ポルトガル人

ポルトガル人についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [ポルトガル人] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

ポルトガル人を含むブログ記事

モプシーさん
  • 【 #ワールドカップロシア2018 】ブンブンが選ぶ必見セネガル映画5選!
  • にもなっているセネガンビアのストーン・サークル遺跡群(ガンビアと共同登録)では、紀元前3世紀~紀元後16世紀にかけて高度な石工技術でもって造られたと考えられている集団墓があります。しかし、1444年にポルトガル人がゴレ島に上陸し、「パルマ島」と命名。奴隷貿易の拠点として使われるようになってから、セネガルは1960年まで、長い長い植民地時代を送ることとなった歴史を持っています。また、セネガルには7つの世界遺産(...
  • チェ・ブンブンのカルチュールフランセーズモプシーさんのプロフィール
スパニッシュ・オデッセイさん
  • NHKの番組『日本人のおなまえっ』ワールドカップ特集についての感想
  • 「森の家」という意味で、オランダを象徴する名前といえる。  『日本人のおなまえっ』の中で気になった点がもう一つある。  ポルトガルの地図の上に「フランシスコ・ザビエル」の絵が描かれていたが、ザビエルはポルトガル人ではない。    ウィキペディア「フランシスコ・ザビエル」によると、Francisco de Xavier または Francisco de Jasso y Azpilicueta が本名である。スペ...
  • スパニッシュ・オデッセイスパニッシュ・オデッセイさんのプロフィール
宇都宮隆法さん
  • 中世の唐物と伝来技術
  • 幕府が答えて頻繁に遣使しており、寺院を統制する狙いがあった。朝鮮で鋳造された銅銭を輸入し、銅銭としては中国製でも朝鮮製でも差がなかった。技術種子島と阿久根は後期倭寇(中国人海商)が入港する場であった。ポルトガル人の種子島来航は、1回目を1542年、2回目を1543年と考えられる。鉄炮記によれば、?鉄砲は商品として購入され、?篠川小次郎が火薬の調合の仕方を習得し、?銃身を鍛造するも、尾栓を作れなかった、?「蛮種...
  • 宇都宮隆法の書評ブログ宇都宮隆法さんのプロフィール
或る医学者さん
  • パブでサッカーを観るのが大好きな人たち
  • 。うちの研究センターでも日本の活躍を観たのでしょうか、「good win!(良い勝利だったね)」と私に声をかけてくれる方々がいて、最近はご機嫌です。日本代表、マジ、ありがとう。うちのラボに所属しているポルトガル人たちもクリロナ(クリスティアーノ・ロナウド選手)の神懸かった大活躍が嬉しいらしく、ラボ内で時々興奮してポルトガル語で何か叫んでいます。残念ながらポルトガル語はリンダリンダしか知らないので、彼らが何を言...
  • 放射線に挑む〜英国大学院博士課程留学或る医学者さんのプロフィール
芳瑩さん
  • 京都 智積院(ちしゃくいん)
  • 生活をしており、行人達を根来衆という。根来衆は、紀ノ川から採取される良質の砂鉄を使用して、刀や弓矢を盛んに製造し、それらを主に関西方面から九州にかけて売り、莫大な利益を得るようになりました。1543年ポルトガル人を乗せた船が九州の種子島に漂着し、種子島の島主は、ポルトガル人から二梃の鉄砲を買い取りました(鉄砲伝来)。そのうちの一梃をその時種子島に来ていた根来衆に与え、日本で鉄砲製造を依頼しました。それにより根...
  • 神旅 仏旅 むすび旅芳瑩さんのプロフィール
みっちゃんさん
  • 実は、「仲間ハズレ」だった日本国憲法
  • 力をつけるようになった諸勢力が全国各地に台頭するようになります。戦国大名はその代表的なものになります。「室町時代」(1336年〜1573年)もそろそろ終わりを迎えようとする頃、私たちの日本の種子島に、ポルトガル人が「鉄砲」を持ってやって来ます(1543年)。そして、日本人は知るようになります。世界が、キリスト教徒たちによって「侵略」されているという事実を。ユダヤ人商人が中心となって「人間」を商品として売買する...
  • 親子チョコ♥(親子で、ちょこっと。。。)みっちゃんさんのプロフィール
増田裕士(ますだひろし)さん
  • ポルトと気になるキツネ
  • 彼女の両親が、日本で気持ちのいい自慢に出会えるといいなあ。はい、ポルトの街です。どうぞ。ポルトガルの街を歩いていると、いくつかのところでこのキツネを見つけた。キツネと言っても、キツネのグラフィックだ。ポルトガル人のおばちゃんに「これ何?」と聞いても、わからないと言う。知ってる方がいたら、ご一報をください。それでは、今日も、明日も、明後日も、いい1日を。昨日、久しぶりに感想をもらえてうれしかった。このときの場所...
  • MONKEY CLIMB | モンキークライム増田裕士(ますだひろし)さんのプロフィール
spacesisさん
  • 夫と歩くポルトの街 ベルモンテ通り
  • ン・ルイス一世橋、ドウロ川対岸のかつてのセラ・ド・ピラール修道院などが眺められ、ドウロ川周辺を一望できるのだ。 Vitoria区域のその場所から見下ろすと石段がある。 ↑こんな風な駐車はないよなぁと、ポルトガル人の肝に苦笑しながらVitoria石段を降りた。 降り切った通りが16世紀終わりごろからある小さなVitoria通り。途中でこんな石段を見つけ、いったいどこへ出るのかとフォローしてみることにした。 ぬぬ...
  • spacesis in ポルトガルspacesisさんのプロフィール
えるまさん
増田裕士(ますだひろし)さん
  • フランスの女の子を食べる
  • 、チョリソー、ステーキ、チーズがパンによって挟まれている。とろみのあるソースで、味はしょっぱい。感覚的にわかる、これを毎日食べていたら、デブになることが。これを、「フランスの女の子」と名づけるなんて、ポルトガル人の目には、フランスの女の子はどんな風に映っているのだろう。これから、意識的にその国のものを食べようと思うけど、ぼくにとっては、おいしい食べ物よりも、美術館のおもしろい絵の方が優先順位が高いんだよなあ。...
  • MONKEY CLIMB | モンキークライム増田裕士(ますだひろし)さんのプロフィール

ポルトガル人を含むブログ村メンバー

  •  
spacesisさん
りゅみにさん
jojoさん

ポルトガル人を含むアンケート&掲示板

  •  
  • アンコールワット遺跡レス: 0/0Relax&Resort Angkor
  • ァルマン2世によって、ヒンドゥー教寺院として30年を超える歳月を費やし建立される. 。 1586年、ポルトガル人のアントニオ・ダ・マグダレーナ(英語版)が西欧人として初めて参拝し、伽藍に対する賛辞を残している。1...

にほんブログ村

>

キーワード

>

ポルトガル人について