習近平

習近平についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 習近平氏は中国語読みで表記される人になれるか
  • '17年10月26日(木)    [習近平] ブログ村キーワード外来語を語るとき、引き合いに出される川柳がある。<ギョーテとは 俺のことかと ゲーテ言い>。明治の作家、斎藤緑雨の作とされる◆ドイツの文豪ゲーテは、独語で<Goethe>と書く。外国の発音を片仮名に置き換えるのは難しい。日本に入ってきた当初はギューテ、ゴエテ、ゲヨーテ・・・と、じつに29通りの表記が見られたという(矢崎源九郎『日本の外来語』 岩波新書)◆・・・続きを読む
  • 聞こえるように独り言 (雑)学者さん(雑)学者さんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

習近平を含むブログ記事

Yokohama GJ 研究所 GOさん
  • パパアはコメンテーター 11
  • いですか 青王仁(青オニ)君がメインですから この人に逆らわないでくらさいね」 パパアはこころの中で、 「なんて いやな奴だろう」 メインの青オニが、 「 オバマが 189センチトランプ 190センチ習近平180 そして ニッポンのアホ首相が175センチ この3つの国の大きさをよく表していますね」 パパアの顔がピクピク、さあー なんかおこりそーだ。 スタジオの外で、ヒカル君にエリイちゃん、 「だいじょう...
  • Yokohama GJ 研究所 GOYokohama GJ 研究所 GOさんのプロフィール
荷風亭寅次郎さん
  • ◆金正恩は『最早これまで、ヤケのヤンパチ火病発作寸前か』【テロ国家指定】
  • 核・ミサイルを完全放棄させる』という『暗黙の了解』をしているとされる。一部には『実質的効果は小さい』という分析があるが、『正恩政権への最後通告』に近いものだ。 トランプ氏は、北朝鮮に猶予を与えていた。習近平主席の特使として、党中央対外連絡部の宋濤部長が訪朝していた。宋氏は、対話の条件として「核ミサイルの完全放棄」という条件を突き付けたとみられる。北朝鮮からは「ゼロ回答」だったので、再指定した。 米国の決...
  • 昭和中期〜現代の風俗雑学・政・経・運命学まで荷風亭寅次郎さんのプロフィール
ぼっちさん
みっちゃんさん
  • (問) 中国人の祖先の目の色は?
  • 46年)で、これが考古学的に実在が確認されている支那における最古の国家です。さて、ここで、先日のニュースを振り返ってみましょう。『 習氏、トランプ氏に中国史を教える一幕 「中国人は竜の子孫」  中国の習近平(Xi Jinping)国家主席は8日、同国を訪問中のドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領を北京の故宮(Forbidden City、紫禁城)に案内した際、トランプ氏に中国史を講釈す...
  • 親子チョコ♥(親子で、ちょこっと。。。)みっちゃんさんのプロフィール
宮じいさんさん
  • 花紀行(5155)-チガーヌ バラ-
  • 、  魯迅唯一の中編小説である。阿Qという近代中国の一庶民を主人公とし  た、他に例を見ない物語として注目を集めた(ウィキペディアより)。 1904年、仙台医学専門学校時代 1930年9月 旧き時代 習近平国家主席来館ーつづくー...
  • 宮じいさんの花紀行宮じいさんさんのプロフィール
(雑)学者さん
  • 大横綱白鵬、勝負にこだわり、審判に物言い
  • ことにはならないのか。八角理事長も「(力士が)自分で 決めてはいけない」といっている。参考相撲の奥は深い、白鵬の母はもっと先を見ている ラベル:白鵬 日馬富士 嘉風【関連する記事】そんなに高い食事代は習近平国家主席だって払えない領土拡大の野心を持つ中国で高齢者数も膨張している大相撲は奥が深い、聞けばあきれることだらけ日本がついに日本版「トマホーク」に予算を計上する自分の目標が決まっていない人生では幸せに...
  • 聞こえるように独り言(雑)学者さんのプロフィール
しーすーさん
  • ハンギョレ新聞「米国よ、韓国の中国傾斜が嫌なら「平昌五輪」を官民そろって助けろ!さもないと・・・」
  • する在外同胞にも積極的な協力をお願いしている。ともすれば種々の面で少なからぬ後遺症を残すリスクが存在することも事実だ。  何よりも平昌五輪の最大の挑戦課題は“平和五輪”だ。状況は良くない。中国の習近平国家主席の特使として北朝鮮を訪問した宋濤共産党対外連絡部長は、対話の入り口にすら入れなかった。ドナルド・トランプ米行政府は、待っていたかのように北朝鮮に対して9年ぶりにテロ支援国として再指定した。危な...
  • えら呼吸速報しーすーさんのプロフィール
はまさん
  • キッシンジャーと中国(金)
  • 強化することに舵を切ったのである。そして今や中国はアメリカと並ぶ巨大な経済大国になりつつある。そして驚くなかれ94歳になっても、トランプ大統領を指南し中国との関係を強固にする道を進めたのである。まずは習近平をアメリカに呼び、そしてトランプが中国を訪問したのはつい先日のことである。これもキッシンジャーの脚本によるものではないかと推察される。 このようなキッシンジャーのような現実主義は、様々な国に現れるので...
  • 柴犬カンの日々はまさんのプロフィール
団子屋のページさん
  • 中国当局、遼寧省副省長を調査、党大会閉幕後2人目
  • ガスのトップを務めた際、同社巨額な資金を着服したと報道されている。 「劉強氏は、周永康が掌握した中国石油業界で国営企業支社のトップまで務めた。党内江派遼寧グループと強い繋がりがあったと推測する。これが習近平当局に失脚させられた原因であろう」と、時事評論員の周暁輝氏が指摘した。 (大紀元)『社会』 ジャンルのランキングランキングに参加中。クリックして応援お願いします!にほんブログ村Tweet...
  • 団子屋のページ団子屋のページさんのプロフィール
凜さん
  • まるで民族絶滅的な大虐殺!
  • 中国国民ですら信用していません。中国政府はいつも人災や自然災害の時に被害状況を過少報道し、 必死に隠蔽して、中国政府や人民解放軍救援隊の“優れた救助”を自画自賛する報道ばかりです。 実は2014年から習近平政権以来、このような隠蔽の手口はさらに強化しています。実のところ、全国のマスメディアは中央政府の検閲を通らないと、被災地に関するあらゆる文章や写真を掲載禁止にしてしまいました。そのため、中国国内のすべ...
  • 凛として愛凜さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

習近平について