岡倉天心

岡倉天心についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [岡倉天心] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

岡倉天心を含むブログ記事

appelsiiniさん
  • 東山魁夷 すごすぎる
  • や、歳をとるとともに体が衰えるというのが感じられますし、これで体が動かなくなる日が来たらどうしようかとちょっとがっかりしました。ま、人は歳を取るものです。1週間前に今年の院展を見に行きましたが、これは岡倉天心が作った展覧会が綿綿と続いているそうで、横山大観なども有名です。日本画の魅力というのは何と言っても洋画のようなデッサンや遠近法などを飛ばして、それこそまさに幻想的というか妄想的な特徴が色濃いようです。...
  • オレンジころころappelsiiniさんのプロフィール
青い鳥さん
  • 日本画の挑戦者たち 大観・春草・古径・御舟
  • 1898年、岡倉天心が横山大観(1868〜1958)らを率いて創立した日本美術院。創立120年を記念し、大観、春草、古径、御舟を中心に、同院の軌跡をたどる展覧会が、山種美術館で開催されています。<会期:2018年9月15...
  • 美術めがね青い鳥さんのプロフィール
川崎由美子さん
  • 不完全な中に本当の美しさがある
  • と。 でもそれでも何とかなることを信じて取り組み、不完全だからこそ、改善するための過程で気づくこと、一つずつクリアしていく喜び、そういうものは不完全であったからこそ得られるものだなと思いました。 岡倉天心もこんな言葉を残しています。 本当の美は、心の中で未完成なものを完成させようとする者によってのみ、発見されるべきものです いろんなアスリートを見ても、いやアスリートに限らず、失敗や挫折を経ている、苦労...
  • 「自分らしい」外見力を!川崎由美子さんのプロフィール
hondaさん
  • 1690 「絵画の臨界」(稲賀繁美)
  • 附って利用され、大東亜共栄圏思想のプロパガンダに好都合の文献として動員された。野口米次郎を筆頭として、佐藤信衛、とりわけ保田与重郎の周辺にあった浅野晃がこうした利用の代表となる。一九六〇年代末までの「岡倉天心論」は、その反省あるいは反動ゆえか、ひたすら敗戦後の価値観を前提とし、そこから逆に遡って岡倉の著作を読み、そのアジア主義を糾弾する、という論調からなかなか自由になれなかった。そのなかにはあたかも、「天...
  • 図書のささやきhondaさんのプロフィール
アートテラー・とに〜さん
  • 狩野芳崖と四天王
  • 崖四天王。そんな彼らにスポットライトを当てる初の展覧会が、現在、泉屋博古館分館で開催中です。その名も、“狩野芳崖と四天王 ─ 近代日本画、もうひとつの水脈 ─” 。芳崖四天王の一人目は、岡倉秋水。あの岡倉天心の甥にあたる人物です。作風に関しては、四天王の中で一番、師の芳崖らしさを受け継いでいたように思えます。今回出展されていた秋水の作品の中で、個人的にお気に入りなのは、《不動明王》 。岡倉秋水 《不動明...
  • アートテラー・とに〜のここにしかない美術室アートテラー・とに〜さんのプロフィール
Conradさん
  • 狩野芳崖と四天王
  • まで)勝川院四天王とは木挽町狩野派の絵師・勝川院雅信(ただのぶ)の弟子である芳崖、橋本雅邦、木村立嶽、狩野勝玉のこと。雅信は、江戸末期の狩野派では評価の高い父・晴川院養信と違って凡才との声もあり、事実岡倉天心や芳崖や雅邦さえも雅信には批判的なのですが、何百人もいたという幕末の狩野派の中でも雅信率いる木挽町画塾から新時代に即応した画家が輩出されたというのは面白いと思います。木村立嶽は新日本画的な山水図なども...
  • the Salon of VertigoConradさんのプロフィール
ニャンキーさん
  • 鎖国のすすめ。
  • れる開かれた世界。それが、正しいことのように、日本だけではなく世界中のマスコミが報じています。日本はかつて鎖国によって国を閉じ、西洋諸国からは、後進国と見られていました。東京芸大の設立に尽力した思想家岡倉天心は、次のような言葉を残しています。「西洋人は日本が平和な文芸に耽っていた間は、野蛮国と考えていたものである。ところが、日本が満州の戦場に大虐殺を行いはじめてからは文明国と呼んでいる」「我々はあくまでも...
  • 言葉コレクターズ・クラブニャンキーさんのプロフィール
shisyunさん
  • 名古屋ボストン美術館最終展「ハピネス 〜明日の幸せを求めて」
  • の平安を求めて〜 ボストンを中心としたニューイングランド地方は、18世紀以来精神的な豊かさを求める気風が見られ、オルコットやホーソンといった作家やソローなどの知識人を輩出しました。19世紀末に来日し、岡倉天心と共に日本美術を収集したフェノロサやビゲローもまた、東洋に精神的な理想郷を求めて来日したボストニアン(ボストン出身者)でした。ボストニアンが夢見た東洋思想が説く幸せのあり方―心の平安―に思いを巡らせて...
  • 空想俳人日記shisyunさんのプロフィール
ちょいよし専門家 みやちゃんさん
  • 内村鑑三の『代表的日本人』を読む 《日蓮》
  • 通点を見いだし、「代表的日本人』最後の5人目に日蓮をいれたのです。『代表的日本人』は海外の国(特に英語圏)の人々が日本を研究する本として基礎中の基礎となる教科書だそう。(他は、新渡戸稲造の『武士道』、岡倉天心の『茶の本』。この2つを含めて3大教科書) この本に書かれている人物のイメージで日本を見たとき、彼らは今の日本をどのように評価するのでしょうか… 今日もいいことが学べたなぁみなさまには心から感謝申し...
  • ちょいよし わ→るどちょいよし専門家 みやちゃんさんのプロフィール
iaidouさん
  • ●2人の許状式
  • を行ってください。数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。コメントを投稿する「茶の湯」カテゴリの最新記事●2人の許状式●武士と茶道●洞爺道場でお茶の特訓●茶会●茶事について!思う事●大久保喬樹「岡倉天心 茶の本」より●茶の湯者になる為に●T氏の茶会●大寄せの茶会 水屋での動き●茶の美学より記事一覧 | 画像一覧 | 読者一覧 | フォトチャンネル一覧« ●楽譜が音楽に変わる時gooブログ...
  • 私の、チョィと思う事。言いたい事。iaidouさんのプロフィール

