亀の甲羅

亀の甲羅についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [亀の甲羅] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

亀の甲羅を含むブログ記事

とりぶうさん
  • 一発勝負で占う
  • みなさんこんにちは。古代、卑弥呼とかそんなときには。吉凶を占うことが、上に立つ者のひとつの大きな仕事だったと思われる。亀の甲羅とか、牛や鹿の骨とか、水鏡とか、そういったものを用いて、「今年はいい感じ!」とか。「今年はやな感じ!」とか。占っていたと思われる。現代は、占いでなにかを決めることはほぼなくなってはいるものの。ゲン担ぎ...
  • ショートショートとりぶう の 読むコント〜宮古島とりぶうさんのプロフィール
tanakaさん
kenさん
  • 吉祥寺のオーダーメイド傘専門店「イイダ傘店」の店主が語る、「世界でただ一つ」の傘への思い
  • ピレーションを受けてデザインしています。たとえば、亀の柄の傘があるんですが、これには『ほぐし織り』と呼ばれる伝統技法から着想を得ています。この技法を使うと生地が屏風の絵のように渋くなるのですが、それと亀の甲羅の風合いが頭の中で結びつき、こういったデザインになりました」(イイダさん、以下同)素材は一つとして同じものはなく、それぞれ染め方、織り方、材質が異なる。つまり、それらの組み合わせの数だけデザインの可能...
  • kenさんのブログkenさんのプロフィール
憂鬱さん
  • 【韓国経済】日照りで韓国干拓農耕地で塩害の被害!稲が枯れ、白菜が腐る‥韓国反応
  • 照りで、京畿道華城市の西海岸干拓農耕地で塩害の現象が現れ、田植えした稲が殆ど枯れました。畑に植えた白菜も大半が腐って農民たちは空を恨んでいます。[記者]盛んに育たなければならない稲が黄色く枯れました。亀の甲羅のようにひび割れた田んぼは白く変わりました。続いた日照りで土壌の塩分濃度が濃くなっており、枯死したものです。海と接した干拓地農耕地、大部分はこのように塩害を受けました。続きを読む...
  • 世界の憂鬱憂鬱さんのプロフィール
ホウリュウさん
  • 易占は古来、音占いの和音吉凶で見通していた
  • 数の奇数を陽とし、偶数を陰とし、六個の爻(こう)の組み合わせを見て、その象から吉凶禍福を占断しようとしたのです。ただ、その後、王の権威が地に落ちると、この音占いを行わなくなっていきます。卜占は、古来、亀の甲羅が割れる音を「卜(ぼく)」とし、その音の吉凶も判断材料になっていたはずです。そして八卦にそれぞれの音階があり、八×八=64の和音階に聴力から吉凶を判断していたことになります。中国には「天籟...
  • 日を新たに命を立つ ホウリュウの開運鑑定ダイアリーホウリュウさんのプロフィール
七月さん
  • ニケのトンネル。
  • けどー(驚)い、いつの間にこんなモノを・・・ニケの自作でございます。穴は縦長に掘ってあり、手前にあるシェルター(入り口以外は土に埋めてある)と中で繋がっているらしい。シェルターは “カメ島” という子亀の甲羅干し用のスロープみたいな物なので、シェルターそのものに密閉性は無いから、まあ中から横道を掘ることも可能なわけだけど。土をかぶせる前の状態 ↓これを毎日せっせと掘っていから、お顔が真っ黒だったのね〜。...
  • アカメカブトトカゲ、飼ってます。七月さんのプロフィール
田島敬一さん
  • 茨城県は浦島太郎?とすると、栃木県は亀の甲羅になります。
  • えば鶴の舞い降りる時のような形に見えてきました。隣の栃木県はずんぐりしていて栃の実・ドングリの実を拾って食べていた頃の思い出がいっぱい詰まっている県に違いないと、そんなふうにイメージしていたのですが、亀の甲羅にも似ていると言われれば、そう見えてきました。群馬県と隣あわせて鶴と亀ですね。めでたいめでたい。その背後に、首が長いブロントザウルス・アパトサウルスという恐竜に似た新潟県があり、長寿を象徴していたので...
  • 西原村議・田島敬一(共)とロマンを語ろう議会報告田島敬一さんのプロフィール
morinofさん
  • 南国奇譚2・バーテンダーの影
  • 最初の年に泊まった駅前ホテルを思い出しその後どうなったろうと気になり始め「よもや潰れてはいまいが。」好奇心は時として人の不幸に向けられることもありふらりふらりと幾つかの路地を抜ければ玄関の階段や歩道の亀の甲羅のようなヒビ割れから雑草が伸び茂って、建物全体の色艶も失われ灰暮れ色に曇った空に、のおお〜んと悲しげに突っ立っていた。 「彼は何処へ行ったろう。」残り少なくなった胡麻塩髪を櫛目綺麗にオールバックに撫で...
  • 杜の舟・morinofune・morinofさんのプロフィール
いーさんさん
  • 銀座を歩いたあとは汐留でランチです
  • た銀座を歩いたあと新橋にさしかかりましたちょうどお昼の時間ですカレッタ汐留にもある丸亀製麺でランチをいただくことにしましたビルのフロアとしては地下2階にあたりますがオープンなビル前の空き地となっていて亀の甲羅の形をしたオブジェもあります入口は外に面していてドアを開いて入ります入るとするにうどんのカウンターです基本のうどんの冷かけをいただきあとは追加で天ぷらなどいただきましょうアジ天がありましたのでアジ天を...
  • いーさんの〜行って、観て、食べて〜ブログいーさんさんのプロフィール
爆NEWゲーマーさん

亀の甲羅を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 占いを信じますか?レス: 1/27(73件)地域生活(街) 関東ブログ
  • 「卜」=「占」なんだけど、理由は知っているよね一応、書きます 昔、何かを「うらなう」時に”亀の甲羅”を使った その時の甲羅のヒビ割れた状態・結果が ト の形 ということで 「うらない」とで、ト ...

にほんブログ村

>

キーワード

>

亀の甲羅について