体を援...
  • トラックバック数:43 TB参加メンバー数:9人カテゴリー:哲学・思想ブログ

信教の自由を含むブログ村メンバー

  •  
KENさん

信教の自由を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 国旗・国歌の学校強制に違憲判決レス: 0/32(211件)ニュースブログ
  •  「憲法第19条は、『思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。』として明記している。このことは信教の自由や集会、結社及び言論等の一切の表現の自由が保障されていることも含めて基本的人権の最も根本的な権利とし...

にほんブログ村

>

キーワード

>

信教の自由について