四書五経

四書五経についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [四書五経] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

四書五経を含むブログ記事

別宮孝司さん
  • 総合・テーマ史 ★★★ 中国文化史(元〜現代)
  • の文人画家なので誤り。(b)長生殿伝奇は清の戯曲。(d)纏足は漢民族の間で宋代から始まった風習。イ.ウ.エ.は雑学的知識で知らなくても無理はない。(e)四庫全書の「経・史・子・集」は覚えておこう。経は四書五経の類、史は歴史書、子は諸学者の書と仏教書、集は詩や文集。すべての書物をこの4種類に分類した。(f)洪秀全は科挙の落第生。反乱を起こした人物には科挙の落第生が多い。黄巣など。(g)矛盾論は毛沢東の論文。...
  • DAIMAJIN-BOX別宮孝司さんのプロフィール
敬天愛人さん
  • 【第19回キャリコン2級実技面接/仮想ロールプレイケース4】中編
  • 発 (5)時事 (8)ビジネス (23)厳選まとめサイト (18)採用・人事担当者 (11)リーダー (23)腕時計 (11)ロレックス (6)アニメ・漫画のキャリア理論 (4)メンタルヘルス (3)四書五経 (11)コミュニケーションスキル (6)お問い合わせ・プライバシーポリシー・個人情報保護方針・特定商取引法お問い合わせフォーム・プライバシーポリシー・個人情報保護方針・特定商取引法関連サイトクリック...
  • キャリアトーーク! 名もなきキャリアコンサルタント敬天愛人さんのプロフィール
karuさん
  • 西郷どん1話「薩摩のやっせんぼ」感想?西郷隆盛の少年時代
  • ていたようで実際に郷中同士が出くわすと諍いに発展することが多かったようです。また小吉は7歳から郷中教育の中に入り赤山靱負の下で漢文の素読を行い、8歳からは藩校である造仕館に通い座学では儒教の経典である四書五経を中心に当時の官学とされた朱子学を中心に学んでいました。 小吉は赤山靱負の下で学問を学びましたが、彼は島津家の血筋である日置家に属しており、小吉の祖母も日置家の家来の出であった縁から吉兵衛が赤山家の御...
  • 悲しい笑いを葬り去ろうkaruさんのプロフィール
敬天愛人さん
  • 【国家資格】第19回2級キャリアコンサルティング技能検定テキスト販売中
  • 発 (5)時事 (8)ビジネス (23)厳選まとめサイト (18)採用・人事担当者 (11)リーダー (23)腕時計 (11)ロレックス (6)アニメ・漫画のキャリア理論 (4)メンタルヘルス (3)四書五経 (11)コミュニケーションスキル (6)お問い合わせ・プライバシーポリシー・個人情報保護方針・特定商取引法お問い合わせフォーム・プライバシーポリシー・個人情報保護方針・特定商取引法関連サイトクリック...
  • キャリアトーーク! 名もなきキャリアコンサルタント敬天愛人さんのプロフィール
敬天愛人さん
  • 【第19回キャリコン2級実技面接/仮想ロールプレイケース4】前編
  • ー (23)読書 (23)雑記 (22)試験対策講座のご案内 (18)厳選まとめサイト (18)働き方改革 (18)個別指導予約表 (13)2級キャリアコンサルティング技能検定 論述解答例 (13)四書五経 (11)採用・人事担当者 (11)腕時計 (11)ブログ運営 (10)時事 (8)ロレックス (6)コミュニケーションスキル (6)1級キャリアコンサルティング技能検定 論述解答例 (6)企業向け...
  • キャリアトーーク! 名もなきキャリアコンサルタント敬天愛人さんのプロフィール
いづな薫さん
  • 西郷どん「さつまのやっせんぼ」
  • (いやひめ)、鳥取藩主池田治道の息女で、織田信長、徳川家康、伊達政宗の血をひく人物である。島津斉彬もこの3人の子孫と言うことになる。斉彬は、弥姫の長子である。弥姫は、才女の誉れ高く、「左伝」「史記」「四書五経」をよくし漢文や和歌の作品を残していいる。わが子に乳母を付けず、自ら養育、教育した。これで出来上がったのが、名君斉彬である。しかし、斉彬が16歳の時、34歳で逝去。今回のドラマでは、始めから終わりまで...
  • 戦国カフェいづな薫さんのプロフィール
敬天愛人さん
パンセ(みたいなものを目指して)さん
  • 面白そうな「論語」
  • 示すように思われる(老荘は少し違うかもしれないが)だから歳を重ねると自分の経験に結びつきそうな部分が連想できて面白いと感じるのだろうところで江戸時代は武士が政治を仕切っていたが、藩校では武芸のみならず四書五経(論語が入っている)が学ばれていたようだつまりは政治のエリートとなるような人物は「論語」から現実の世界に役立ちそうな知恵をえていたしそれらが判断の基準となりえていたかもしれない(教養として)武士特有の...
  • パンセ(みたいなものを目指して)パンセ(みたいなものを目指して)さんのプロフィール
中仙堂さん
市川隆久さん
  • イエス・キリストを信じない者は野蛮人である、とキリスト教徒は考えた
  • の原住民を虐殺した理由の2番目として、キリスト教の教義が挙げられます。キリスト教は、仏教や儒教とは宗教の基本的な構造が違います。仏教は修行を行うことにより、自分の心から欲望を消し去ろうとします。儒教も四書五経などを読んで、儒教の考え方を身に付けなければなりません。どちらも「努力して悟る」という自力本願の宗教です(大乗仏教の中には他力本願を標ぼうしている宗派もありますが、教義を詳しく見てみると本当は自力本願...
  • 市川隆久の大まじめブログ市川隆久さんのプロフィール

四書五経を含むブログ村メンバー

  •  
Yoshiさん
日々新たなり「苟(まこと)に日に新たに、日々に新たさん
風の旅人さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

四書五経について