岡倉天心を含むトラコミュ

「必読書150」を読む
  • 「必読書150」を読む
  • ○柄谷行人・浅田彰・岡崎乾二郎・奥泉光・島田雅彦・糸圭秀美・渡辺直己らは、『必読書150』という書を刊行しています。この『必読書150』で「必読書」と名指された...
  • トラックバック数:501 TB参加メンバー数:68人カテゴリー:本ブログ
赤倉温泉
  • 赤倉温泉
  • 妙高山の麓の位置する。明治以降にスキーリゾートとして開発された。周辺にはスキー場も多い。滝の湯という露天風呂が存在する。開湯170年を記念して1986年に造られた。足...
  • トラックバック数:110 TB参加メンバー数:13人カテゴリー:スキースノボーブログ
大アジア主義
  • 大アジア主義
  • 岡倉天心』昭和四十五年「アジアの兄弟姉妹よ! われわれの父祖の地は、大いなる苦難のもとにある。今や、東洋は衰退の同義語になり、その民は奴隷を意味している。たた...
  • トラックバック数:17 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:政治ブログ

岡倉天心を含むブログ村メンバー

  •  
れいなじさん
  • 新れいな日記れいなじさんのプロフィール
  • 複数の画像で北茨城市の歴史、観光、ニュースなどをお伝えしています。
ゆきさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

岡倉天心について