田沼意次

田沼意次についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [田沼意次] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

田沼意次を含むブログ記事

夏ちゃんさん
  • つくし先生とリンの勉強の方法
  • 果からお話しました。なぜ?社会が苦手なのか?塾で数学が伸びてきたのに、テストでは結果が残せないのか?つくし先生と、リンの間違いを追求していくうちに聖徳太子はわかるけど何をした人かは、よく理解してない。田沼意次のした事はわかるけど時代背景のストーリーと、前後の人物の絡みがわかってない。そして「この川の名前を答えよ」→アマゾン川◎「アマゾン川の場所を答えよ」→?やはり特性の中で不得意な部分物事がセットで覚えら...
  • 夏ちゃんの日記夏ちゃんさんのプロフィール
長尾景虎の戯言さん
  • 樋口有介著【初めての梅・船宿たき川捕物暦】
  • ば、米造がその間合いで多門の懐へ飛び込み、鉄扇に仕込んである小柄で相手の腋の下をえぐる。また逆に、米造のほうからその技を仕掛ければ一拍だけ多門の側に余裕が生じ、米造の肩から背中は深々と斬りさげられる。田沼意次が老中の世、賂がまかり通り、札差が横行し…。そんな世に蚯蚓御用はいかに動くか?ジャンル:ウェブログランキングに参加中。クリックして応援お願いします!人気ブログランキングにほんブログ村コメントTweet...
  • 長尾景虎の戯言長尾景虎の戯言さんのプロフィール
河合範安さん
  • 270年周期で見る国の運勢
  • 65年の江戸時代=賢者の時代が始まった。江戸時代の265年は、丸々賢者の時代と思えば良い。賢者の時代は、その名の通り賢者が統治するが、徳川家から家康、家光、吉宗という賢者の将軍達が出てきた。萩原重秀や田沼意次みたいな賢者達も出てきた。戦国時代までとは真逆に、江戸幕府は手厚く仏教を保護した。また、階級社会・身分社会であり、士農工商と区分けされて、官僚制も発達した。更には、非常に変化の少ない、平和で安定した時...
  • 河合範安の占い河合範安さんのプロフィール
O-jizou3さん
  • 大樹寺
  • 0歳の割に大きすぎる有章院8いえつぐ満6歳で薨去八代吉 宗155.5大男と喧伝したとも有徳院68よしむね目安箱を設けた九代家 重151.4156cm(増上寺)惇信院51いえしげ脳性麻痺による言語障害、田沼意次・大岡忠光と幕政を改善 十代家 治153.5浚明院50いえはる老中・田沼意次が商業重視政策を採るが、天災や一揆が起こる十一代家 斉156.6文恭院69いえなり松平定信が寛政の改革を断行するが、側近政治...
  • 遊び半分・ついでに観光O-jizou3さんのプロフィール
お散歩パンダさん
  • 「風雲児たち」と「西郷どん」
  • れた西洋。そして、江戸期を通じて何度もあった来航者に慌てふためきながら、確信犯的に何もしない幕府。これら全てがマグマとして地下に溜まり続け、ペリー来航という発火点を機に一気に吹き出した幕末。平賀源内や田沼意次、林子平に松平定信、前野良沢、杉田玄白、最上徳内、司馬江漢…教科書には、徳川期のある一時期を彩る政治家や文化人などとしてのみ出てきますが、「風雲児たち」では彼らの活躍がすべて明治維新へと続く伏線として...
  • 夕焼け空。銭湯にでも行きましょかお散歩パンダさんのプロフィール
zankuさん
  • 剣客商売 第4シリーズ
  • 池波正太郎も人気時代劇 キャストを入れ替えた第四シリーズ 【解説】 江戸中期の田沼意次政権下の時代を舞台に、太平の世と逆行して剣術で身を立てる剣客の活躍を描く、 池波正太郎の痛快時代劇第4シリーズ。 第4シリーズで大治郎が渡部に代わり、山口馬木也が演じる。また三冬が大路恵...
  • 時代劇無料動画チャンネルzankuさんのプロフィール
hondaさん
  • 1589 「フランス革命はなぜおこったか」(柴田三千雄)
  • イ一六世の即位 一七七四年五月一○日午後、フランス国王ルイ一五世は、パリから少し西南に離れたヴェルサイユ宮の一室で息を引き取った。ときに六四歳。日本では第一〇代徳川将軍家治の時代であり、その二年前から田沼意次が老中になっている。 ルイ一五世の死因は天然痘だったため、感染をおそれて別室に隔離されていた孫の王太子ルイ・オーギュストには、王の死は、宮内卿ラヴリイエール公から緊急書面によって伝えられた。王太子は、...
  • 図書のささやきhondaさんのプロフィール
zankuさん
  • 剣客商売 第1シリーズ
  • 「鬼平犯科帳」「仕掛人 藤枝梅安」に続く池波正太郎の代表作、無外流の剣の達人・秋山小兵衛の痛快時代劇。 【解説】 舞台は、幕府老中・田沼意次が権勢をふるった江戸時代中期、安永年間の江戸の町。 剣客・秋山小兵衛は、江戸屈指の剣の達人で、清濁併せ呑む度量の大きな人物。 六十に近い年配ながら、四十歳も年下の娘を妻にし、旨い食べ物にも目がなく...
  • 時代劇無料動画チャンネルzankuさんのプロフィール
根賀源三さん
  • 出鱈目からは出鱈目しか生まれない
  • )を回避し、支援団体の資金をバックにラジオで大量のコマーシャルを流して、世間の反発をかわしているからだ。しかしながら池田大作も100歳を越えたことだし、いままでのパターンで行けるとは考られない。昨今の田沼意次政治を見ていて、疑問に思わないのだろうか。世の中には例外が付きものだが、例外なく言えるのは、出鱈目な政治からは出鱈目な政治しか生まれないということだ。政治は、意見の異なる者がいっしょに暮らすための知恵...
  • <IT・翻訳・行政書士>deサバイバル根賀源三さんのプロフィール
研修隊員さん
  • 315 洗脳された純血エリート
  • 。〜今の在り方はちょっとオカシイからして、昔(祖法)へ帰ろうゼ〜−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−史) あぁなるほど、そういうことなのか。    そうすると、政治的ライバルである田沼意次(1719-1788年)と   徹底的な対立を見せたのも、定信サンが持つその「祖法大事」が   原因だったわけ?   だって、意次サンの政治は従来の「農業重視」の幕府姿勢とは   真逆の「商業重視」に...
  • 日本史探検隊研修隊員さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

田沼意次について