デカルト

デカルトについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [デカルト] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

デカルトを含むブログ記事

イプシロンさん
  • 私的ショーペンハウァー論
  • る程度は説明できるが、この人の文章を読めば、より分かりやすいだろう。 しかし、リンク先の文章だけ読んだからといって、ショーペンハウァーの哲学は理解できないだろう。松岡さんが言っているように、前提としてデカルト、カントの思想を正確に理解していなければならないからだ。何にしても、ショーペンハウァーの哲学が理解できないのなら、仏教にある思想哲学を正しく理解することも、ほとんど不可能だろう。いや、不可能とさえ言い...
  • 生かされるまま生きるイプシロンさんのプロフィール
Infophytoさん
  • ヨーロッパ文化遺産の日
  • の壮絶な第一関門のドラマが描かれている映画です。私も薬剤師国家試験の時の緊張感とか切迫感を思い出しました。そうこの映画Première année の撮影が行われたのがパリデカルト大学。パリのど真ん中の医学系大学で、私が植物療法講座を受けた大学です。映画に出てくる背景が知ってる風景で少し嬉しくなり、またあの場所の空気を吸いたいwと思っていたところ…ヨーロッパ文化遺産の日。パリデ...
  • パリの薬草店で働く薬剤師のブログInfophytoさんのプロフィール
武蔵さん
  • 古書の国の
  • 先日上野の森美術館にて行われている世界を変えた書物展に行ってきました。ななんと入場無料、写真撮影可能!このかっこいいゲートをくぐってまずはデカルトの有名なやつ我思う、故に我ありがどーん。こ、これは難しい展示なのでは…?なんて思いながら進むと古書、古書、古書…天井までの本棚これ全部本物!かわいい!なんてかわいい展示の仕方だよ…わーー、絵がかわいい...
  • 夕空。武蔵さんのプロフィール
hkaihoさん
  • 人間ってどんなもの
  • 、そのあらわれとも見ることができる。 何かにたとえてみると、わけのわからなかったものが、たちどころにわかってくるおもしろさがある。もっともよく使われた心理学でのたとえは、その時代の最先端の機械である。デカルトの自動人形によるたとえ、フロイトの蒸気機関車によるたとえ、そして通信システムから、現代ではコンピュータによるたとえ、という具合である。いずれのたとえも人間のある種の特性を機械の特性によって際立たせたも...
  • 認知的体験hkaihoさんのプロフィール
クイズ出題者さん
  • 【注目の新書】 デカルト
  • [内容]本書は、省察的熟考という隘路の向こうに遠望される〈無限なもの〉すなわち〈神〉の人間による知解可能性に依拠して、哲学史の産物である〈カルテジアニズム〉という従来のデカルト理解を破砕し、その多面的な哲学の全体像を豊富な引用文とともに新たに鳥瞰かつ虫瞰する。懇切丁寧な訳注を付す。Amazonで詳細を見る*画像はAmazonへのリンクです...
  • 一般教養問題ブログクイズ出題者さんのプロフィール
neko800さん
  • よみがえりの思想
  • くなりました。天と地があってはじめて世界があるように、父なるもの(男性性、天)と母なるもの(女性性、地)とが相補って人類百万年の歴史は営々と刻まれてきました。しかるに近代国家成立以来(アカデミックではデカルトの自我の確立や、ニュートンやユークリッド)その絶妙なバランスとか対称性が失われてきました。父なるもの(男性性)は人間どもを動物に変えてでも平和な世界に侵入するという性向を帯びています。母なるものからの...
  • 熊本の結婚相談所むつみ会のブログneko800さんのプロフィール
mizu51さん
  • この機械の中には推論する理性がある
  • 精神と身体が分離された別物だという考え方は、プラトン及び古代ギリシアに迄遡るが、心身の関係を初めて詳細に記述したのは、17世紀の哲学者ルネ・デカルトである。1633年に出版されたデカルト著「人間論」で「非物質的な精神即ち『魂』は、思考を司る大脳中の松果腺に位置しており、他方で身体は神経系のなかをめぐって運動の原因となる『動物精気』でもって動かされ...
  • 心の深淵mizu51さんのプロフィール
倉西雅子さん
  • 量から質へのシフトこそ人類の転換点では?−規模の時代は続くのか
  • グローバル化とは、企業が規模を追求するための環境整備であり、世界各国の政府は、この方向性こそ人類の唯一の未来と信じ込んでいるかのように、何らの疑いを挟むことなく自国を気前よく‘開放’しているのです。 デカルトの懐疑主義が近代合理主義精神の出発点となったことからしますと、現代の人々の方が、迷信的で頑迷な前近代人のメンタリティーに近いのではないか、とさえ疑ってしまうほどなのですが、規模の拡大を第一とする思考や...
  • 万国時事周覧倉西雅子さんのプロフィール
hashivosoさん
  • 困難な課題に音を上げる?そんな時こそ冷静に対処しよう。
  • 賢治 (8)ブレイク (11)ベルクソン (5)吉野弘 (17)良寛 (8)ゲーテ (19)ラッセル (16)ヒルティ (9)西田幾多郎 (1)新渡戸稲造 (5)高村光太郎 (1)マザーテレサ (6)デカルト (1)エラスムス (1)ラ・フォンテーヌ (1)ミルトン (1)ベッカリーア (1)マキャヴェッリ (1)ディドロ (1)プラトン (1)アリストテレス (1)ウェルギリウス (1)フランクリン (...
  • happyium(ハッピーイウム)hashivosoさんのプロフィール
htgkさん

デカルトを含むトラコミュ

「必読書150」を読む
  • 「必読書150」を読む
  • ○柄谷行人・浅田彰・岡崎乾二郎・奥泉光・島田雅彦・糸圭秀美・渡辺直己らは、『必読書150』という書を刊行しています。この『必読書150』で「必読書」と名指された...
  • トラックバック数:501 TB参加メンバー数:68人カテゴリー:本ブログ

デカルトを含むブログ村メンバー

  •  
ebisuさん
スワさん
デカルトさん
  • デカルトのブログデカルトさんのプロフィール
  • 夏はドール(SDや等身大など)、冬はタンチョウの撮影を中心に、日常「徒然する」ブログです。
ルネ・デカルトさん

デカルトを含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

デカルトについて