遺骨収集

遺骨収集についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [遺骨収集] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

遺骨収集を含むブログ記事

はりきり四等水兵さん
  • アンガウル小学校の全生徒数は、18人でした。
  •  せっかくパラオに行けるので、地元の小学校に学用品(ノート)のお土産を持って行こうと、パラオ共和国大使館に電話して聞いてみました。 日本人の若い女性の方が事務的に対応してくれたのですが、遺骨収集のボランティアで訪ねる事を伝えると 「折り返し電話しますので、少々お時間をください」 と言われました。 パラオ時間の折り返しって何十分後何だろうと思っていたら、10分後に連絡がありました。 さっきとは...
  • ランゴワンの地図はりきり四等水兵さんのプロフィール
はりきり四等水兵さん
スカピッピパパさん
  • 田母神俊雄講演会at茨城護国神社参加報告
  • 斉唱から始まりました。次に宮司さんのお話がありました。靖国神社が祀る英霊46万6千人にたいし、ここには茨城出身者6万4千人が祀ってあるそうです。今でも参る英霊の家族が千人くらいいるそうです。結構地道に遺骨収集をやっていて、「遺骨収集が終わらなければ、戦後は終わらない!」と仰ってました。ようとう(多分「洋島」、太平洋の島々の意)1万5千人、沖縄3千人の遺骨があると。生かされているのは英霊のおかげ。若い人にも...
  • 日本の歴史を知って自信を持てる日本人のためのブログスカピッピパパさんのプロフィール
キヨ & ヨーコさん
  • 桜巡り (横浜編)
  • は瀬戸内海が嫌いにより封鎖されたり、燃料がなくなるなどして活動の場はなくなります。終戦直後、1946年〜49年にかけては帰還輸送の為、東南アジアとの間を行き来し、2万人以上の引揚者を運びました。さらに遺骨収集や慰霊碑建立の為の航海も続けます。しかし、戦後の混乱も収まらないなか、今度は朝鮮戦争に駆り出されてしまいます。1950〜51年に特殊輸送公開として佐世保と朝鮮半島を3往復、そして1953年の南洋での遺...
  • 港のヨーコ 横浜キヨタキヨ & ヨーコさんのプロフィール

遺骨収集を含むブログ村メンバー

  •  
真実イチロー!さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

遺骨収集について