吉田稔麿

吉田稔麿についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 日本の古い因習を捨てて 新しい時代を☆.。.:*・
  • [吉田稔麿] ブログ村キーワード[松下村塾] ブログ村キーワード東日本大震災から4年。今尚避難生活を送っておられる方々や家族を失くした方々へ哀悼の意を表し、お見舞い申し上げます。(週1回日曜に更新しています為、遅れてしまいましたことをお詫び申し上げます)どんな言葉を書けばいいのだろう?何もできない自分を思うと、わざとらしい気もしますが。。やはり、念頭に決めた通り、“花燃ゆ”の維新の頃から感じたことより『花・・・続きを読む
  • 薬剤師の不養生 モービック(mobic)さんモービック(mobic)さんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

吉田稔麿を含むブログ記事

田邊 誠さん
  • 天下は、万民のためになし。
  • 方正義 第4代・第6代:鹿児島市山本権兵衛 第16代・第22代:鹿児島市維新後に西南戦争の禍を起こした薩摩閥が長州に後れをとる。長州出身者思想的源流吉田松陰:松下村塾門下生を調べてみる久坂玄瑞高杉晋作吉田稔麿入江九一伊藤博文山縣有朋前原一誠品川弥二郎山田顕義野村靖正木退蔵松浦松洞増野徳民桂小五郎:木戸孝允そうそうたる塾生が在籍していた。松陰自身は、享年満29歳、開国前の幕府により安政の大獄で処刑されている...
  • おやじの日記田邊 誠さんのプロフィール
orimasaさん
  • 平成日本紀行(176) 萩 「吉田松陰」(6)
  • 治維新で、尊王の志士達が活躍する人物が多く輩出するのである。因みに、松蔭をめぐる主な人たちは・・、 【松下村塾の弟子】 高杉晋作、久坂玄瑞(くさか げんずい、妻は吉田松陰の妹、尊皇攘夷派の中心人物)、吉田稔麿(よしだ としまろ、長州藩の活動家、久坂玄瑞、高杉晋作、そしてこの吉田稔麿を称して松陰門下の三秀という)入江杉蔵、金子重之助等など(以上、維新前活躍)・・、伊藤博文、品川弥二郎、野村和作、前原一誠等な...
  • 日本周遊の旅orimasaさんのプロフィール
orimasaさん
  • 平成日本紀行(176) 萩 「吉田松陰」(5)
  • 尊皇攘夷を実現すべし」という「暴発論」が長州藩の大勢をしめるようになっていった。 京では新撰組が三条の池田屋を急襲し、「武装蜂起を決行しようとした」として斬り殺された尊皇派志士の中に、松陰のまな弟子、吉田稔麿や親友だった宮部鼎蔵がいた。 この事件が引き金となり、長州藩は暴発する。  翌7月、長州軍は三方から京に攻め上がったが、幕府、薩摩、会津の連合軍に撃退される。 所謂、「蛤御門の変」である。この時から彼...
  • 日本周遊の旅orimasaさんのプロフィール
orimasaさん
  • 平成日本紀行(176) 萩 「吉田松陰」(6)
  • 明治維新で、尊王の志士達が活躍する人物が多く輩出するのである。因みに、松蔭をめぐる主な人たちは・・、【松下村塾の弟子】 高杉晋作、久坂玄瑞(くさか げんずい、妻は吉田松陰の妹、尊皇攘夷派の中心人物)、吉田稔麿(よしだ としまろ、長州藩の活動家、久坂玄瑞、高杉晋作、そしてこの吉田稔麿を称して松陰門下の三秀という)入江杉蔵、金子重之助等など(以上、維新前活躍)・・、伊藤博文、品川弥二郎、野村和作、前原一誠等な...
  • 国内旅行(G)orimasaさんのプロフィール
orimasaさん
  • 平成日本紀行(176) 萩 「吉田松陰」(5)
  • 尊皇攘夷を実現すべし」という「暴発論」が長州藩の大勢をしめるようになっていった。 京では新撰組が三条の池田屋を急襲し、「武装蜂起を決行しようとした」として斬り殺された尊皇派志士の中に、松陰のまな弟子、吉田稔麿や親友だった宮部鼎蔵がいた。 この事件が引き金となり、長州藩は暴発する。 翌7月、長州軍は三方から京に攻め上がったが、幕府、薩摩、会津の連合軍に撃退される。所謂、「蛤御門の変」である。この時から彼らは...
  • 国内旅行(G)orimasaさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

吉田稔麿について