一休宗純

一休宗純についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [一休宗純] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

一休宗純を含むブログ記事

レフティさん
  • 近鉄/新田辺駅 (京都府京田辺市)
  • 形となっています。改札を出たすぐ先はパン屋さんでした。JR京田辺駅までは約300mほどで、徒歩移動は十分に可能ですが、連絡があるかというとそうではない状態です。●一休ととんちはし一休さんのモデルである一休宗純が没した地がここ田辺であるといいます。近くには「一休寺」というお寺がありますが、この像の真ん中には橋のど真ん中を闊歩するかのようなプチ一休さんが見受けられます。アニメであったのが「このはし わたるべか...
  • トラベルとかナントカ…レフティさんのプロフィール
別宮孝司さん
  • 京都五山
  • ての「五山の制」が確立する。(1)最高位である「五山之上」に位置づけられた寺院の名を答えなさい。(2)五山以外の禅宗寺院である大徳寺から出て、『狂雲集』を著した禅僧の名を答えなさい。(答:1南禅寺、2一休宗純)〉〈2013上智大・法総合人間科神外国語問3 天竜寺を含めた京都五山でない寺院はどれか。もっとも適切なものを、次から1つ選びなさい。 1建仁寺 2万寿寺 3東福寺 4相国寺 5鹿苑寺 6南禅寺(答:...
  • DAIMAJIN-BOX別宮孝司さんのプロフィール
schooltokyoさん
  • 民法No.4[解答編]/一休の言葉(2)
  • ? ・合格と不合格は、同じである。このことは、以前、このブログでも述べた。室町時代の僧、一休宗純(いっきゅう・そうじゅん)も、同じ趣旨のことを言っている。<一休の言葉(2)>「わざわいというものは、元々、福の裏返しにすぎず、福と禍は一筋の縄に過ぎない、と信じる」・合格で慢心していたら、実務社会の...
  • 毎朝4時更新!このブログで、合格できた。やるぞー!schooltokyoさんのプロフィール
宇都宮隆法さん
  • 中世の喫茶文化: 儀礼の茶から「茶の湯」へ (歴史文化ライブラリー461)
  • で偽物の流通や追い上げなどに悩まされた。土地の集積、宇治茶の保護、覆い下茶園の発明、茶臼の改造、宇治茶師の活躍によりトップブランドを維持した。芸能の「茶の湯」の所見は「宗長日記」で1528年初登場し、一休宗純の弟子珠光(しゅこう)は侘び茶の祖となったが実態ははっきりしない。...
  • 宇都宮隆法の書評ブログ宇都宮隆法さんのプロフィール
schooltokyoさん
  • 民法No.4[問題編]/一休の言葉(1)
  • ? ・8月1日です。どんな苦しい時でも、「人間、だれでも死ぬのだ」と思えば、気が楽になる。室町時代の僧、一休宗純(いっきゅう・そうじゅん)も、そう言っている。<一休の言葉(1)>「生まれては、死ぬるなり。釈迦も達磨(だるま)も、猫も杓子も」・したがって、毎日面白く過ごすにこしたことはない。例えば、予備試験・司法...
  • 毎朝4時更新!このブログで、合格できた。やるぞー!schooltokyoさんのプロフィール
別宮孝司さん
  • 栄西と道元
  • 台座主(2)園城寺〔三井寺〕(3)〔解答例〕加持祈禱によって朝廷や貴族の帰依を受けて政治的な影響力を持ち、全国各地に多くの荘園を所有し大きな経済力も持っていたから。(60字)、問6.(1)南禅寺(2)一休宗純、問7藤原〔九条〕頼経、問8肥富)〉ジャンル:ウェブログコメントTweet«一遍 |トップ |このブログの人気記事1260年 日蓮、『立正安国論』★★租・庸・調 そ・よう・ちょうの覚え方無...
  • DAIMAJIN-BOX別宮孝司さんのプロフィール
kyoさん
  • 塔頭って何ですか?
  • (院号) … 大名家などが、帰依する僧を開祖として創建したもの。「〜寺」(寺号) … 民衆からの浄財によって創建されたもの。「〜庵(菴)」(庵号) … 僧の住んでいた庵を塔頭としたもの。ただし真珠庵(一休宗純を開祖とする)のように、実際に居住していた訳ではないが、ゆかりある地に創建されたものも存在する。「〜堂」(堂号)「〜坊」「〜房」(坊号、房号)「〜殿」(殿号)「〜閣」「〜舎」Wikipediaより...
  • 実録関西近場観光kyoさんのプロフィール

一休宗純を含むブログ村メンバー

  •  
ツタンカーメン/クレオパトラ7世/一休宗純さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

一休宗純について