五輪代表

五輪代表についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [五輪代表] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

五輪代表を含むブログ記事

こばやしさん
Samurai GOAL 管理人さん
  • 中島翔哉はリアル・キャプテン翼!?実際にボールを蹴りながら通学していたww
  • たず、左側をフォローしてきた中島への横パスを選択した理由をこう明かしている。  「翔哉君と一緒にリオへ行きたかったので」  右膝を痛めていた中島は、この南ア戦で約2カ月ぶりに実戦復帰。リオ五輪代表入りを、大島のアシストから決めた同点ゴールで手繰り寄せた。  「そういう仲間は、自分にとってすごく大切だと思います」と大島へ感謝する中島は今、ポルトガルの地で言葉も文化も異なる外国人選手たちから...
  • Samurai GOAL〜海外日本人選手まとめSamurai GOAL 管理人さんのプロフィール
すみかさん
  • 中島翔哉はリアル・キャプテン翼!?実際にボールを蹴りながら通学していたww
  • ートを打たず、左側をフォローしてきた中島への横パスを選択した理由をこう明かしている。  「翔哉君と一緒にリオへ行きたかったので」  右膝を痛めていた中島は、この南ア戦で約2カ月ぶりに実戦復帰。リオ五輪代表入りを、大島のアシストから決めた同点ゴールで手繰り寄せた。  「そういう仲間は、自分にとってすごく大切だと思います」と大島へ感謝する中島は今、ポルトガルの地で言葉も文化も異なる外国人選手たちからもか...
  • ほーほーブログすみかさんのプロフィール
モンテおやぢさん
  • 櫛引のポテンシャル
  • 最初は何か不安な感じだったが、大宮戦では思い切りよく飛び出してパンチングでクリアするなど、躍動感が見え始めている。そして児玉が控えにまわり、櫛引が正GKの座を勝ち取らんとしている。 櫛引といえば、リオ五輪代表の正GKであり、将来を嘱望される選手だが、たまに「やらかす」ところがあって、不安定なGKという印象を持っていた。そんなことからリオ五輪本番では柏の中村航輔にGKの座を奪われ、その中村は柏で正GK、そし...
  • モンテと時々グルメモンテおやぢさんのプロフィール
孔明さん
  • 道スポ平川さんのCOOl Eye
  • 守備での貢献度は高いが、攻撃に変化をつけるという部分では、三好がいないと意外性がなく攻撃が単調。シャドーというよりセカンドトップという意識で得点という結果を残し、周囲を黙らせることが必要だろう。 リオ五輪代表DFの室屋を相手に果敢に挑んだ菅。積極的な仕掛けは室屋を苦しめていた。 開幕当初のパフォーマンスはひどかったが、指揮官は我慢して使い続けた。起点をつくることも含め大分良くなったと思う。」  確かにジ...
  • 勝手に叱咤コンサ外伝孔明さんのプロフィール
こばやしさん
Junさん
  • この人が打たれ弱いって?「フィギュアスケートLife Vol.14」(2)
  • fe最新号の続きです。バックナンバーのレビューは「こちら」。 羽生君の記事をチェックした後に、真っ先に読み始めたのが、中野園子コーチのインタビューでした。三原舞依ちゃんと坂本花織ちゃんのお師匠さんで、五輪代表争いを演じたトップスケーターを同時期に二人育てた彼女は、いったいどんなコーチングをしているのか。どんなお人柄なのか。外見の雰囲気から、女性政治家とか校長先生のような、タフで厳格そうな印象ですが、プロフ...
  • On the Back of the FlyerJunさんのプロフィール
satnbox7さん
  • 【Photo】 リオ五輪代表メイヤーvsナンセン 「女子ライト級6回戦」
  • 5月12日(日本時間13日)、米・ニューヨーク。リナレスvsロマチェンコ興行。女子ライト級6回戦。リオ五輪代表からプロ入り、トップランクと契約するミカエラ・メイヤー(米)=4戦全勝(3KO)=が、ベイビー・ナンセン(ニュージーランド)=6勝2敗1分=と対戦。 試合はナンセンの抵抗に遭いながらもメイヤーが判定...
  • BOXING MASTERsatnbox7さんのプロフィール
こばやしさん
in44yさん
  • コバレフ次戦8月4日エレイデル・アルバレスを相手に防衛戦を行うことが決定!
  • 性が住むマンションのドアを突き破ろうとし逮捕。4月19日ニューヨークにあるスタテンアイランドにある裁判所へ出頭する予定となっていた。  ニューヨークを拠点にするマーカス・ブラウンは、2012年ロンドン五輪代表オリンピアン、主要4団体のトップランキングにランクイン。現ライトヘビー級はヨーロッパ勢が勢力を強める中、アンドレ・ウォード(米)以降アフリカ系アメリカ人として期待されている大型ホープだった。 2017...
  • in44yin44yさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

五輪代表について