16世紀

16世紀についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [16世紀] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

16世紀を含むブログ記事

宮じいさんさん
  • 花紀行(5298)-ブレイリーNo.2 バラ-
  • フリーページ中欧旅行・ベルリンの壁ポッダム宣言会場会場の外庭サンスーシー宮殿サンスーシー宮殿の庭マイセン工場内作品ドレスデン新レストラン街ドイツ・チェコ国境プラハ城聖ヴィート大聖堂ステンドグラス1ステ...
  • 宮じいさんの花紀行宮じいさんさんのプロフィール
eri-ponさん
  • エリザベスカラーとバブー
  • 馴染みがないかもしれないけれど、「エリザベス・カラー」というのは、「手術、皮膚病、怪我などによる外傷を持った動物が、傷口をなめることで傷を悪化させることを防ぐ為の、円錐台形状の保護具」。その呼称は、「16世紀イギリスのエリザベス朝時代に衣服に用いられた襞襟から来ている」のだそう。種類はいろいろあるけれど、今回バブーがつけてもらったのは、透明プラスチック製のタイプ。夜、寝る時も外しちゃダメ、ということでガム...
  • 真っ白わんこのバブーeri-ponさんのプロフィール
Kumiko hさん
  • レストランの成り立ち、フランス
  • 、お話しさせていただきます。 旅籠屋や居酒屋は昔からありますが、「レストラン」はフランス革命後にでき始めました。もっと昔に遡りますと、 肉の丸焼きやドロドロのシチューなど、お粗末だったフランス料理は、16世紀にイタリアから嫁いだカトリーヌ・ド・メディシスという女性が持ち込んだテーブルマナーや凝った料理により、洗練されていきます。 17世紀のルイ14世の時代には、お抱え料理人たちが競って洗練された料理をこし...
  • フランス家庭料理教室Protéger(プロテジェ)芦屋Kumiko hさんのプロフィール
はっちーさん
  • チューリップ
  • まかな分類  三月下旬から咲く早生種(わせしゅ・そうせいしゅ)  四月上旬から咲く中生種(ちゅうせいしゅ)  四月下旬から咲く晩生種(ばんせいしゅ)  原種及び雑種トルコで栽培されていたチューリップが16世紀にヨーロッパに渡り、オランダを中心に品種改良が進んだ。 17〜18世紀チューリップは高値で取引され、投機の対象となり、チューリップバブル時代がありヨーロッパの経済を混乱させた。和名の鬱金香は、この花の...
  • hachilogはっちーさんのプロフィール
おのっちさん
  • 【名産クイズ】都道府県の色んな名産品を知ろう!!簡単3択問題!全10問
  • 何問解ける?? 答え合わせ ?第1問 1、麦焼酎正解は芋焼酎になります。芋焼酎は南九州でよく栽培されているサツマイモを主な原料としており、鹿児島県だけでなく宮崎県でもよく飲まれています。一方麦焼酎は、16世紀頃に壱岐(現在の長崎県)で最初に作られたと言われています。1960年頃に大分県で作られた麦焼酎が脚光を浴びていくことになります。芋焼酎と麦焼酎では香りが全く違いますのですぐに分かると思いますよ。味の違...
  • みんなのお助け💓NAVIおのっちさんのプロフィール
モクモク羊さん
  • 書評(1136)世界のしおり・ブックマーク意外史 猪又義孝著 deco editorial
  • 字や絵をかいて、くるくる巻いてティトゥーリ(タイトルの語源)という札を付けて保管していたそうだ。  ヨーロッパに移ると、中世に大きな聖書を読むときに、聖職者の聖衣をブックマークとして利用していた。16世紀になって、本に背ができて、タイトルが書かれるようになった。  アジアに行くと、中国において紀元前に使われるようになった竹簡、木簡に、竹の札「籤(せん)」や獣骨や象牙の札「牙籤」を付けていた。9世紀...
  • 書評モクモク羊さんのプロフィール
うさぴょんさん
  • 警戒レベル!!
  • 大浪池や大幡池は、火口に水が溜まってできた火口湖だ。 近年では新燃岳の活動が目立つが、これらの火山に囲まれたえびの高原にそびえる標高1317メートルの硫黄山は、霧島連山のなかで最も新しく、14世紀から16世紀にかけてマグマ噴火を起こした「生きた火山」だ。 また地下には、2011年の新燃岳の噴火の際に、マグマを供給していた可能性があると推察されるマグマだまりの存在が示唆されていた。 気象庁は、硫黄山から約2...
  • うさぴょんうさぴょんさんのプロフィール
ただのデブさん
  • 長野県飯田市で大規模な火災(飯田大火) 1947年4月20日
  • 。  飯田大火が契機になって、防火帯として、リンゴの並木作られ、今では街のシンボルになっています。 ?4月20日 誕生花:カイドウ花言葉:?温和、美人の眠り???小谷城跡:浅井長政「屋敷跡」から遺構 16世紀の?皿や溝?? 戦国大名の浅井長政(1545〜73)の居城だった滋賀県長浜市の国史跡・小谷(おだに)城跡で、城主の御屋敷跡と伝わる場所から石組みの溝や土塁、陶器類などが初めて見つかった。調査は来年3月...
  • ただのデブのブログただのデブさんのプロフィール
RealKei JPさん
  • 大分市美術館「ふるさと 大分の洋画家たち」備忘録
  • 割とスグ、街の巡回バス(100円)も利用ができる場所にある。今回の「ふるさと 大分の洋画家たち」はそのタイトル通り、大分出身の画家の作品展だ。九州は日本史が始まって以来朝鮮や中国から多大な影響を受け、16世紀以降は南欧と西欧の文化が入り込んできた土地である。大分といえばキリシタン大名大友宗麟が有名で、この人が南蛮文化を積極的に取り入れたのは、後に大分から著名な洋画家を輩出することに関係してくるのだろう。J...
  • 身軽に気軽に移動のできる、創造的な人生を送るRealKei JPさんのプロフィール
Ernesto Mr. Tさん
  • ハビエル・アスペイティア(Javier Azpeitia) 『ヴェネツィアの出版人』(El impresor de Venecia)本日刊行
  • 八重樫由貴子訳   500年前のヴェネツィアで自由な表現を求め続けた出版人アルド・マヌーツィオの物語であります。ギリシャの古典を掘り起こして出版し、必要な活字を作り、古典を八つ折の小型本で売り出した、16世紀ヴェネツィアの反骨の印刷者アルド・マヌーツィオ。2015年の没後500年に欧州各地で記念行事が開催されました、近代出版の祖とも言うべき実在の人物を中心とする歴史小説です。アルド・マヌーツィオが生涯を掛...
  • スペイン, 言語, 文学, 映画, 闘牛,+雑学Ernesto Mr. Tさんのプロフィール

16世紀を含むトラコミュ

ペーパークイリング
  • ペーパークイリング
  • ペーパークイリング用トラコミュです。(ペーパーフィリグリー、コイリングともいわれています)は、15〜16世紀頃、フランスやイタリアの教会の修道女が宗教的用具を美...
  • トラックバック数:354 TB参加メンバー数:16人カテゴリー:ハンドメイドブログ

16世紀を含むブログ村メンバー

  •  
高野聖さん
  • 薔薇の王国高野聖さんのプロフィール
  • 英国史16世紀に活躍した女王や王妃、のエピソード。万葉集にまつわる歴史小説もあります
RONパパさん
ファンさん
  • ファン・ジニファンさんのプロフィール
  • ファン・ジニはNHKで放送されている韓国ドラマ。見てファンになりました。

にほんブログ村

>

キーワード

>

16世紀について