西田幾多郎

西田幾多郎についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [西田幾多郎] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

西田幾多郎を含むブログ記事

御坊哲さん
  • この世界に矛盾はあるか?
  • 要領を得ない。「矛盾」という言葉はいろんな意味に使われることがあるので、議論するにも意味をはっきりさせておかなくてはならない。人によっては「平等であるべき人間社会で貧富の差があることは矛盾だ」と言う。西田幾多郎なら、ものがあって運動しているだけで、そこに矛盾があるというだろう。矛盾の本来の意味は論理的なものである。文字通りの意味は、「すべてのものを突き通す矛といかなる矛も撥ね返す盾が同時に存在する」というこ...
  • 禅的哲学御坊哲さんのプロフィール
いちとれさん
  • 森信三一日一語 12月18日
  • 「友情」について/「責任」はにんげんの軸/「自律」とは自分に打ち克つこと/「正直」は人間の土台〔ほか〕●著者情報森信三(モリノブゾウ)明治29年9月23日、愛知県知多郡生まれ。京都大学哲学科に進学し、西田幾多郎の教えに学ぶ。大学院を経て、天王寺師範の専任教諭になり、師範本科生の修身科を担当。後に旧満州の建国大学教授に赴任。50歳で敗戦。九死に一生を得て翌年帰国。幾多の辛酸を経て、58歳で神戸大学教育学部教授...
  • いちとれのくらしいちとれさんのプロフィール
漂流教室関谷さん
  • [102] 現代日本の蔵書家たち0 プロローグ
  • ーん。外交史料館にある吉田茂の本棚がこれぐらいだそうです。ほんとはもっとあるかもですけど。あと和辻哲郎が5000冊、田辺元が図書雑誌含めて6000冊ですね」★関谷「二人とも日本を代表する大哲学者だな。西田幾多郎はどのぐらい?」☆梅本「また分かったら追加します。あと、劇作家の小山内薫も文庫に寄付したもので6000冊ですね。★関谷「阪急電車の小林一三が7000冊か・・・ 骨董コレクターとして有名だけど本もかなり...
  • 蔵書家たちの黄昏漂流教室関谷さんのプロフィール
かをるさん
  • 桜だけでない『哲学の道』の紅葉
  • 銀閣寺を後にして『哲学の道』を歩く。銀閣寺から永観堂までの約2kの琵琶湖疏水沿いの散歩道哲学の道の名前の由来が看板に書かれてあった。哲学者の西田幾多郎が物思いにふけりながら毎日散歩していたことから付いたそうだ。以前に歩いたのは桜の時期満開の桜に感動しながら歩いたがその時は凄い人出だった。紅葉は、桜と比べると人出はかなり少なくてゆっくりと見られた。紅...
  • かをるのワルツ♪かをるさんのプロフィール
いちとれさん
  • 森信三一日一語 12月16日
  • 「友情」について/「責任」はにんげんの軸/「自律」とは自分に打ち克つこと/「正直」は人間の土台〔ほか〕●著者情報森信三(モリノブゾウ)明治29年9月23日、愛知県知多郡生まれ。京都大学哲学科に進学し、西田幾多郎の教えに学ぶ。大学院を経て、天王寺師範の専任教諭になり、師範本科生の修身科を担当。後に旧満州の建国大学教授に赴任。50歳で敗戦。九死に一生を得て翌年帰国。幾多の辛酸を経て、58歳で神戸大学教育学部教授...
  • いちとれのくらしいちとれさんのプロフィール
libsaitamaさん
  • 大拙
  • 大拙安藤 礼二予約数: 9予想待ち時間: 4か月程度図書館で予約する 携帯からAmazonを見る 携帯から【内容紹介】宗教における霊性を究めてアジアを超えた「知の巨人」の全貌とは。西田幾多郎とともに歩み、ジョン・ケージにまで影響を与えた鈴木大拙の思索の跡をたどり、その全体像を解き明かす。『群像』掲載を単行本化。...
