一ノ谷の戦い

一ノ谷の戦いについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

一ノ谷の戦いを含むブログ記事

ダルマさん
  • 点が伸びないのは,やり方が悪いから
  • 大群と戦えない。君なら,どうする?などなど,各戦いの簡単なエピソードを,私が語ります富士川の戦い 水鳥に驚いて,平家敗走(倶利伽藍峠の戦い) 木曽義仲(源)が,牛の角に松明(たいまつ)をつけて・・・ 一ノ谷の戦い 馬を落として,崖から突撃 屋島の戦い 暴風雨のなか,四国に渡る 壇の浦の戦い 平家滅亡私の問題集は,戦いの名前のところが空欄になっており,生徒に書かせます当然,地図帳(高校生用の地歴地図帳)や図表集...
  • 国語職人・社会職人ダルマさんのプロフィール
kurouさん
  • 熊谷直実と平敦盛〜一ノ谷の戦い
  • でした。敦盛は16歳だったとも17歳だったともいわれています。我が子と同じくらいの齢の若者を討ち取ってしまった直実。この事で出家を考えるようになったのだとか・・・熊谷直実平敦盛敦盛の胴塚(須磨浦公園)一ノ谷の戦いで熊谷直実に討たれた平敦盛、平清盛の弟・経盛の末子。1184年(寿永3年)2月7日、源義経の奇襲で一ノ谷の平家軍が劣勢になると、敦盛は騎馬で海上の船に逃れようとするが、熊谷直実に呼び止められてしまう。...
  • kurouのブログkurouさんのプロフィール
けんけんけんさん
  • 源平藤戸古戦場    (岡山県倉敷市)
  • 藤戸古戦場>住所:岡山県倉敷市藤戸町藤戸駐車場無し<藤戸合戦について・クリックすると拡大します>◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆藤戸古戦場に行ってきました。一ノ谷の戦いのあと、西へ追討の兵を進める源範頼軍と平行盛の軍がぶつかった古戦場です。今は陸地になっている場所も、源平の頃は島が点在する海で、水軍の無い源氏軍は敵の挑発になすすべの無い状況でしたが、佐々木盛綱らが海...
  • 日本隅々の旅けんけんけんさんのプロフィール
kurouさん
  • 源義経の鵯越の逆落とし〜一ノ谷の戦い
  • 『吾妻鏡』によれば・・・1184年(寿永3年)2月7日、一ノ谷の戦いが始まります。源範頼が生田口から攻寄せ、源氏の白旗と平家の赤旗が入り交じっての戦いは、山を響かせて、地を動かすかのようだったといいます。その頃、源義経は精鋭部隊70騎を引き連れて鵯越にいました。そこは...
  • kurouのブログkurouさんのプロフィール
みやさん
  • 煙島〜平敦盛首塚
  • 淡路島の南端にある煙島です。 平敦盛の首を荼毘に附したと伝えられる島。寿永3年(1184年)、一ノ谷の戦いにおいて平家軍は源氏軍に敗北。平家方は平忠度、平通盛、平経俊など一門の武将たちが戦死。平敦盛(清盛甥)は17歳で参戦、源氏方武将・熊谷直実に討ち取られたと言います。平家は福原京を放棄。安徳天皇を奉じて...
  • 古都の礎みやさんのプロフィール
みやさん
  • 大園島〜潮待ちの行在所
  • 淡路島の南端にある大園島です。 寿永3年(1184年)2月、一ノ谷の戦いで源義経・範頼率いる源氏軍に敗れた平家軍は、福原京を放棄。安徳天皇を奉じて船で讃岐国の屋島へ渡ろうとこの付近を航海するも、鳴門海峡の潮の流れが速く、潮の流れを待つ間の7日間、この島に安徳天皇の行在所を...
  • 古都の礎みやさんのプロフィール
Bigbossmanさん
  • 首を取る話
  • されています。荒俣宏氏の小説、『帝都物語』の影響もあって、将門は日本最大の怨霊とまで言われるようになりました。さて、源平の合戦の頃には、首を取ることが作法として始まっていたようです。『平家物語』では、一ノ谷の戦いで、熊谷次郎直実が、波打ち際で平家の武者を組み伏せ、鎧の様子から高貴な武将であると見て首を取ろうとしたが、顔を見ると自分の息子ほどの若さ。逃してやろうとしても、味方が近くまで来ており、泣く泣く首を斬っ...
  • 怖い話しますBigbossmanさんのプロフィール

一ノ谷の戦いを含むトラコミュ

梶原景季
  • 梶原景季
  • 平安時代末期から鎌倉幕府初期の武将。梶原景時の嫡男。通称を源太といった。木曽義仲追討に際し、宇治川の戦いにおいて佐々木高綱と先陣を争い渡河。続く一ノ谷の戦いでは...
  • トラックバック数:6 TB参加メンバー数:4人カテゴリー:歴史ブログ
平敦盛
  • 平敦盛
  • 平安後期の武将。笛の名手。一ノ谷の戦いで熊谷直実に討たれる。弱冠16歳。
  • トラックバック数:11 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:歴史ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

一ノ谷の戦いについて