一ノ谷の戦い

一ノ谷の戦いについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

一ノ谷の戦いを含むブログ記事

kurouさん
  • 鵯越の逆落とし〜源義経の奇襲:一ノ谷の戦い
  • 『吾妻鏡』によれば・・・1184年(寿永3年)2月7日、一ノ谷の戦いが始まります。源範頼が生田口から攻寄せ、源氏の白旗と平家の赤旗が入り交じっての戦いは、山を響かせて、地を動かすかのようだったといいます。その頃、源義経は精鋭部隊70騎を引き連れて鵯越にいました。そこは...
  • kurouのブログkurouさんのプロフィール
kurouさん
  • 源平の戦い:一ノ谷
  • 戦の濱碑一ノ谷の戦いは、1184年(寿永3年)2月7日、摂津国の福原と須磨で源平が激突した戦い。生田の森源範頼率いる5万6千騎が大手(生田)から攻め寄せ、源義経率いる精鋭部隊が奇襲をかけたことで、平家軍は混乱し総大将の平...
  • kurouのブログkurouさんのプロフィール
okadoさん
  • 一ノ谷の戦い
  • 戦の濱碑一ノ谷の戦いは、1184年(寿永3年)2月7日、摂津国の福原と須磨で源平が激突した戦い。生田の森源範頼率いる5万6千騎が大手(生田)から攻め寄せ、源義経率いる精鋭部隊が奇襲をかけたことで、平家軍は混乱し総大将の平...
  • okadoのブログokadoさんのプロフィール
kurouさん
  • 流鏑馬と熊谷直実の伝説〜鶴岡八幡宮〜
  • 熊谷直実は、武蔵国熊谷郷の武将。石橋山の戦いでは源頼朝に敵対しますが、その後、頼朝に仕え、佐竹討伐、一ノ谷の戦いで活躍しました。特に、一ノ谷の戦いでは、源義経の鵯越に従い、平敦盛を討った武将として知られています。源平の庭(一ノ谷古戦場・須磨寺)『吾妻鏡』によれば・・・1187年(文治3年)8月4日、源頼朝は、鶴...
  • kurouのブログkurouさんのプロフィール
桜田 史弥さん
  • 20181115-13
  • れ、血糖量の上昇、心拍数の増加などを ...●石田三成[1]・[2]・[3] 関東最大級のねぷた祭り=埼玉県北本市〔地域〕ニコニコニュース今回は初の試みとして、県立北本高校の生徒が源平合戦の一つ「一ノ谷の戦い」を題材に、平敦盛と県ゆかりの武将である熊谷直実を描いたねぷたを制作した。●熊谷直実と平敦盛 家族連れにぎわう 武者行列200人 富士宮 /静岡毎日新聞戦国武将・織田信長の首塚伝説にちなむ「第19回信...
  • 歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク桜田 史弥さんのプロフィール
みゅーじっくふうちゃんねる �・show我が青春さん
  • 青葉の笛
  • 青葉の笛2 更くる夜半に門(かど)を敲(たた)き わが師に託せし言(こと)の葉あわれ 今わの際(きわ)まで持ちし箙(えびら)に 残れるは「花や今宵」の歌明治39年(1906)発表。『平家物語』のうち、一ノ谷の戦いを歌にしたもので、「敦盛(あつもり)と忠度(ただのり)」という副題がついています。1番は無官大夫平敦盛、2番は薩摩守平忠度が主人公になっています。一ノ谷で、源氏の武将・熊谷次郎直実(なおざね)は、海に...
  • みゅーじっくふうちゃんねる �・show我が青春みゅーじっくふうちゃんねる �・show我が青春さんのプロフィール
TAMURA2000さん
  • 11月10日(土)のつぶやき
  • 。1872 pic.twitter.com/ZCnsU1R3S2 ― 大沢 南 (@osawaminami)2018年11月10日 - 18:09国立博物館、高精度複製プロジェクト、平家物語、屏風絵、一ノ谷の戦い、義経の鵯越。 試しに馬を落としたら、三頭は生きていた、というので実戦採用という無謀。 pic.twitter.com/T2eaq9bZFw ― 大沢 南 (@osawaminami)2018年11月...
  • メディア遊歩道TAMURA2000さんのプロフィール

一ノ谷の戦いを含むトラコミュ

梶原景季
  • 梶原景季
  • 平安時代末期から鎌倉幕府初期の武将。梶原景時の嫡男。通称を源太といった。木曽義仲追討に際し、宇治川の戦いにおいて佐々木高綱と先陣を争い渡河。続く一ノ谷の戦いでは...
  • トラックバック数:6 TB参加メンバー数:4人カテゴリー:歴史ブログ
平敦盛
  • 平敦盛
  • 平安後期の武将。笛の名手。一ノ谷の戦いで熊谷直実に討たれる。弱冠16歳。
  • トラックバック数:11 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:歴史ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

一ノ谷の戦いについて