  • さいたま市図書館新着情報(非公式)libsaitamaさんのプロフィール
バルテマイさん
  • 東西哲学を統合した新しい世界哲学の時代 西田幾多郎
  • ければなりません。 啓蒙主義的人間でも帝国主義的人間でもなく,創造的人間の哲学。 東洋文化と西洋文化を融合した,新しい世界文化の思想的基盤を構築しなければなりません。 それを為した者こそ,今回登場する西田幾多郎(1870〜1945)なのです。  西田哲学は,非常に難解だと言われています。 確かに難解ですが,その難解さとは,カント・ヘーゲルの難解さとは少し違います。 新しい哲学を創始しようとした西田幾多郎は,...
  • 真理の研究バルテマイさんのプロフィール
いちとれさん
  • 森信三一日一語 12月13日
  • 「友情」について/「責任」はにんげんの軸/「自律」とは自分に打ち克つこと/「正直」は人間の土台〔ほか〕●著者情報森信三(モリノブゾウ)明治29年9月23日、愛知県知多郡生まれ。京都大学哲学科に進学し、西田幾多郎の教えに学ぶ。大学院を経て、天王寺師範の専任教諭になり、師範本科生の修身科を担当。後に旧満州の建国大学教授に赴任。50歳で敗戦。九死に一生を得て翌年帰国。幾多の辛酸を経て、58歳で神戸大学教育学部教授...
  • いちとれのくらしいちとれさんのプロフィール
いちとれさん
  • 森信三一日一語 12月12日
  • 「友情」について/「責任」はにんげんの軸/「自律」とは自分に打ち克つこと/「正直」は人間の土台〔ほか〕●著者情報森信三(モリノブゾウ)明治29年9月23日、愛知県知多郡生まれ。京都大学哲学科に進学し、西田幾多郎の教えに学ぶ。大学院を経て、天王寺師範の専任教諭になり、師範本科生の修身科を担当。後に旧満州の建国大学教授に赴任。50歳で敗戦。九死に一生を得て翌年帰国。幾多の辛酸を経て、58歳で神戸大学教育学部教授...
  • いちとれのくらしいちとれさんのプロフィール
Naruki.Kさん
  • 2018/08/17 ベル・ルミエール サマーライブ2018@金沢
  • 5)受講:JAIST社会人セミナー (8)受講:マインドフルネスセミナー「ゆらっく」 (12)受講:コーチング系セミナー (6)受講:石川県 公開講座 (4)受講:その他のセミナー・研修 (8)聴講:西田幾多郎 哲学講座 (3)聴講:講演 (1)公演:ガル祭(風と緑の楽都音楽祭) (20)公演:音楽コンサート(2018年) (34)公演:音楽コンサート(2017年) (44)公演:音楽コンサート(2016年...
  • Naruki.K's Radio HeadNaruki.Kさんのプロフィール

西田幾多郎を含むトラコミュ

「必読書150」を読む
  • 「必読書150」を読む
  • ○柄谷行人・浅田彰・岡崎乾二郎・奥泉光・島田雅彦・糸圭秀美・渡辺直己らは、『必読書150』という書を刊行しています。この『必読書150』で「必読書」と名指された...
  • トラックバック数:501 TB参加メンバー数:68人カテゴリー:本ブログ
善の研究(純粋経験)
  • 善の研究(純粋経験)
  • 善き事とは?如何なるものか?西田幾多郎〜善の研究・・・がモチーフ
  • トラックバック数:10 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:哲学・思想ブログ

西田幾多郎を含むブログ村メンバー

  •  
イトゥアキラさん
駅弁祭りさん
テツダンさん
  • 哲学雑談テツダンさんのプロフィール
  • 2chで語られた哲学に関するいいたい放題の雑談

にほんブログ村

>

キーワード

>

西田幾多郎について