殉死

殉死についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [殉死] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

殉死を含むブログ記事

Mishaさん
  • 【中国】広東省省都 広州の主な観光スポット
  • が並んでおり、地元の人達が熱心に祈りを捧げる場所となっている。【西漢南越王博物館】今から2100年前に建てられた、西漢初期の南越国君主であった文帝趙昧の墓。1983年に発掘調査が始まり、中から15人の殉死者と、玉器、青銅器を中心とする1000件以上の埋葬品が発見され、10年を掛けた遺跡の保存と共に博物館が建設された。 西漢南越王博物館は、2000年以上の歴史を持つ古都広州のシンボル的な存在となっており...
  • バベル翻訳センター 〜多言語のススメ〜Mishaさんのプロフィール
白州ふるさと文庫 山口素堂資料室さん
  • 芭蕉 青年時代
  • 転機となる重大な年である。その年の四月二十五日、主君蝉吟が僅か二十五才で亡くなったからである。特別に自分に目をかけてくれた主人の死、それは二十三才の多感な青年にとって大きなショックであったに違いない。殉死を願出て許されなかったという説(?)があるのも、近世初期の殉死流行期を隔ること遠くなく、有名な「列死禁令」が出たのが僅か三年前の寛文三年であったことを思えば、あながちに伝記作者の理想化の結果ともいきれ...
  • 三枝雲岱と周辺の人々白州ふるさと文庫 山口素堂資料室さんのプロフィール
宇都宮隆法さん
  • 生実藩 (シリーズ藩物語)
  • 光によって改易された。宇多源氏の流れである三河以来の重臣森川重俊は一度失脚したものの、大坂夏の陣で戦功を上げ、秀忠の側近として行動し、1627年に生実藩一万石の藩主となった。江戸時代の生活重俊は秀忠に殉死し、4代目俊胤は吉宗の若年寄へ就任した。森川家には譜代大名の幕臣として活躍した家から女性が嫁いできた。8代目藩主俊知の森川としは婿養子を取った。「とし」という名前は女性ながらも藩主と同等の立場に位置づ...
  • 宇都宮隆法の書評ブログ宇都宮隆法さんのプロフィール
 俳句「竹とんぼ」さん
  • 秋霖や粗石の列ぶ殉死の墓(き) 流伴
  • 秋霖や粗石の列ぶ殉死の墓(き) 流伴2017年09月14日 |秋秋霖や粗石の列ぶ殉死の墓日光には多数の寺院がある諸般の大名を祀った寺もあってその寺の門外に粗い石が並んでいたりする身分の低い家臣の殉死者の墓であるしとしとと...
  •  俳句「竹とんぼ」 俳句「竹とんぼ」さんのプロフィール
K.Tさん
  • 2017年09月13日のつぶやき
  • kunio_torii / 鳥井邦男お早うっし。乃木大将の日。1912(大正元)年乃木希典大将が、明治天皇の大喪の日に夫人とともに殉死した。自宅のあった地に、乃木大将を祀った乃木神社が建てられた。1949年小津安二郎監督の映画『晩春』が封切り。本日も宜しくです。 at 09/13 05:59...
  • ちょいと一服K.Tさんのプロフィール
ちわきの俳句の部屋さん
  • 乃木忌
  • 3高地の松」もありますよ。 晩年は学習院の院長になり、後の昭和天皇の教育係をも務めています。一番ショックなのは明治天皇の後を慕って、大正元年(1912)明治天皇大葬が行われた日の夜、妻と一緒に自刃して殉死したということでしょう。享年希典64才妻静子54才。この殉死を思うとき、必ずといっていいほど、あの夏目漱石の小説『こゝろ』を思い出してしまいます。 やっと我家の?芙蓉?が咲き始めました。こんなに遅いの...
  • ちわきの俳句の部屋ちわきの俳句の部屋さんのプロフィール
ワンモアさん
  • 【9月13日】乃木希典と殉死
  • 乃木希典(Wikipedia)1912年(大正元年)の9月13日。明治天皇崩御の後に陸軍軍人乃木希典が妻の静子さんとともに殉死します。満62歳でした。 乃木希典といえば、日露戦争での旅順攻囲戦が有名です。この戦いで旅順要塞がなかなか陥落せず、数多くの死傷者を出し、世間からも内部からも批判が高まり、乃木を更迭せよとか、辞職、切...
  • 今日は何の日?話のネタブログワンモアさんのプロフィール
hkaihoさん
  • 2016年09月13日 に書かれた記事
  • 2016年09月13日 に書かれた記事2017-09-13 |Weblog2016年09月13日 に書かれた記事をお届けします。おすすめの一冊「殉死」司馬遼太郎乃木希典乃木 希典(のぎ まれすけ、嘉永2年11月11日(1849年12月25日) - 1912年(大正元年)9月13日)は、日本の武士(長府藩士)、軍人、教育者。日露戦争における旅順攻囲...
  • 認知的体験hkaihoさんのプロフィール
自転車屋男 2さん
  • 「明治天皇」!!「大葬の礼」!!
  • 「大葬の礼」!!2017-09-13 13:49:07 |地域「9月13日(水)」「明治天皇の大葬」「1912年(明治45年)9月13日」明治天皇の大葬が行われる。同日乃木希典大将が夫人とともに自宅で殉死。明治天皇(めいじてんのう)嘉永5年9月22日(1852年11月3日)-1912年(明治45年)7月30日)は日本の第122代天皇。諱は睦仁(むつひと)。御称号は祐宮(さちのみや)。お印は永(えい)。...
  • 自転車屋男 2自転車屋男 2さんのプロフィール
サプリメントダイレクト スタッフさん
  • 北緯40度 もりおか冷麺♪
  • 乃木大将の日1912(大正元)年のこの日、乃木希典大将が、明治天皇の大喪の日に、夫人とともに殉死した。自宅のあった地に、乃木大将を祀った乃木神社が建てられた。 北緯40度 もりおか冷麺冷麺と言えば麺と辛味♪辛味は辛みなし、弱、中、強から選べますし、冷麺とは別の皿で出される別辛というのもあります。...
  • サプリメントダイレクト スタッフ ブログサプリメントダイレクト スタッフさんのプロフィール

殉死を含むトラコミュ

片倉小十郎景綱
  • 片倉小十郎景綱
  • 伊達氏の家臣。片倉家が代々世襲する通称・小十郎により、片倉小十郎として有名。米沢の神職・片倉景長の子。はじめ伊達政宗の父・伊達輝宗に仕え、その後、遠藤基信の推挙...
  • トラックバック数:65 TB参加メンバー数:18人カテゴリー:歴史ブログ