大衆文化

大衆文化についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [大衆文化] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

大衆文化を含むブログ記事

みつひろさん
  • 刺青の概念は変わるのか
  • があったと考えられています。これは世界に普遍的な考え方でスポーツ選手が刺青する心理的要因はここにあるのでしょう。 刺青がアウトローのシンボルからエリートスポーツ選手の象徴へと変わりつつある中で、日本の大衆文化はどうなっていくのか。注目しています。私には縁がなさそうですが。letswalk 2018-07-19 07:23刺青の概念は変わるのか広告を非表示にする関連記事2015-10-12日本代表の新しい姿...
  • はてなの毎日みつひろさんのプロフィール
yutaromaさん
  • 待望の邦訳ついに出版!U・エーコ『女王ロアーナ、神秘の炎』
  • を求めて奮闘する姿はもちろんのことですが、この作品で顕著に現れるのは、主人公の子供時代、すなわちファシズム時代のスキゾフレニーな傾向です。そうした傾向は、本書の中で描かれる、ファシズム期に流行していた大衆文化の矛盾から推察することができます。たとえば、イタリアでも大人気だったミッキーマウスの例があります。ミッキーマウスは30年代にアメリカから漫画として輸入され、イタリア語ではミッキーマウス=topolin...
  • BUONO! ITALIA(ボーノ!イタリア)yutaromaさんのプロフィール
もいさん
  • 大正モダーンズ@日比谷図書文化館の覚書
  • 彰式へ出かけた日(入賞ヤッター!)、近くで本展の看板を見かけて、飛び込み鑑賞しました 東京ステーションギャラリーで開催していた竹久夢二展「夢二繚乱」との連動企画。マスメディアや印刷技術が発達し、様々な大衆文化が花開いた大正〜昭和初期の商業デザインを紹介する、という展覧会です。 駆け足でしたが、ハイカラな図案をさまざま見られて楽しかったです。革新された印刷技術を駆使し、新しい価値観や海外の流行も取り入れ...
  • 美術覚書もいさんのプロフィール
かんちゃんさん
  • 東京の図書館から〜小金井市立図書館〜:ドビュッシー 聖セバスチャンの殉教
  • ャンの殉教」も、テクストが良いものであればそれほど紛糾しなかったでしょうし、また現代においても原作通りに上演されるでしょう。いや、とても優れているんです。しかし、19世紀末〜20世紀に掛けては、演劇は大衆文化となった時代です。大衆相手には、時間が長いうえに、わかりにくい設定だったことが、私は紛糾した原因だと思っています。まず、主人公聖セバスチャンは、実は本人ではなく、その「霊」となっているのです。言い換え...
  • かんちゃん 音楽のある日常かんちゃんさんのプロフィール
haruharuさん

大衆文化を含むトラコミュ

ハードコアヒップホップ
  • ハードコアヒップホップ
  • ハードコアヒップホップ(英語 Hardcore Hip Hop)とは、ヒップホップの1つのジャンル。日本ではハーコーと略される事もある。詩の主題には対立や自己主張などを取り上げ、...
  • トラックバック数:2 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:音楽ブログ

大衆文化を含むブログ村メンバー

  •  
大衆文化評論家指田文夫の「さすらい日乗」さん
ぶらタメさん
  • ENTAME☆LIFEぶらタメさんのプロフィール
  • ぶらくり丁周辺のライブハウス・クラブ等の情報を発信。
筆致俳句(HITCH-HIKE)さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

大衆文化について