デカルト

デカルトについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [デカルト] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

デカルトを含むブログ記事

costaのブログさん
  • 肉的五感は何処までを肉的五感というのか、実体二元論というのがあった。
  • 日修練会のスタッフもしましたが、自分でもなぜか分かりませんが、知識にならないんです。記憶が悪いんでしょうか。  ですから、生活で感じたことを色々と整理するという意味においては調べたり読んだりはします。デカルトという人物の考え方に良く似ているなと何時も思わされます。この実体二元論もデカルトの考えですね。しかし、デカルトの考えには没頭しません。ただ同じ部分が多くあるということだけです。  実体二元論の概念...
  • costaのブログcostaのブログさんのプロフィール
costaのブログさん
  • 肉的五感は何処までを肉的五感というのか、実体二元論というのがあった。
  • て蓄えることは私にはできません。自分でもなぜか分かりませんが、知識にならないんです。記憶が悪いんでしょうか。  ですから、生活で感じたことを色々と整理するという意味においては調べたり読んだりはします。デカルトという人物の考え方に良く似ているなと何時も思わされます。しかし、デカルトの考えには没頭しません。ただ同じ部分が多くあるということだけです。  実体二元論の概念図。実体二元論は思推実体、魂、精神など...
  • costaのブログcostaのブログさんのプロフィール
経済まねきねこさん
  • 中国から米国へ貨物を運ぶコンテナ船の輸送量が異例の大幅増加
  •  米国調査機関デカルト・データマインが12日に発表した10月の海上コンテナ輸送量は   101万4308個(20フィートコンテナ換算 前年同月比+13.9%)と単月で過去最多を更新した。 米国のトランプ政権による制裁関税の...
  • 経済まねきねこ株銘柄情報経済まねきねこさんのプロフィール
TAKAFUMIさん
  • 方法序説
  • こんばんは。今回はこちらの本のお話をしていきます。??方法序説 (岩波文庫)?この本は、フランスの哲学者、ルネ・デカルト氏が著した学問、思想に関する哲学書です。この本を買った時、すごいパワーが秘められている感じがしました。これを読めば自分は今以上の頭脳が手に入ると。ただ、実際読んでみると内容が理解出来ませんでした。最近...
  • 本は何通りの人生を見せてくれる面白いものですTAKAFUMIさんのプロフィール
とねさん
  • 発売情報:力学の誕生―オイラーと「力」概念の革新:有賀暢迪
  • 史の歴史叙述1 解析化と体系化2 活力論争と力の概念3 「力学」の誕生第I部 活力論争と「運動物体の力」の盛衰第2章 17世紀の自然哲学における「運動物体の力」1 物体の中の「力」と衝突の問題 ―― デカルト2 「固有力」と「刻印力」―― ニュートン3 「活力」と「死力」――ライプニッツ第3章 活力論争の始まり1 ドイツ語圏での支持拡大2 オランダからの反応3 フランスでの論戦の始まり第4章 活力論争の解...
  • とね日記とねさんのプロフィール
知覚反応日記さん
  • 未知なる意識への挑戦・欲望するDNA
  • ム?お題「料理が楽しくなるキッチングッズを教えて」をチェック記事を書く検索ウェブこのブログ内で知覚反応雑記帳クオリアが誘うままに未知なる意識への挑戦・欲望するDNA2018年11月15日 |画像雑記帳デカルトが「我思う故に我はあり」の方法序説で提唱した命題は、哲学において歴史上初めて探求のドリルで人間の内面への入り口をこじ開けた。懐疑的な思考の最後にコギト(cogito=我思う)は、我々がこの瞬間にも意識...
  • 知覚反応日記知覚反応日記さんのプロフィール
三毛ネコさん
  • 哲学的な知へのアプローチ
  • いなあ(^^;) 一方「神学・政治論」は、旧約聖書の世界を緻密な論考を加えているけど、このあたりからスピノザに分け入ることができるか・・・どうか? しかし、読み出してみて気が付くのは、スピノザにおけるデカルトの影響。デカルトに対するわたしの知識があまりに乏しいことがわかったので、デカルト周辺も、少しうろついてみることにした。数学、物理、化学、生理学など、個別科学がまだ未分化だった時代。デカルトはそういう時...
  • 二草庵摘録三毛ネコさんのプロフィール
今日、何する? What will I do today?さん
  • doncが抜けてた!
  • 、未来(明日)の思いに生きるのではなく、今日という現在を生きよう!doncが抜けてた!2018年11月13日 06時28分38秒 |なんじゃこりゃぁ〜〜〜昨日アップした記事の中で donc が抜けてたデカルトの言葉で 「我思うゆえに我あり」ゆえに=donc Je pense donc je suis.失礼しました!さあ、今日も一日が始まった! 忙しい一日になりそう!今日と言う日は 明日の2倍の価値がある!...
  • 今日、何する? What will I do today?今日、何する? What will I do today?さんのプロフィール
波音アーティスト麻実さん
  • 麻実独り占めスペシャル個人セッション好評につき続きます
  • 現代は神を論ずるチャンスがほとんどなく、神の存在を否定しても、とりあえず生きていけますから誰も考えなくなりましたよね〜。でも16〜17世紀では神の存在なしでは何も決められないし考えられなかった。そこでデカルトの提案があり、とりあえず神とか心は大切だけどあまりにも複雑だからどけて、現象のみを冷静に観察して現代科学が進歩した。だから科学的世界観の中には神の存在がなく、日本では学校教育にも取り上げてないですよね...
  • 波音アーティスト麻実のクリスタルボウルが好き波音アーティスト麻実さんのプロフィール
藤井隆太さん
  • ランニング障害と慢性痛
  • も必要にはなりますが、その神経を脳へ伝える背骨の調整はもちろん、脳への刺激の入り方を変えていかなければなりません。 上の図は、疼痛関連の著書やプレゼンテーションでよく取り上げられます。フランスの哲学者デカルト(ReneDescartes;1596ー1650)に よって描かれたものです。デカルトは「心身二元論」の中で,「心」と「 身体」は別個のもので、「心」は魂を指し非物質で自由なもの,「身体」は脳・神経系...
  • 有酸素運動で健康に!!理学療法士の日記藤井隆太さんのプロフィール

デカルトを含むトラコミュ

「必読書150」を読む
  • 「必読書150」を読む
  • ○柄谷行人・浅田彰・岡崎乾二郎・奥泉光・島田雅彦・糸圭秀美・渡辺直己らは、『必読書150』という書を刊行しています。この『必読書150』で「必読書」と名指された...
  • トラックバック数:501 TB参加メンバー数:68人カテゴリー:本ブログ

デカルトを含むブログ村メンバー

  •  
ebisuさん
スワさん
デカルトさん
  • デカルトのブログデカルトさんのプロフィール
  • 夏はドール(SDや等身大など)、冬はタンチョウの撮影を中心に、日常「徒然する」ブログです。
ルネ・デカルトさん

デカルトを含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

デカルトについて