新井白石

新井白石についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [新井白石] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

新井白石を含むブログ記事

卑弥呼様は天照大神さん
  • 女王国の北の二十一国の過去の考察
  • は過去の研究者は連続する二十一国をどのような国に比定してきたのでしょうか?【邪馬台国畿内説派】重鎮で京都大学派の内藤湖南教授は、『日本書紀』の示唆する卑弥呼=神宮皇后説を江戸時代中期に唱えた松下見林、新井白石以来久々に【邪馬台国畿内説】に立ち返ると、新たな説として、卑弥呼を第11代垂仁天皇の皇女倭姫命に比定し、新井白石に習って帯方郡から邪馬台国へ至る道中の国々を比定すると共に連続する二十一國についても独自...
  • 邪馬台国探訪卑弥呼様は天照大神さんのプロフィール
カントリーローダーhideさん
  • 梨の花咲くこ頃♪
  • 内で食べるもぎたての梨は格別ですよ。畑一面じゅうたんのように、白い可憐な花が咲きほこりいま 花が満開ですので どうぞ ご覧ください♪ー花名の由来ーナシの語源には諸説あり、江戸時代の政治家・学者であった新井白石(1657〜1725)は、中心部ほど酸味が強いことから「中酸(なす)」が転じたものと述べています。他には、果肉が白いことから「中白(なかしろ)」あるいは「色なし」が転じた風があると実らないため「風なし...
  • カントリーローダーhideの日常♪カントリーローダーhideさんのプロフィール
みっちゃんさん
  • 「ちぎり(契)」の語源 〜 遺伝子、DNA、染色体、ゲノムって何?
  • 。 支那という漢字は、【英語のチャイナやフランス語のシーンと同等】、紀元前221年に中原(ちゅうげん、黄河中下流域にある平原)を統一した始皇帝の王朝である「秦」が起源です。中原  江戸時代になって、…新井白石が、それまでは【漢土や唐土など、とっくに滅びた王朝の名前でその地を呼んでいた】ものを、…【支那という言い方があることを思い出して、土地の名前として使うようになった】のです。新井白石  【中国という国家...
  • 親子チョコ♥(親子で、ちょこっと。。。)みっちゃんさんのプロフィール
てんてんさん
  • 親魏倭王
  • 筆記録をまとめたもので、同じ題材、内容の事柄が数カ所重ねて出てくるので、ページ数の割には内容は少ないと感じられた。「邪馬台国はどこにあったか」は、古代から近世までは畿内大和にあったと考えられてきたが、新井白石、本居宣長が九州説を学説として提示されて以来、邪馬台国の所在地は畿内大和か九州かの「邪馬台国論争」が続いている。論争は、まずは「魏志倭人伝」等の中国の史書を元にした文献を中心に研究されていたが、その後...
  • てんてんの記てんてんさんのプロフィール
別宮孝司さん
  • 江戸時代三貨
  • に宝永期には定量を減じた乾字小判などを発行し、金銀比価および東西の相場安定を目指したが成功することはなかった。 これに対して正徳〜享保期の貨幣改鋳は悪貨にかえて良貨をつくることを目的としていた。幕府は新井白石の建策にもとづいて1714年、正徳貨幣の改鋳を開始し、同時に銀座の粛清を断行した。家康時代への復古の理念は貨幣政策にもおよび、享保期にかけて発行された小判は慶長小判とほぼ同様の定量と品位を回復した。し...
  • DAIMAJIN-BOX別宮孝司さんのプロフィール
卑弥呼様は天照大神さん
  • 女王国以北の二十一国の読み
  • に様々な国が比定されています。例えば、對馬國⇒対馬(ツシマ)、一大国=一支国⇒壱岐(イキ)、末蘆(マツロ)国⇒松浦郡、伊都(イト)国⇒怡土郡、奴(ナ)国⇒那之縣、不彌(フミ)国⇒宇美(ウミ)町などは、新井白石により江戸時代中期に既に比定されており、不彌国などに一部異説もありますが、現在でも研究者の殆どが同意に至っている国々です。そしてこれ等の国々は全て北九州地域に有る国名であるようです。對馬国から邪馬台国...
  • 邪馬台国探訪卑弥呼様は天照大神さんのプロフィール

新井白石を含むトラコミュ

草餅
  • 草餅
  • 草餅(くさもち)は、餅の一種。和菓子として扱われている。古くはハハコグサ(母子草)で草餅をつくっていたが、今日では通常の餅にヨモギを磨り潰したものを混ぜ、その中...
  • トラックバック数:18 TB参加メンバー数:8人カテゴリー:スイーツブログ
折りたく柴の記
  • 折りたく柴の記
  • 5代将軍家宣に仕えた高名な学者、新井白石の自叙伝名を借用。少し厚かましすぎるが、新井白石の父は長い浪人生活していて、その父が狭庭で枯れ木を折りながら焚き火をして...
  • トラックバック数:1 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:シニア日記ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

新井白石について