中枢神経

中枢神経についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [中枢神経] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

中枢神経を含むブログ記事

吉田あいさん
  • 赤ちゃんの突然の痙攣と熱!熱性痙攣の対処法
  • 性けいれん診療ガイドライン2015」によると、熱性けいれんの定義は「主に生後6〜60か月までの乳幼児期に起こる、通常は38℃以上の発熱に伴う発作性疾患(けいれん性、非けいれん性を含む)で、髄膜炎などの中枢神経感染症、代謝異常、その他の明らかな発作の原因がみられないもので、てんかんの既往のあるものは除外される。」とされています。体が硬直して、本人の意思とは関係なく筋肉が収縮を起こし、手足がピクッピクッと動き...
  • 赤ちゃんの子育てブログ吉田あいさんのプロフィール
鬼女速管理人さん
女のデイ&ナイトあんてなさん
星ックスさん
  • 上地結衣(車いすテニス)の歩けない原因と年齢や身長、彼氏は?(炎の体育会TV)
  • 調べますね上地結衣の歩けない原因原因の病気は先天性の潜在性二分脊椎症10,000件に6名の発症率で妊娠3週頃に神経管がうまく形成されない事が原因の一つつまるところ赤ちゃんの時に上手いこと脳や脊髄などの中枢神経系のもと(神経管)が作られないのが原因ということになりますそれでもしばらくは歩行器を付けて歩くことが出来ていたが成長とともに歩行困難になったそうですしかしそれでも小学校4年生の終わりごろあたりからはス...
  • 日陰者の思い付きブログ星ックスさんのプロフィール
アルハカさん
  • 海馬に関するメモ・覚え書き
  • IGF-1・細胞誘引物質の投与による障害部位への新生ニューロンの移動の促進・栄養因子による細胞の生存を促進する方法 ※ドーパミンニューロンを作るような内在性の神経幹細胞や前駆細胞は見つかっていない。 中枢神経系再生の基本1 神経軸索の再生  薬物療法セマフォリン3A阻害薬脊髄を完全に切断したラットに投与→かなり動かせるようにhttp://www.yokohama-cu.ac.jp/univ/pr/pres...
  • アルツハッカー 若年性アルツハイマーブログアルハカさんのプロフィール
KOGさん
  • <年をとると脳はどう変わる5>
  • の終末産物であるadvanced glycation endproducts(AGE)が高齢者やアルツハイマーの方の脳に蓄積することが知られており、このAGEが AGE 受容体と結合し、ミクログリア(中枢神経系に存在する常在性マクロファージとも言われる)の活性化を促し、フリーラジカルやサイトカインの放出をもたらし、その結果神経細胞が破壊されることも言われている。AGEsは糖尿病、アテローム性動脈硬化症、慢...
  • 健康サプリどうでしょう情報局 BY KOGKOGさんのプロフィール
発達さん
  • 学習障害とはどんな発達障害なのか?2つの情報処理能力の障害!
  • 習障害とは、基本的に全般的な知的発達の遅れはないが、聞く、話す、読む、書く、計算する又は推論する能力のうち特定のものの習得と使用に著しい困難を示す様々な状態を指すものである。学習障害は、その原因として中枢神経系に何らかの機能障害があると推定されるが、視覚障害、聴覚障害、知的障害、情緒障害などの障害や環境的な要因が直接の原因となるもではない。」とされています。得手不得手の差の大きさが特徴!人は誰にでも得手不...
  • 発達障害とうまく付き合っていくための体験談サイト発達さんのプロフィール
Dr.ゆうこりんさん
  • 尿での代謝・環境汚染物質検査
  • まずは、環境汚染物質がどれだけ体内にあるのか?ベンゼン・トリメチルベンゼン・トルエン・キシレン・パラベンなどなどこれらは石油や排気ガス、スプレーやヘアジェル、ビニールやプラステック製剤に含まれています中枢神経に影響を及ぼし鬱になったりめまいや気分障害の原因になる場合もあります細胞代謝の事実上すべての経路となる中間化合物である有機酸類をチエックする事により自身に不足しているビタミン・ミネラルを調べますこれら...
  • Dr.ゆうこりんのダイエット・アンチエイジングブログDr.ゆうこりんさんのプロフィール
upartsさん
  • 亜鉛不足の原因と症状のまとめ
  • 係し、人間の身体にとってなくてはならない栄養素です。亜鉛欠乏は、世界的な健康問題で、特に発展途上国で亜鉛欠乏の割合が多いことが分かっています。先天的及び後天的な亜鉛の欠乏はどちらも人間の皮膚、胃腸系、中枢神経系、免疫系、骨格系、生殖系に影響を及ぼします。今回は、亜鉛欠乏の原因と症状をまとめてみたいと思います。亜鉛欠乏の主要な原因 ?不十分な摂取亜鉛が豊富に含まれる食物の摂取の少なさ;動物性たんぱく質が少な...
  • 養蜂専門のTCNupartsさんのプロフィール
あきすけさん
  • 低血糖が怖くて糖尿病悪化
  • ある糖尿病のおばあさまがいるのですが、特養入所前に低血糖症となった事があるそうです。低血糖の症状としては自律神経症状として手足の震えや動悸等、中枢神経症状として頭痛や目眩等が挙げられます。しかし、低血糖が更に進行すると意識障害が起こり、自分の状況や状態すら分からないような状態となってしまい、そこから更に悪化した場合昏睡状態や最悪の場合には死に至るケ...
  • 介護職員あきすけの介護日記あきすけさんのプロフィール

中枢神経を含むトラコミュ

覚醒剤
  • 覚醒剤
  • 覚醒剤(かくせいざい)とは、狭義には覚せい剤取締法で規制されている薬物であり、規制対象としての覚醒剤は「覚せい剤」と記載される。広義には脳内を刺激させる中枢神経...
  • トラックバック数:41 TB参加メンバー数:20人カテゴリー:ニュースブログ
ギラン・バレー症候群
  • ギラン・バレー症候群
  • ギラン・バレー症候群( - しょうこうぐん、Guillain-Barré syndrome)とは、急性・多発性の根神経炎の一つで、主に筋肉を動かす運動神経が障害され、四肢に力が入...
  • トラックバック数:1 TB参加メンバー数:1人カテゴリー:病気ブログ

中枢神経を含むブログ村メンバー

  •  
岡山中枢神経障害リハビリ研究会さん
音響免疫療法患者の会さん
FRANKyさん
  • 読書好き♪FRANKyさんのプロフィール
  • 現代小説や医療・リハビリ関係の友達募集☆
himawariさん
しおしおさん

中枢神経を含むアンケート&掲示板

  •  
  • うつ病治療に薬は必要か?レス: 0/24(29件)メンタルヘルスブログ
  • あと睡眠薬、等々です  ※トランキライザーは精神安定剤のこと  ※向精神薬は  中枢神経系に作用し、  生物の精神活動に何らかの影響を与える薬物の総称(ウィキより)   ※麻薬...

にほんブログ村

>

キーワード

>

中枢神経について