中枢神経

中枢神経についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [中枢神経] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

中枢神経を含むブログ記事

dobosokuさん
jacktheripper25さん
  • 【インド】野生サル「ガソリン盗み飲み」 バイクのホース抜いて旨そうにゴクゴク
  • っている。こんなことが1度や2度ではなかった。オートバイを見張っていると、どこからか野生のサルがやってきて、エンジンにガソリン送るホースを引き抜いて飲み始めた。それも、1匹や2匹ではなかった。 ■中枢神経麻痺させる依存症 司会の羽鳥慎一「すごいねえ。おいしいんでしょうか」  東京慈恵会医科大学の柳澤裕之教授は「臭いに引き寄せられたのではないか」とみている。ガソリンの臭いは、サルにとって甘く芳し...
  • ぎぎぎ速報jacktheripper25さんのプロフィール
あいぞうさん
  • 赤ちゃんなぜ泣き止まない!!って時
  • んってなるよね。 そうでなくても遠い記憶の中でも うんうんって人もいらっしゃると思う。 赤ちゃんって自発的運動とか考えて何かをするってことは 生まれてすぐにはあんまりなくって 『反射』って呼ばれる 中枢神経からの動き。 ほら 授乳するときに一生懸命吸おうとしますよね。 あれは『吸綴反射』って言います ほかに『モロー反射』とか聞いたことがある人もいらっしゃると思います。 原始反射と言うのですが、 意味とし...
  • 岐阜&愛知でベビーマッサージ教室 〜Pokka Poka〜あいぞうさんのプロフィール
臣さん
  • [セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス]うつ病に効くハーブは、育毛効果がある成分です。
  • 方で、国によっては、毒草として登録されている場合があります。セント・ジョーンズ・ワートは、古代ギリシア、ネイティブアメリカなどでは、人工中絶剤として用いていた歴史もあり、家畜が食べた場合、光敏感反応、中枢神経抑制、流産等の問題があり、一部では、殺虫剤として使用されていた例もある植物です。それでも、セント・ジョーンズ・ワートは、ハーブとして長年愛好されている理由としては、うつ病に効果があるとされている点であ...
  • 伊豆工房臣さんのプロフィール
na2ka4さん
  • 人類の祖先はハエだった!?東京大学の研究チームが解明!
  • は、キイロショウジョウバエを使って一部の種類の細胞だけで遺伝子の発現を誘導できるような遺伝子組み換え系を作製。これをスクリーニングすることによって、すべての種類の体性感覚細胞をそれぞれ特異的に操作し、中枢神経系に伸びる神経線維を解析することに成功した。このように、感覚神経系のなかの特定の1種類だけの神経で活動を検出したり機能を操作したりする実験は、哺乳類の実験動物では非常に難しいという。 今回明らか...
  • あのころのna2ka4さんのプロフィール
upartsさん
  • 甲状腺の病気 橋本病について?:橋本病の症状
  • の器官です。甲状腺は、代謝、成長、温度、エネルギーの調節に関与しているので、甲状腺ホルモンのバランスが乱れると、健康にもさまざまな影響があらわれます。甲状腺疾患の症状甲状腺に異常をきたすと、代謝異常、中枢神経系の乱れ、体温調整機能の不全、筋力の低下、月経周期の乱れ、コレステロールへの影響、体重増加などがみられます。橋本病は、甲状腺ホルモンの分泌が減少する病気なので、甲状腺機能低下症の状態となります。甲状腺...
  • 養蜂専門のTCNupartsさんのプロフィール
Super源さんさん
  • トウガラシを食べると肥満防止になる?
  • ど、トウガラシの入った辛い食べ物が食欲をそそるのも、この成分が消化吸収を助けるためです。 さて、このカプサイシンには、体内のエネルギー消費を促進させる効果があります。体内に取り込まれたカプサイシンは、中枢神経(ちゅうすうしんけい)を刺激することによって、副腎皮質(ふくじんひしつ)からアドレナリンなどのホルモンの分泌(ぶんぴつ)を促(うなが)します。これによって、脂肪分解酵素のリパーゼが活性化され、エネルギ...
  • 雑学とトリビアの杜Super源さんさんのプロフィール
とりっくさん
  • 九州H28)登録販売者試験過去問 漢方・生薬の問題解説/出題傾向
  • 等の副作用が現れることがある。2 )ベラドンナはナス科の草本で、その葉や根に、交感神経系の働きを抑える作用を示すアルカロイドを含む。3 )プソイドエフェドリン塩酸塩は、他のアドレナリン作動成分に比べて中枢神経系に対する作用が 強く、副作用として不眠や神経過敏が現れることがある。4)クロルフェニラミンマレイン酸塩は、ヒスタミンの働きを抑える作用を示す成分として用いられ る。正答 2ベラドンナは抗コリン成分で...
  • 絵で覚える登録販売者とりっくさんのプロフィール
とりっくさん
  • マオウ[かぜ薬他]生薬の覚え方・暗記方法・語呂合わせ
  • 、 チュウマオウ又はエフェドラ・エクイセチナの地上茎を基原とする生薬。アドレナリン作動成分(交感神経刺激)→鼻粘膜の充血を和らげ、気管・気管支を拡げる。発汗促進、尿量増加(利尿)の作用にも期待される。中枢神経系に対する作用が他の成分に比べ強いとされ、依存性がある成分のため注意。心臓病、高血圧、糖尿病、甲状腺機能障害の人は使用前に医師等に相談すること。高齢者は、心臓病や高血圧、糖尿病の基礎疾患がある場合が多...
  • 絵で覚える登録販売者とりっくさんのプロフィール
t.ken(ペンネーム 田山健)さん
  • 小児慢性特定疾病
  • 性腫瘍59 副腎皮質癌 甲状腺癌61 上咽頭癌62 唾液腺癌63 悪性黒色腫64 褐色細胞腫 悪性胸腺腫66 胸膜肺芽腫67 気管支腫瘍68 膵芽腫69 27から68までに掲げるもののほか、固形腫瘍(中枢神経系腫瘍を除く。) 毛様細胞性星細胞腫71 びまん性星細胞腫72 退形成性星細胞腫73 膠芽腫74 上衣腫 乏突起神経膠腫(乏突起膠腫)76 髄芽腫77 頭蓋咽頭腫78 松果体腫79 脈絡叢乳頭腫 髄膜...
  • t.kenの「オーディオの実験室2」t.ken(ペンネーム 田山健)さんのプロフィール

