誤嚥性肺炎

誤嚥性肺炎についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [誤嚥性肺炎] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

誤嚥性肺炎を含むブログ記事

たけのこさん
  • 今日はさくらの日&歯科
  • 嚥→肺炎→体力消耗のループには、入らずに済みましたね。と。とにかく、もう誤嚥は日常茶飯事だから、それが肺炎にまで悪化するかどうかはちょっとした体調に左右される綱渡り状態だそう。母が退院した直後までは、誤嚥性肺炎=(即)=死んじゃう、と誤解していたのだけれど。訪看さんからは、肺炎になったら薬を服用すればいいんだから、と言われた。で、ちょっと一安心していたら、1回肺炎になるともの凄く体力を消耗してしまい、肺炎が...
  • 3本の管は抜けたけどたけのこさんのプロフィール
だんごさん
  • しばしのんびり・・
  • 篤な状態が続いていてここ何日かずっと見舞いに行ってましたが昨日からは熱も下がってとりあえず落ち着いています落ち着いたのを見届けて心から安心してお姉ちゃんとランチする気分になりました肺炎を起こした原因は誤嚥性肺炎といって大量に吐いたものがそのまま全部気道に流れ込んだようで肺が潰れて呼吸困難になっていました胸に穴を開けてドレーンで汚れた水を排出してたんですがそのお水が凄い悪臭でその時は部屋に入る事を躊躇する位で...
  • 先輩猫チェリーと新入り犬みるくだんごさんのプロフィール
ぱやさん
  • 夫のこと48 「予期せぬ病状」
  • も、結局、夫と直接の関係性が少ない自分中心の日常生活にそれを薄めて時を過ごしてしまいます。けれど二度目に下がった熱がもう一度上がったきいた時は、さすがに異変を感じずにはいられませんでした。しかも原因が誤嚥性肺炎だというのです。飲み込み機能の低下で高齢者によくおこる、あの誤嚥性肺炎のこと?体が老人になっていることは感じていましたが、物を食べる機能までこんなにも衰えていたなんて考えもしませんでした。毎日の暮らし...
  • きいろのぱやぱやぱやさんのプロフィール
歯医者が嫌いな方へ→柏原市 益弘歯科 院長のブログさん
  • 歯周病について
  • います。風邪を引いて喉の調子が悪い時など、唾液のありがたさを思い知らされます。... ただ、それとは裏腹に、口の中の清掃不良により細菌が大量に繁殖して、肺炎を起こしてしまうケースもあるのです。それが、誤嚥性肺炎と言われるものです。唾液に存在する細菌が誤って気管の中に入り、炎症を起こし、肺炎を発症するのです。近年、肺炎で命を失う高齢の方には誤嚥性肺炎によることも多いのです。私たちが外来だけでなく、歯科医院に通...
  • 歯医者が嫌いな方へ→柏原市 益弘歯科 院長のブログ歯医者が嫌いな方へ→柏原市 益弘歯科 院長のブログさんのプロフィール
ズッキーニのblogさん
  • 嚥下力の衰えが尋常ではない、誤嚥力がますます強くなった
  •  今は咳をして気管から肺へ進まないようにすることができるけど、もっと年を取って咳をする力も弱くなるとどうなるか、、、、、、う〜む、考えたくもない。 そして、この誤嚥から肺炎になることがあるという。 「誤嚥性肺炎」という、らしい。 「誤嚥性肺炎は、細菌が唾液や胃液と共に肺に流れ込んで生じる肺炎です。高齢者の肺炎の70%以上が誤嚥に関係していると言われています。再発を繰り返す特徴があり、それにより耐性菌が発生し...
  • 野菜づくり、JAZZおまけにパピヨンズッキーニのblogさんのプロフィール
マユさん
  • 歯周病が引き起こしてしまう病気
  • 病と全身疾患の関係性がどんどん解明されています。たくさんの病気と歯周病の関係があるのですが特に関係が深い疾患と説明したいと思います。歯周病が引き起こす病気とは・・・糖尿病循環器系の病気骨粗鬆症リウマチ誤嚥性肺炎早産、低体重児出産この他にも色々な病気と関係があるのが歯周病なのです。歯周病を治すとこのような病気も改善されるかもしれません。両方の治療を平行して進めていくことで早い回復が見込まれます。たかが歯周病と...
  • 歯周病を治す〜現役歯科衛生士がその方法を教えます〜マユさんのプロフィール
まさっちゃんさん
  • 御報告とブログ再開のお知らせ
  • へのダメージで色々と後遺症が出ているのではないか?と正直思っていましたから。この頃には正式な診断も出て「インフルエンザ脳炎」ということがわかり、また同時に痙攣時に唾液や痰が肺に逆流していたことによる「誤嚥性肺炎」も併発していたことがわかりました。とは言っても安心だったのは、結果として後遺症も何も一切残らなかった事。お医者様には「正直言ってかなり奇跡的だと思ったほうが良い」と言われました。。。。インフルエンザ...
  • 糖質制限&筋トレダイエットに目覚めたおっさんの実話まさっちゃんさんのプロフィール
はるうさぎさん
  • 今日のうちの母 ほぼ介護日誌です (^_^;)
  • ゃんとしたケアプランの書類が出来ていなかったので、まずケアマネさんにお会いして話して、書類にサインしてきました。嚥下機能があるのに、ちゃんと嚥下出来ないことはケアマネさんも残念がってくださるのですが、誤嚥性肺炎になるほうが怖いので、無理なく行くしかありません。だから今は朝夕に胃ろうからの食事を一日800kcalと、お昼に白湯を250?もらっているそうです。無意識に右手が出ることもあるので、チューブが外れない...
  • つれづれ日記はるうさぎさんのプロフィール
はるうさぎさん
  • 今日のうちの母 ほぼ介護日誌です (^_^;)
  • んとしたケアプランの書類が出来ていなかったので、まずケアマネさんにお会いして話して、書類にサインしてきました。?嚥下機能があるのに、ちゃんと嚥下出来ないことはケアマネさんも残念がってくださるのですが、誤嚥性肺炎になるほうが怖いので、無理なく行くしかありません。?だから今は朝夕に胃ろうからの食事を一日800kcalと、お昼に白湯を250?もらっているそうです。?無意識に右手が出ることもあるので、チューブが外れ...
  • つれづれ日記ー逝春抄ーはるうさぎさんのプロフィール
オレさん
  • 何だかもどかしいです
  • な事が続くんだろうなぁ。さき程、ご近所さんと立ち話の際、親父の事を聞かれ現状を話すと「あぁ、肺炎は繰り返しますもんね」と言われました。 その方は以前、老人介護施設に勤めておられ、利用者の人がやはり一度誤嚥性肺炎を発症し、何度も何度も誤嚥を繰り返し熱を出していたそうです。 どんなに注意しても繰り返すものなんでしょうね。これは仕方のない事と諦め、覚悟して付き合っていくしかないのでしょう。 今、親父の病室でこれを...
  • 楽しい介護 明るい介護オレさんのプロフィール

誤嚥性肺炎を含むトラコミュ

口腔ケア
  • 口腔ケア
  • マニュアル 高齢者 手順 目的 看護研究誤嚥性肺炎予防や経口摂取を可能にするために、病院・施設・在宅で口腔ケアが注目され始めてきました。看護師や介護職が口腔ケアに取...
  • トラックバック数:65 TB参加メンバー数:18人カテゴリー:健康ブログ

誤嚥性肺炎を含むブログ村メンバー

  •  
まりあさん
柴はんさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

誤嚥性肺炎について