新井白石

新井白石についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [新井白石] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

新井白石を含むブログ記事

アンリさん
  • 語呂年表配布します
  • 51 慶安の変(由井正雪の乱)1657 明暦の大火1685 生類憐みの令が出される1669 シャクシャインの戦い1689 松尾芭蕉「奥の細道」の旅に出発1690 湯島の聖堂をたてる1709 正徳の治(新井白石)徳川綱吉徳川家宣徳川家継1716 享保の改革1732 享保の大飢饉1742 公事方御定書の制定徳川吉宗 関連年代の覚え方1772 田沼意次、老中に就任1774 解体新書1782 天明の大飢饉1783...
  • 楽しく覚える歴史年代アンリさんのプロフィール
hatouleのブログさん
  • 世界結核デー 「おじいちゃ〜ん!」
  • この時期。待ち焦がれた花が開くのを待つ、この一点に人びとの気持ちが集まり、不思議な高揚感が一本列島を覆います。お花見の計画は、どうですか? あとは好天を祈りましょう。今日生まれた有名人  1657年 新井白石(江戸幕府老中、儒学者)  1970年 原田泰造(お笑いタレント/ネプチューン)  1976年 くわばたりえ(お笑いタレント/クワバタオハラ)  1985年 綾瀬はるか (タレント、女優)今月で、この...
  • hatouleのブログhatouleのブログさんのプロフィール
みっちゃんさん
  • 「月」と「暦」
  • 士清の『和訓栞』では「日読み」(かよみ)であるとされ、定説となっており、一日・二日...と正しく数えることを意味する。ほかに、本居宣長の「一日一日とつぎつぎと来歴(きふ)るを数へゆく由(よし)の名」、新井白石は「古語にコといひしには、詳細の義あり、ヨミとは数をかぞふる事をいひけり」などの定義がある。戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けて...
  • 親子チョコ♥(親子で、ちょこっと。。。)みっちゃんさんのプロフィール
三田主水さん
  • 『コミック乱ツインズ』 2017年4月号(その一)
  • 田秀人) よく見たら表紙に「全10回」と記載されていた本作、今回は第8回ですので、ラスト3回ということになります。 今回はまさしく決戦前夜といったところ、柳沢吉保・荻原重秀側からは絡め手の引き込みが、新井白石からは温かみの欠片もない命令と板挟みの状況を一挙に打開すべく、自ら虎口に飛び込むことを決意した聡四郎。 しかしその聡四郎の役に立ちたいと無謀にも敵方の牢人の跡を付けた紅が―― と、決戦に向けてどんどん...
  • 主水血笑録三田主水さんのプロフィール
マロンママさん
  • お彼岸が来るねぇ
  •  普通のお寺って? ここからがすごいぞ 明石藩 藩儒 梁田蛻巌 (やなだぜいがん) 江戸時代、大名の間では「明石に過ぎたるものに、 儒学の蛻巌、砲術の六兵衛、馬術の源八」と言われ ていました。 蛻巌は新井白石らとともに「正徳の 四家」と言われるほど有名な学者でした。 明石藩お抱えの儒学者として「景徳館」を開設し、 藩士子弟の教育にあたりました。  明石観光協会 http://www.yokoso-akas...
  • 1日1マロンマロンママさんのプロフィール
ebisenさん
  • 【産経】聖徳太子を「厩戸王」とし、「脱亜入欧」を貶める 「不都合」な史実の抹消狙う左翼に警戒を[3/16]
  • (なか)れ〉と」いった(隋書倭国伝)。  中華の人は華夷秩序(かいちつじょ)の上位に自分たちがおり、日本は下だと昔も今も思いたがる。だから対等な国際関係を結ぼうとする倭人(わじん)は無礼なのである。新井白石はそんな隣国の自己中心主義を退けようと、イタリア語のCina(チイナ)の使用を考えた。支那Zh●n★は侮蔑語でなくチイナの音訳だが中国人には気に食わない。  東夷の日本が、かつては聖人の国として中国...
  • まとめる@うぇぶんちebisenさんのプロフィール
憂国のZ旗さん
紫苑さん
  • 【正論】「不都合」な史実の抹消狙う左翼に警戒を 
  • る勿(なか)れ〉と」いった(隋書倭国伝)。 中華の人は華夷秩序(かいちつじょ)の上位に自分たちがおり、日本は下だと昔も今も思いたがる。だから対等な国際関係を結ぼうとする倭人(わじん)は無礼なのである。新井白石はそんな隣国の自己中心主義を退けようと、イタリア語のCina(チイナ)の使用を考えた。支那Zh●n★は侮蔑語でなくチイナの音訳だが中国人には気に食わない。 東夷の日本が、かつては聖人の国として中国をあ...
  • 風の向こうに紫苑さんのプロフィール
piyoko1さん
  • 市塵(藤沢周平)
  • タイトルは何と読むかも判らず パラパラとめくったら新井白石と 目に入った。新井白石は 儒学者だとは認知していた。なんか堅そうで 今まで読んだことはなかった。江戸中期の学者で 甲府藩の主君綱豊に真部詮房と共に 重用され仕えた。真部詮房も 新井白石も ドラマでよ...
  • 日々前進piyoko1さんのプロフィール
凜さん
  • 聖徳太子を「厩戸王」とし、「脱亜入欧」を貶める 「不都合」な史実の抹消狙う左翼に警戒を 東京大学
  • る勿(なか)れ〉と」いった(隋書倭国伝)。 中華の人は華夷秩序(かいちつじょ)の上位に自分たちがおり、日本は下だと昔も今も思いたがる。だから対等な国際関係を結ぼうとする倭人(わじん)は無礼なのである。新井白石はそんな隣国の自己中心主義を退けようと、イタリア語のCina(チイナ)の使用を考えた。支那Zh●n★は侮蔑語でなくチイナの音訳だが中国人には気に食わない。 東夷の日本が、かつては聖人の国として中国をあ...
  • 凛として愛凜さんのプロフィール

新井白石を含むトラコミュ

草餅
  • 草餅
  • 草餅(くさもち)は、餅の一種。和菓子として扱われている。古くはハハコグサ(母子草)で草餅をつくっていたが、今日では通常の餅にヨモギを磨り潰したものを混ぜ、その中...
  • トラックバック数:18 TB参加メンバー数:8人カテゴリー:スイーツブログ
折りたく柴の記
  • 折りたく柴の記
  • 5代将軍家宣に仕えた高名な学者、新井白石の自叙伝名を借用。少し厚かましすぎるが、新井白石の父は長い浪人生活していて、その父が狭庭で枯れ木を折りながら焚き火をして...
  • トラックバック数:1 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:シニア日記ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

新井白石について