中枢神経を含むトラコミュ

覚醒剤
  • 覚醒剤
  • 覚醒剤(かくせいざい)とは、狭義には覚せい剤取締法で規制されている薬物であり、規制対象としての覚醒剤は「覚せい剤」と記載される。広義には脳内を刺激させる中枢神経...
  • トラックバック数:41 TB参加メンバー数:20人カテゴリー:ニュースブログ
ギラン・バレー症候群
  • ギラン・バレー症候群
  • ギラン・バレー症候群( - しょうこうぐん、Guillain-Barré syndrome)とは、急性・多発性の根神経炎の一つで、主に筋肉を動かす運動神経が障害され、四肢に力が入...
  • トラックバック数:1 TB参加メンバー数:1人カテゴリー:病気ブログ

中枢神経を含むブログ村メンバー

  •  
岡山中枢神経障害リハビリ研究会さん
himawariさん
音響免疫療法患者の会さん
たろひゃんさん
ひろぶさん

中枢神経を含むアンケート&掲示板

  •  
  • うつ病治療に薬は必要か?レス: 0/24(29件)メンタルヘルスブログ
  • あと睡眠薬、等々です  ※トランキライザーは精神安定剤のこと  ※向精神薬は  中枢神経系に作用し、  生物の精神活動に何らかの影響を与える薬物の総称(ウィキより)   ※麻薬...

にほんブログ村

>

キーワード

>

中枢神経について