一ノ谷の戦い

一ノ谷の戦いについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

一ノ谷の戦いを含むブログ記事

イサオさん
  • 摂津国多田庄
  • 主犯とされる俊寛は他の二人と共に鬼界ヶ島(薩摩国)へ配流されました。多少の陰りが見えてきたにせよ平家の全盛、密告した行綱は落ち目な源氏、「平家物語」は良いようには描いていません。 義経の戦功とされる「一ノ谷の戦い」、「鵯越」ですが、本当は地の利があった行綱の手柄だったとの説があり、以降、義経と幸綱の関係が深まります。清和源氏の嫡流を自認した頼朝は、義経を許可なく官位を受けたとして追討したと同様に、行綱も追放し...
  • ISAO's Scrapbookイサオさんのプロフィール
okadoさん
  • 鵯越の逆落とし:源義経の奇襲戦法〜一ノ谷の戦い
  • 『吾妻鏡』によれば・・・1184年(寿永3年)2月7日、一ノ谷の戦いが始まります。源範頼が生田口から攻寄せ、源氏の白旗と平家の赤旗が入り交じっての戦いは、山を響かせて、地を動かすかのようだったといいます。その頃、源義経は精鋭部隊70騎を引き連れて鵯越にいました。そこは...
  • okadoのブログokadoさんのプロフィール
かめくろさん
  • 【鵯越・後白河】一ノ谷の戦い【敦盛最期・首渡】
  • ズかったのだろうな…かくして正式に「賊軍」となった平氏ゆえに、敦盛も含め討ち取られた平家の公達がことごとく都で首渡し、つまり晒し首の獄門にかけられたのはなんとも陰惨な悲劇だわ…(出典 【鵯越・後白河】一ノ谷の戦い【敦盛最期・首渡】)1 日本@名無史さん :2017/11/01(水) 00:00:15.00 .net義経逆落しの華やかな伝説の一方で、後白河院が平家方に和平をほのめかして油断させたとも云われる黒い...
  • ひろいあつめ@歴史まとめかめくろさんのプロフィール
kurouさん
  • 源平合戦〜一ノ谷・屋島・壇ノ浦〜
  • を破り、7月には平家一門を都落ちさせて入京したが、後白河法皇と対立し、1184年(寿永3年)1月、源頼朝が派遣した源範頼と源義経によって滅ぼされた。2月、勢力を挽回しつつあった平家軍を源範頼と源義経が一ノ谷の戦いで撃破。一ノ谷古戦場屋島に逃れた平家軍だったが、1185年(元暦2年)2月、源義経の奇襲攻撃を受け敗走。屋島古戦場3月、平家軍は壇ノ浦の戦いにも敗れて滅亡した。壇ノ浦古戦場...
  • kurouのブログkurouさんのプロフィール

一ノ谷の戦いを含むトラコミュ

梶原景季
  • 梶原景季
  • 平安時代末期から鎌倉幕府初期の武将。梶原景時の嫡男。通称を源太といった。木曽義仲追討に際し、宇治川の戦いにおいて佐々木高綱と先陣を争い渡河。続く一ノ谷の戦いでは...
  • トラックバック数:6 TB参加メンバー数:4人カテゴリー:歴史ブログ
平敦盛
  • 平敦盛
  • 平安後期の武将。笛の名手。一ノ谷の戦いで熊谷直実に討たれる。弱冠16歳。
  • トラックバック数:11 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:歴史ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

一ノ谷の戦いについて