環濠集落

環濠集落についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [環濠集落] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

環濠集落を含むブログ記事

自転車野朗の放浪記さん
  • 京名和自転車道走り唐子・鍵遺跡へ
  • の為に新しく整備された唐子・鍵遺跡に見学して帰ります。「唐古・鍵遺跡(からこ・かぎいせき)は、奈良盆地中央部、標高約48メートル前後の沖積地、奈良県磯城郡田原本町大字唐古及び大字鍵に立地する弥生時代の環濠集落遺跡。」...
  • 還暦から始めたロードバイク自転車野朗の放浪記さんのプロフィール
ミトラさん
  • 古代の公害問題、飛鳥も平城京も不潔だった
  • e65b4192.jpgより引用古代人は不潔だった今回は古代の公害問題についてです。縄文時代とか弥生時代とか古墳時代には公害なんてなくて、美しい理想郷だったとか思うかも知れませんが違います。去年奈良の環濠集落を見に行きましたが、2000年以上前の弥生集落の「区割り」が残っていました。集落の周りを堀で囲み、堀を掘った土で土塁を作り、おそらく「竹やり」とかを立てて防御していたようです。縦横100mほどの面積に...
  • ミトランブログ 古墳と日常ミトラさんのプロフィール
architectecさん
  • 奈良天理・竹之内環濠集落にて
  • 盗賊や野武士等の外敵から守るために周囲に壕をめぐらせた環濠集落。わずかに残っている壕の跡をスケッチ。 にほんブログ村...
  • architectecの楽画喜帖architectecさんのプロフィール
ピーミィさん
  • ドヴァーラヴァティー王国の遺跡その4 - シー・マホソット考古学サイトとサ・ケオ遺跡
  •  今日は、タイ国プラチンブリ県のシー・マホソット考古学サイトとサ・ケオ遺跡です。1.シー・マホソット考古学サイト シー・マホソット考古学サイトは、ドヴァーラヴァティー時代の大きな環濠集落跡とラテライトの石切場( サ・ケオ遺跡は)からなります。ドヴァーラーヴァティー国王時代の大きな遺跡で,当時の町は壕と土壁で囲まれていたことが分かります。遺跡の中には100ヶ所以上もの盛り土,池,井戸が...
  • タイ・ネイチャリングピーミィさんのプロフィール
野島博之さん
  • 【図解日本史9】小国の分立
  • ト 最新の教科書には、弥生時代中期の奈良県田原本町唐古・鍵遺跡(たわらもとまちからこ・かぎいせき)について、「直径400〜500メートルの集落を4重ほどの濠がかこむ」という表現が加えられた。(コラム「環濠集落と高地性集落」、『詳説日本史』p.20)。 もう一度紹介します。 防災ブック『東京防災』 すべての都道府県民が所持していてもよいものです(無料)。 内容や入手方法などについてはこの記事をご覧ください...
  • 日本史野島博之のグラサン日記野島博之さんのプロフィール
路爺さん
  • 【奈良】大和郡山〜筒井
  • ました。場所は、大和郡山から筒井。裕福な土地柄なのか?路地景や建物、神社の意匠がほぼ同じ=比較的近年に更新された?〜で「おおおお!!コナレもの!!」的なモノが少ない場所でありました。しかしながら・・・環濠集落の集積地で、あちらこちらに〜 ブルーグラス大好きな私には地名的にすごく気になった場所が・・・当然ながらバンジョー弾きの城田さんが住んでいるわけでなく・・・野には石仏・・・でなく役行者の像が、あちら、こ...
  • 道草画日記路爺さんのプロフィール
ピーミィさん
  • ドヴァーラヴァティー王国の遺跡その3 - サ・モラコット遺跡
  • 最も古い遺跡はたいてい未だクメール帝国が西進して来たり、タイ族が南下してくる以前のドヴァーラヴァティー王国時代のものです。 現在のプラチンブリ県シー・マホソット郡とその近くはドヴァーラヴァティー時代の環濠集落跡があったり、ドヴァーラヴァティー時代の湧水や村落跡が多く残る場所で、この遺跡も、ドヴァーラヴァティー時代に上座部仏教寺院として建てられ、その後クメールの勢力下におかれた12〜13世紀のジャヤヴァルマ...
  • タイ・ネイチャリングピーミィさんのプロフィール
ピーミィさん
しかぞうさん
  • 唐古遺跡いってきました
  • 見えてきましたよ。唐古・鍵遺跡です。こんなに近くで見るのは初めてです。 唐古・鍵遺跡は、奈良盆地中央部、標高約48メートル前後の沖積地、奈良県磯城郡田原本町大字唐古及び大字鍵に立地する弥生時代の環濠集落遺跡です。 現段階の調査で認知されている遺跡面積は約30万平方との事です。 やっぱり奈良県は遺跡の宝庫ですねえ。 あちらこちらにいっぱいあります。 『ランキングに参加しています。ぽちっ...
  • シニアのスローライフ〜しかぞうのつれずれ日記〜しかぞうさんのプロフィール
ミトラさん
  • 黒滝村の長瀬八幡神社に上る
  • 古の神社すらその歴史は「最近」にすぎない(写真は大神神社…2018-03-24欽明天皇陵の周辺を探索してみた鬼の雪隠は台座からすべり落ちてここに落ち着いたらしい 鬼の遺…2018-03-13弥生時代の環濠集落を見に行く保津環濠集落 環濠集落は弥生人の村 今回は奈良県の保津環濠集…2018-02-26橿原考古学博物館を訪問 はにわレプリカが充実2017年11月15日に橿原市博物館に行ってきた時の様子です。ス...
  • ミトランブログ 古墳と日常ミトラさんのプロフィール

環濠集落を含むトラコミュ

城めぐり
  • 城めぐり
  • 日本には3万とも4万とも言われる城跡が残っています。メジャーな近世城郭から、名も無き山城や環濠集落、幕末台場、さらには朝鮮半島に残る倭城まで。城を愛する人のトラ...
  • トラックバック数:6 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:その他趣味ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

環濠集落について