殉死

殉死についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [殉死] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

殉死を含むブログ記事

古事記・日本書紀・万葉集を読むさん
  • 埴輪起源話 其の〇(サマリー)
  •  其の〇(サマリー)2017年05月27日 |論文梗概 日本書紀垂仁天皇条に記載の埴輪起源説話は、これまで、史実を語るものではないとされてきた。きちんと読めていなかったから誤解されている。 野見宿禰が殉死生き埋めの代わりにと提案した「是土物」は、「人馬及種々物形」の形象埴輪であるが、垂仁天皇は「其土物」を墓に立てている。「是の」と「其の」は違うから、別のものである円筒埴輪を表している。広告代理店の提案...
  • 古事記・日本書紀・万葉集を読む古事記・日本書紀・万葉集を読むさんのプロフィール
高田哲哉さん
  • 山名氏豊と山名氏豊館跡〜鳥取県倉吉市に残る古刹・大岳院と駒姫八幡
  • とその娘の駒姫が祀られています。その駒姫の娘が「おりんの方」(お林)で、第119代・光格天皇の生母となった大江磐代君の母との伝承があります。ただし、安房・館山城主で倉吉3万石に流刑となった、里見義忠と殉死八臣の墓碑があるのが注目されます。 なお、古刹・大岳院の場所などに関しては、下記にて別途ご紹介しています。→里見忠義と正木時茂 倉吉の大岳院〜里見八犬伝発祥の地 →武田高信と武田助信とは〜戦国初期の鳥...
  • 戦国武将列伝高田哲哉さんのプロフィール
ちんまりブログさん
  • 【短編小説】 パラレルワールド(後編)
  • と宣告されながらも、何度も息を吹き返しました。人間が実体のないものを信じるほど怖いことはありません。  そもそも宗教の始まりはどれもこれも似たようなものです。反体制的な一人の人間が迫害され、圧制の元に殉死する。宗教とはそういう人物の単なる偶像化です。布教の中では、よく奇跡を起こしたなどといいますが、たまたま持ち合わせていたヒーリングテクニックをそういっただけであり、それを見た弟子たちがことさら大げさに...
  • ちんまりブログちんまりブログさんのプロフィール
いちろうさん
  • 韓国の歴史と風習:生きた人間を埋める人柱と新羅という国
  • 死んだ後、その死体といっしょに王に仕えていた人間も埋められるという風習があった。 その人間は生きたまま埋められていたという。でもこれは人柱ではなくて殉葬になる。殉葬 じゅんそう王侯の死の際,臣下従者が殉死し,それをともに葬ることをいう。ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説古代韓国で殉葬がおこなわれていたということは、以前から確認されている。でも今回の発見は、殉葬ではなく人柱。 建築物が破壊されな...
  • ゆかしき世界いちろうさんのプロフィール
yukiさん
  • 西木戸神社 (秋田県大館市比内町)
  • げた。里人はその心根をあわれんで祠を建立し五輪の塔をおさめて霊魂を慰めたのが神社の始まりである。源頼朝の武家政治は、泰衡の死により全国統一を完成した事実は、日本の歴史に特筆されるべきだが、その後夫人の殉死を学者、文人、墨客、俳優ら多数の著名人が訪れ、今もなお悲涙をそそいでいる。神社の名称はこの一帯が泰衡の異母兄西木戸太郎国衡の采邑地だったからで、五輪台の里名は、五輪の塔の安置によるという。五輪台の社殿...
  • くぐる鳥居は鬼ばかりyukiさんのプロフィール
わたぐもさん
  • 緑が鮮やかに感じる
  • す。海から山に向かう峠道はこんな感じです。遠くに水平線が見えます。この峠道を走っていると心が落ち着きます。海側はまた今度。その他ニンニクの葉が枯れてきたので収穫しました。去年、猿の襲撃によっていくらか殉死してしまったニンニク。その後サンゴ網に守られた生残りは仲間の無念を晴らすべく立派な鱗茎を実らしてくれました。トマトも猿にやられず順調に育ってます。夏が楽しみ。...
  • 海辺の空き家で静かに暮らすわたぐもさんのプロフィール
haruriさん
  • 本当の悪と敵は何なのか?ますますおもしろくなってきた「ブラックリスト」シーズン2
  • ます。前シーズン終盤、レッドが出頭してきた理由の1つが、何かと自分の仕事の邪魔をしている謎の敵を探り、その敵との全面戦争に備えることだったことが判明。その謎の敵「ベルリン」との戦いで、FBIのマリクが殉死してしまい、リズの夫トムが実はベルリンの手下だったことが明らかに。そしてシーズン2では、引き続き1話完結で犯罪者と対峙しつつ、前半はベルリンとの攻防が描かれ、ついに決着します。シーズン1でレッドが裏で...
  • 観たり、食べたり、読んだりharuriさんのプロフィール
mantisさん
  • 国滅びて憲法あり
  • 原理主義者にとって戦勝国アメリカが作った憲法は「信仰のバイブル」なのであり、それを護るためなら命を投げ出す覚悟なのでしょう。我々国民を巻き添えにして地獄へ堕ちるつもりなのです。彼らは言わば「憲法九条と殉死しようとするカルト集団」だとも言えます。GHQが原文を作成しGHQの監督下の国会で行われた憲法の改正は、ハーグ陸戦条約に違反していると言われており、それを破棄することは日本人の義務です。日本人は、自ら...
  • アメリカ名門大学留学mantisさんのプロフィール
HOPE さん
  • 死を美化することは如何なものか?
  • あり得ない。その結果、イエスの十字架の死は必然だったという考えがもたらせる。ところがイエスの十字架は必然ではなく、イスラエル民族の不信仰の結果だというのが、真のお父様の見解であった。死の美化は、忠臣の殉死をもって美化される。明治天皇の死に対して殉死した乃木大将の話は有名である。「一億玉砕」を叫んで戦った日米戦争は、結局大敗北をもって終わった。「死を美化」することは如何なものかと私は思う。「沈清伝」に見...
  • HOPE HOPE さんのプロフィール
トラベルとららさん
  • 新選組局長『近藤勇終焉の地』から王子周辺を散歩!!
  • てきました!少し前に東京都調布市にある『近藤勇の生誕地』に行って来たばかりで今度は最期の地に来てしまいました!近藤勇はこの辺りで処刑されてしまったらしいけど、首塚などはなく供養碑が建てられていました!殉死した何十人の隊士の供養碑や無縁仏が置かれていました!お次も移動して東京都北区にある『王子神社』にやってまいりました!王子といえば、飛鳥山公園に遊びに来た事があるんだけど今回は通りの反対側にある神社にや...
  • トラベルとららトラベルとららさんのプロフィール

殉死を含むトラコミュ

片倉小十郎景綱
  • 片倉小十郎景綱
  • 伊達氏の家臣。片倉家が代々世襲する通称・小十郎により、片倉小十郎として有名。米沢の神職・片倉景長の子。はじめ伊達政宗の父・伊達輝宗に仕え、その後、遠藤基信の推挙...
  • トラックバック数:65 TB参加メンバー数:18人カテゴリー:歴史ブログ