殉死

殉死についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [殉死] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

殉死を含むブログ記事

新地亜紀さん
  • 天之菩卑能命
  • 祢ーのみのすくねーという、天之菩卑能命14世の子孫である勇者を探し出し、二人を勝負させたところ、見事、野見宿祢が勝利したことから、相撲の祖と呼ばれるようになりました。また、当時、天皇が亡くなった時に、殉死する風習があったのですが、それに異議を唱え、人の代わりに、埴輪を一緒に埋葬するよう提案したことから、土師氏の名を与えられ、天皇の葬儀の管理を任されるようになりました。その子孫の中に、姓を菅原に改めたも...
  • 神様とあなたをつなぐ神様コンシェルジュ新地亜紀京都新地亜紀さんのプロフィール
ピカードパパさん
  • 海外ドラマ『シカゴ・ファイア(season4)#23』感想
  • 備忘録。録画してため込んでおいた海外ドラマのうち、昨日鑑賞したのは下記の通りであります。「シカゴ・ファイア(season4)」第23話★★★★★兄の殉死以来、...続きを読む >>...
  • 世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)ピカードパパさんのプロフィール
ゆるふわまさぴょんさん
  • りょうくんとフライヤーのおかげ
  • ら。どちらにしろ、2人ともちょっと悪い顔してます。ニヤリの一歩手前。そして天使のようなゆきちゃん(仙名彩世ちゃん)。ピンクの着物が可愛い??きっと、みりりん四郎だけを見つめて、最後はみりりん四郎と共に殉死するのかな。裏のみりりん四郎は、意思を持ってこちらをうかがっています。なんと素敵な美青年。天草四郎時貞は、頭も良く、顔もよく、カリスマだった、ということがビジュアルだけで納得できます。Messiahは...
  • TAKARAZUKAとゆるふわな日々ゆるふわまさぴょんさんのプロフィール
記述師さん
  • 読了本ストッカー:『阿部一族・雁・高瀬舟』森鴎外/旺文社文庫
  • 阿部一族・雁・高瀬舟 (1965年) (旺文社文庫) [文庫]森 鴎外旺文社19652016/4/21読了。◆「阿部一族」……熊本藩主細川忠利の死に際して行われた殉死をめぐる悲劇を描きます。読了感としては、五味康祐の短編みたいでしょうか(こっちが先だけど)。阿部一族の長、阿部弥一右衛門は、忠利の死に際して殉死を願い出ますが、忠利本人に拒否されます。理由はなんとなく...
  • 記述師文庫堂記述師さんのプロフィール
クーラーさん
  • メモ 縄文時代遺構から破壊土器片が出土する意味
  • の象徴的活動が必要です。その象徴的活動が廃絶施設内における手持ち土器破片の送り(破壊)であったと考えます。「王が死んだとき臣下が一緒に死ぬことにより王が本当に送られる(天国に行ける)という思考」つまり殉死(犠牲)という概念が古代にあります。この殉死という古代思考と類似の思考が縄文人の生活施設廃絶思考(送り思考)に組み込まれていたと考えます。縄文人は施設を廃絶するために、つまり施設を送るためにはそれなり...
  • 花見川流域を歩くクーラーさんのプロフィール
稲島寅蔵さん
  • ■神州不滅の礎(その九十五)
  • 俳優が居たら歴史に残るだろう。例えば西郷隆盛が城山で「晋どんそろそろ良かが」と云って、首を本当に差し出して死んだならばこれ以上の役者は居ない。併し嘗ての志士国士には現実に居たのである。切腹然り、諫死、殉死等もその中に数えられる。近代では三島由紀夫事件がそうであり。野村秀介も朝日新聞社に乗り込み「貴方の目の前には人生を賭ける一人の男が居る」と云って、息子の前で自分の頭をぶち抜いた。此れ等も或る意味では演...
  • 人の行く 裏に道あり 花の山稲島寅蔵さんのプロフィール
じゅくせんのつぶやきさん
  • 森鷗外「阿部一族」
  • -04-11 16:53:13 |Weblog☆ 森鷗外の歴史小説「阿部一族」を読んだ。江戸時代初期、肥後藩で実際に起こった上意討ちを題材にした作品。☆ 藩主細川忠利の病が重くなったとき、家臣の多くが殉死を願い出た。藩主は簡単には応じなかったが、比較的新参の18人に許しが下った。藩主の近臣ながら許しが出なかった阿部弥一右衛門、家中で「命が惜しかったのでは」との噂が出るに及んで腹を切る。これが藩主の命に...
  • じゅくせんのつぶやきじゅくせんのつぶやきさんのプロフィール
宇都宮隆法さん
  • 中国古代史研究の最前線 (星海社新書123)
  • 始祖伝承を承認しあっていたのではないかという。「楚居」では左氏伝に記載されている叔堪のながなく、叔は楚と同族であると主張したい呉などの周辺勢力によって、後に付け足されたということかもしれない。兵馬俑は殉死者の代わりではない。あの世にもこの世と同様の世界・役人がいるという死生観の表れである。占いは漢初期まで行われ、竹簡から庶民のものとなっていたことがわかる。...
  • 宇都宮隆法の書評ブログ宇都宮隆法さんのプロフィール
順@少彦名さん
  • 相撲のアレについて…
  • が泣いとるわってですか? 相撲の神などいない。野見宿禰がそれとして相撲神社に祀られたというだけ… ここまで土俵の画像一枚も貼ってないなw 逆に命がけで闘い、勝ち、それで天皇に仕えた影響力で陵墓の殉死の風習を埴輪でまつり換える案を通した※ことで多くの人命を救ったことになる野見宿禰こそが今の相撲周辺の体たらくを泣いておられませんかね? ※このことで宿禰に土師臣(はじのおみ) の姓が与えられた。 ...
  • 浄め・癒し処 少彦名順@少彦名さんのプロフィール
masaさん
  • 官僚だけ責任にするな!
  • これではいけませんね。どうしてこうなったのか、そのとっかかりを説明してもらわないと合点がいきません。特に安倍夫妻や官邸との関係や接点。今日の安倍首相、イラク日誌の質問の合間にニタつく場面がありました。殉死や自殺している自衛隊の隊員がいるというのに・・・。人格が疑われます。支持率も落ち、3期目がないと言うのが大方の見方のようですが・・・。...
  • 一日は長し、されど一生は短しmasaさんのプロフィール

殉死を含むトラコミュ

片倉小十郎景綱
  • 片倉小十郎景綱
  • 伊達氏の家臣。片倉家が代々世襲する通称・小十郎により、片倉小十郎として有名。米沢の神職・片倉景長の子。はじめ伊達政宗の父・伊達輝宗に仕え、その後、遠藤基信の推挙...
  • トラックバック数:65 TB参加メンバー数:18人カテゴリー:歴史ブログ