おくのほそ道

おくのほそ道についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [おくのほそ道] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

おくのほそ道を含むブログ記事

hanaさん
  • 世界への旅と、内面への旅。最も広い世界は、自分自身の中にある。
  • 、沖縄、山形。時を超える4つの旅。林 芙美子『摩周湖紀行』(北海道 _ 道東)白洲正子『かくれ里』(奈良_ 明日香・吉野・葛城)澤地久枝『琉球布紀行』(沖縄_ 南風原・首里・読谷村・喜如嘉)田辺聖子『おくのほそ道を旅しよう』(山形_ 最上・出羽・庄内)人の意識は、現実にそこに行かなくても、時を超え、空間を超えて行ける不思議なものなのかもしれません。読書の秋、内側への旅にふけってみるのも悪くないなあと思います。...
  • hana diary〜44歳のシンプルライフhanaさんのプロフィール
貢蕉の瞑想さん
  • 無花果と 大神神社の芭蕉句碑
  • 日午後3時57分。夕刻であった。「御足ひたし所」というテーブル付きベンチが新たにセッティングされていた。そこで休む時間もままならず、芭蕉句碑とその傍にある、室の八島の散策を開始。 今回は、芭蕉句碑。 おくのほそ道「室の八嶋」の条 全文掲載板芭蕉句碑と説明芭蕉句碑芭蕉句碑の説明芭蕉の句は、「糸遊に 結びつきたる けむりかな」 。 解説によると、「昔、この辺りから不思議な煙が立ち上っていたといわれ、『室の八嶋に立...
  • 貢蕉の瞑想貢蕉の瞑想さんのプロフィール
しんそう方は無痛でからだの形をなおす方法です しんさん
  • 大神神社(室の八嶋)2017年9月7日
  • 下2-351上尾駅より徒歩20分定員:20名申し込み問い合わせ先:しんそう上尾西宮下岡田先生:09027220678お誘い合わせの上どうぞお越し下さい。お待ちしております。第一水曜日と木曜日は芭蕉の「おくのほそ道」を辿る小旅行と決め二日目9月7日は大神神社(室の八嶋)を目指しました。曾良の随行日記に寄れば芭蕉は27日第一夜を粕壁に泊まり翌28日は間々田に一宿29日室の八嶋を訪れている。室の八嶋は日本書紀、古事...
  • しんそう方は無痛でからだの形をなおす方法です しんしんそう方は無痛でからだの形をなおす方法です しんさんのプロフィール
しんそう方は無痛でからだの形をなおす方法です しんさん
  • 栗橋宿跡
  • 栗橋宿跡2017年09月22日 20時18分33秒 |日記予てより芭蕉の「おくのほそ道」を辿りたいと言っていた夫の希望に添って第一水曜日と木曜日は小旅行に出ることとしました。以前、ずっと若い頃、夫と象潟まで辿ったことがありますが記憶がはっきりしなくなってしまったので一から出直すこととし...
  • しんそう方は無痛でからだの形をなおす方法です しんしんそう方は無痛でからだの形をなおす方法です しんさんのプロフィール
豊橋の学習塾さん
  • 奥の細道「平泉」|原文・現代語訳・品詞分解・意味と解説【第228話】
  • っているのである】五月雨の降り残してや光堂【年々振り続けた五月雨も、ここだけは振り残したのであろうか。数百年の時を経た今でも光堂は光輝き、かつての栄華をしのばせていることだ】【動画】 【中学国語 】 おくのほそ道?《平泉 その一》 中3 古文講座 無料版...
  • 豊橋の学習塾「とよはし練成塾」豊橋の学習塾さんのプロフィール
kaino-saraoさん
  • 大江戸歴史散歩(2017-9-? (芭蕉庵~清澄庭園~富岡八幡宮を歩く)-3
  • 13 もと霊巌寺の塔頭紀伊国屋文左衛門」の墓と石碑南総里見八犬伝の作者滝沢馬琴生誕地はマンション建設中の仮囲で見えませんでした。 採茶庵跡松尾芭蕉の門人でパトロンであった杉山杉風の別邸採茶庵の跡で「おくのほそ道」はここからすぐ北の仙台堀川に船を浮かべ隅田川に漕ぎ出し千住まで行く船旅が始まりだそうです。<続く>『たのしい』 ジャンルのランキングコメントTweet...
  • 野次馬オヤジの見てある記kaino-saraoさんのプロフィール
うさぎおやじさん
  • 「J2&J3フットボール漫遊記」宇都宮徹壱
  • 私は行っていませんが先週の土曜日に、町田市立国際版画美術館でFC町田ゼルビアをテーマにした展示会を開催中のながさわたかひろさんと、この本の著者のトークショーが行われたはずです。昨年出版の「サッカーおくのほそ道」で2017サッカー本大賞を受賞した宇都宮徹壱さんの最新刊が「J2&J3フットボール漫遊記」。過去の著書ではJFLや地域リーグのクラブが多く取り上げられていましたが、本書ではJ2とJ3に所属する(取材...
  • うさぎおやじ日記うさぎおやじさんのプロフィール
豊橋の学習塾さん
a87427さん
  • 福島の青い空(116)現代に生きる上杉万年堂
  • 灌漑された面積は1700haと言われています。ここに現在の信夫、伊達方部の水利の基礎がつくられたわけです。私は水利土木遺産を見て往年の人々の生活を想像するのが好きで福島のあちこちを歩きました。芭蕉が「おくのほそ道」でこの辺を歩いたのは1702年(元禄2年)です。その当時、西根堰は全部完成して美しい水がとうとうと流れていたと思います。書庫に「西根堰紀行」「代官川を遡る」があります。1664年(寛文4年)上杉藩は...
  • 私の原発日誌a87427さんのプロフィール
manoanakaさん
  • 9月15日、16日の快虎くんは?
  • ジンをかけっぱなしのためうるさいです。でも仕方ない。9月16日(土)A5ゴロ福島県鏡石SAを出発。会津磐梯山を見ながら走って走りまくり岩手県平泉ICで下り。目標としていた?平泉中尊寺です。松尾芭蕉が、おくのほそ道で五月雨の降残してや光堂。と詠んだことも有名だそうです。火災によって、多くの堂塔が焼失したなか金色堂だけが創建当初のまま残り、その堂内には奥州藤原氏4代のご遺体が納置されているそうです。ちょうどお昼な...
  • 甲斐犬 快虎(かいと)くん!manoanakaさんのプロフィール

おくのほそ道を含むブログ村メンバー

  •  
楽しんでこそ人生!ー「たった一度の人生 ほんとうにさん
中国痴呆建設局さん
矢部 しょうへいさん
roubaix105さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

おくのほそ道について