涅槃図

涅槃図についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [涅槃図] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

涅槃図を含むブログ記事

おたまおばさんさん
  • 涅槃図
  • 涅槃図の豊かに残る丹色かな第16回鎌倉全国俳句大賞小澤實先生入選...
  • おたまおばさんの谷中・根津・千駄木散歩おたまおばさんさんのプロフィール
けいママさん
  • ボストン美術館から珠玉の名品
  • にかけてのフランス絵画、ジョージア・オキーフやエドワード・ホッパー、アンディ・ウォーホールなどのアメリカ現代美術まで、約80点の名品が展示されている。あ、村上隆もありました。  日本美術では英一蝶の『涅槃図』に圧倒される。掛け軸になっている巨大な絵で、画面だけでタテ3m近い。釈迦の入滅を悲しむ人々や鬼、さまざまな動物、鳥、昆虫が見事な筆づかいでいきいきと表現されている。清朝の陳容が描いた『九龍図巻』も素...
  • 神戸栄町かぜくさ便りけいママさんのプロフィール
la Renonculeさん
  • 予定は狂ったけど、それはそれでよかった休日
  • の展覧会をみてきました。混雑しているかと思いきや、空いていてびっくり(笑)見る方としては嬉しい限りですけどゴッホやモネから与謝蕪村、現代アートまで、さまざまな絵や作品をみることができてよかったです。「涅槃図」は明治時代にボストン美術館へ渡ってから初の里帰りだそうです!この絵のレプリカが入り口にあって、一緒に写真撮れますよ。そして、この後ちょっと三ノ宮をぶらっとしてから県立美術館へ行こうと思っていたのです...
  • 色とファッションで魅力を引き出すコンサルタントla Renonculeさんのプロフィール
TICさん
  • 2017年12月19日(火)開催「活性炭の技術開発動向と賦活・設計・利用・再生技術」セミナーの再ご紹介!
  • 蔵の色々な時代の色々な美術品を楽しむことが出来ました。ミレー、モネ、ゴッホなど美術音痴な私でも聞いたことがある人の絵もありましたが、一番印象的だったのは入り口のポスターにもなっている日本美術の英一蝶「涅槃図」です。解体修理をしたばかりとのことで、近くで見ても綺麗でしたし、お釈迦様の周りの動物たちがとても生き生きと描かれていて、帰りのショップでその動物たちが全面に散りばめてある柄の手ぬぐいを思わず購入して...
  • (株)技術情報センター スタッフブログTICさんのプロフィール
禅文化研究所さん
  • サンガセミナー2017第5回終了 その2
  • で作って頂き、ありがたいことです。色づいたモミジもまだ愉しむことができ、参加者の方々も時間前に写真撮影されておりました。午後からの講座は、信州の長谷寺(真言宗智山派)のご寺庭である岡澤恭子さんによる「涅槃図お絵解き講座」、2年ほど間をおいての講座となりますが、参加者はなんと35名にものぼりました。まず最初に「お絵解き」とは何か。お絵解きの歴史などについてお話をいただきました。そして、流れるように「お絵解...
  • ブログ禅禅文化研究所さんのプロフィール
kayokoさん
  • ボストン美術館の至宝展に行きました(*^^*)
  • した。古代エジプト美術のところは、ゴールドのチョーカー(ネックレス)が綺麗でした(よく見ると綺麗だけではない作品です)中国美術のところは、長い巻物のような龍の絵が印象に残りました。日本美術では英一蝶の涅槃図や、曾我蕭白の風仙図屏風が面白かったです。フランス絵画はゴッホの作品、モネの作品、静物画を興味深く観ました。アメリカ絵画の、ジョン・シングルトン・コプリーの写真のような肖像画、良かったです。日本の村上...
  • ピアノの音で幸せを届けます ♪kayokoさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

涅槃図について