大正大

大正大についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [大正大] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

大正大を含むブログ記事

はげおやじさん
IROYASUさん
  • 大正×対称アリス ぷちっ娘トレーディングアクリルストラップ 1BOX(A4562357664435Z)
  • コメントする関連検索1BOX3千円〜5千円のアニメグッズ8個入りBOXA4562357664435Zぷちっ娘トレーディングアクリルアクリルアリスストラップトレーディングパレードペンギンペンギンパレード大正大正×対称アリス対称【最安値監視商品を新規追加しました】価格を比較コメントする【最安値:4760円 | 平均価格:5188円 】価格調査日:2018年10月13日16時37分※最新の価格及び...
  • いろぽたIROYASUさんのプロフィール
団子屋のページさん
  • 800年前の輝き、水晶に阿弥陀如来 京都・醍醐寺で初公開
  • 仏師快慶作の可能性があるという。 総高36センチで、下部にはハスの花びらの形をした台座がある。台座から延びる支柱の上にハスのつぼみをかたどった龕があり、内部に仏像が納められていた。調査・研究にあたった大正大の副島弘道名誉教授(日本彫刻史)によると、台座のハスや阿弥陀如来の表現技法から鎌倉時代の制作と判断できるという。 像は同寺で2002年に発見された後、今春まで調査が続けられていた。副島名誉教授は「今で...
  • 団子屋のページ団子屋のページさんのプロフィール
黙翁さん
Tabisoraさん
  • 【車椅子の旅】南湖神社
  • 南湖神社は、福島県白河市にある神社で、江戸時代中期の「寛政の改革」を行ったことで知られる松平定信公を祀っています。もともと陸奥白河藩主であったことから、地元有志の呼びかけにより、大正大礼記念として、ゆかりの場所にあたる南 […]...
  • 車椅子で行く神社仏閣・パワースポットの旅Tabisoraさんのプロフィール
蜜蜂姐さん
  • 京都の御大礼
  • 成30年記念で細見美術館・京都市美術館別館・みやこめっせで開催されていました即位礼・大嘗祭と宮廷文化のみやび京都の御大礼。   見どころの即位式図・行幸図屏風・即位式・大嘗祭の貴重な資料が終結でした。大正大礼即位式、模型で展示されて圧巻の構図です。新天皇即位、国事行為の儀式「即位礼正殿の儀」に使う「高御座」(新天皇が即位を宣言する場)「御帳台」(新皇后が上がる場)が京都御所、紫宸殿から東京に陸送され準備...
  • 華ぶんOfficial Blog蜜蜂姐さんのプロフィール
pari88さん
  • 子どもの好き嫌い 減らす方法は?
  • 。親がおいしそうに食べていたら、まねて食べるかもしれません。バーベキューなど楽しい出来事をきっかけに、急に好きになることもありますよ。  (西原和紀/取材協力=今田純雄・広島修道大学教授、長谷川智子・大正大学教授)...
  • あなたの健康はお金で買えますか・・・?pari88さんのプロフィール
はげおやじさん
minoriさん
  • 被災地の報告〜晩年のペスタロッチの愛
  • y happy-ok3)」 日本に最初にペスタロッチを紹介したのは柳澤政太郎氏(1865年〜1927年)文部官僚、教育者、貴族院勅選議員。東北帝国大学初代総長・京都帝国大学第5代総長・成城学園創立者・大正大学初代学長。日本にもペスタロッチのような献身的な教育者はいた。彼らは「日本のペスタロッチー」と呼ばれていた。しかし、戦争が始まり、ペスタロッチの名も姿も隠されていった。戦後、1946年5月から47年2...
  • happy-ok3の日記minoriさんのプロフィール
ペーターさん
  • 18/10/03 東農大-拓殖大・学習院大-大正大 【東都大学野球秋季2部・3部リーグ戦】
  • に投げますよね? 一塁に投げる人は初めて見ました。おそらく拓殖大の盗塁・エンドランといった采配に気を使ったのでしょう。常識通りではなく臨機応変にプレーできるところは好きですね。△白石学習院大 0-2 大正大【4回裏】二死1塁から6番坪内がライトへホームランを放ち2点。【学習院大】新井8回【大正大】大黒9回ブログには書きませんでしたが、こちらのカードは春季に観戦しました。三部はたいてい大学のグラウンドで開...
  • 井戸掘り野球観戦記ペーターさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

大正大について