新井白石

新井白石についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [新井白石] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

新井白石を含むブログ記事

inuyamayakiさん
  • 『犬山焼徳利盃館』コレクション紹介 明治時代の教科書・その83
  • 目十六番地内容は御巡幸(1〜2)に始まり三偉人(高山彦九郎・林子平・蒲生君平)台湾征伐・文學の振起(1〜2)、海底(1〜2)平賀源内・角倉了以の挿話火山・地震(1〜2)、元禄十六年ノ大地震(1〜2)を新井白石の記述を紹介その他室鳩巣・卜部兼好等の記述や貝原篤信(益軒)の書はこの巻にも有る。銅版画と思われる図版の頁を掲載したが、印刷が鮮明では無い全(表裏)62枚明治の学校制度は入学時(修了時)の年齢1900...
  • 『犬山焼徳利盃館』inuyamayakiさんのプロフィール
tajimanさん
  • 【公務員試験】日本史の頻出ポイントまとめ!ここは最低限暗記しておくべき!
  • 、清、朝鮮以外の国とは貿易や交流をしない「鎖国」を実施していた。清との貿易⇒朱印船貿易を実施オランダとの貿易⇒糸割符制度を実施朝鮮との貿易⇒対馬藩を通じて実施。江戸時代(徳川綱吉〜)について徳川綱吉、新井白石、田沼意次、松平定信の時代の江戸時代について解説していきます。徳川綱吉について・生類憐みの令・質の悪い貨幣鋳造綱吉の時代に入る前に明暦の大火という大火災が江戸で発生して復興に莫大なお金がかかってしまっ...
  • 地方上級公務員 合格対策室tajimanさんのプロフィール
yutakaさん
  • 邪馬台国は、徳島県です
  • たとされる国(くに)のひとつ。 邪馬台国は倭女王卑弥呼の宮室があった女王国であり、倭国連合の都があったと解されている。 古くから大和国(やまとこく)の音訳として認知されていたが[注釈 1]、江戸時代に新井白石が 通詞今村英生の発音する当時の中国語に基づき音読した[注釈 2]、ことから(やまたいこく)の読み方が 広まった。 邪馬台国の所在地が九州か近畿かは、21世紀に入っても議論が続いている。https:/...
  • ゆたかちゃんの医療、健康、薬情報yutakaさんのプロフィール
ちゃーちゃんさん
  • 邪馬台国はどこにあった?
  • ・・・??論争が始まったのは、今から300年以上も前のこと。江戸時代前・中期の儒学者松下見林が30年費やして、邪馬壹(台)→ヤマトと、読み、畿内の大和のことであると結論付けました。これに反対したのが、新井白石で・・・。邪馬台国は九州北部にあったと主張しました。その後も論争が繰り広げられてきましたが・・・決着がついていません。資料は・・・3世紀後半に書かれた中国の歴史書「魏志倭人伝」。正式には「魏書東夷伝・...
  • 日々徒然〜歴史とニュース?社会科な時間〜ちゃーちゃんさんのプロフィール
みどりの木さん
  • 鳥取城の紹介7 山下の丸2 池田家
  • 藩主で学者の池田定常は自分の系図を調べた結果「今の武家は民間よりあらわれて大名になった者が多いのでその先祖はよくわからない。池田家は池田信輝(恒興)より以前はその実一決しがたい」と述べています。また、新井白石も「池田恒利をもって祖としそれより以前は疑問」と言述している。戦国時代にガラガラポンしたので、百姓・商人・山賊・海賊出身者が武士となり、室町時代の武士の多くが貴族化していたので、滅亡したり百姓・商人に...
  • 歴史大好きみどりの木みどりの木さんのプロフィール
見もの・読みもの日記さん
  • 海を渡る二人の英雄/義経伝説と為朝伝説(原田信男)
  • においても、為朝伝説は根拠のひとつに用いられた。なお「為朝伝説に関しては、義経伝説と違って歴史学界でも、明治期にはすでに史実と考えられていた」という記述にはびっくりである。 18世紀後半の知識人たち(新井白石、水戸光圀など)は、義経・為朝伝説を文学的虚構としてではなく、日本型華夷思想と現実世界をつなぐ蝶番と考えていたように思う。その理解は、近代の皇国史観へと流れ込んでいく。しかし私は、義経伝説も為朝伝説も...
  • 見もの・読みもの日記見もの・読みもの日記さんのプロフィール
Yacchaeさん
  • センター試験2018倫理の問題を好きなとこだけ分析してみた〜倫理政経は驚くほど○○!〜
  • 系のことで疑問があったらこのサイトみるのだけど、本当に有用です。笑kids.gakken.co.jp【2018センター倫理雑感】?日本思想もオーソドックスな出題だったが、貝原益軒、本居宣長、家永仲基、新井白石、荻生徂徠の5人を一気に正誤で問うてきた8択はやや難で9割狙う受験生は差がついただろう。三宅雪嶺もややマイナーだが選択肢で絞り込んでなんとか2択に持ち込めば…。— やっちゃえ先生@読書の冬...
  • やっちゃえ先生ブログYacchaeさんのプロフィール
谷藤 友彦さん
  • 【日本史B】センター試験(2018年)オリジナル解説
  • との国交修復に際し、対馬藩主の宗氏が将軍の号を「日本国王」と改作した事件が起きた。これを機に幕府は、朝鮮に対して、1636年来日の朝鮮通信使から「日本国大君」の称号を使用させた。以後6代将軍家宣の時、新井白石の建議で一時「日本国王」に変更されたが、8代将軍吉宗は大君を復活させた。幕末の日米和親条約以降欧米諸国との往復文書にも用いられ、1868年天皇が外交権を接収するまで続いた。 【22=?】 寺請制度=寺...
  • free to write WHATEVER I like谷藤 友彦さんのプロフィール
葦尊彦さん
inuyamayakiさん
  • 『犬山焼徳利盃館』コレクション紹介 明治時代の教科書・その82
  • 目十六番地内容は御巡幸(1〜2)に始まり三偉人(高山彦九郎・林子平・蒲生君平)台湾征伐・文學の振起(1〜2)、海底(1〜2)平賀源内・角倉了以の挿話火山・地震(1〜2)、元禄十六年ノ大地震(1〜2)を新井白石の記述を紹介その他室鳩巣・卜部兼好等の記述や貝原篤信(益軒)の書はこの巻にも有る。銅版画と思われる図版の頁を掲載したが、印刷が鮮明では無い全(表裏)62枚明治の学校制度は入学時(修了時)の年齢1900...
  • 『犬山焼徳利盃館』inuyamayakiさんのプロフィール

新井白石を含むトラコミュ

草餅
  • 草餅
  • 草餅(くさもち)は、餅の一種。和菓子として扱われている。古くはハハコグサ(母子草)で草餅をつくっていたが、今日では通常の餅にヨモギを磨り潰したものを混ぜ、その中...
  • トラックバック数:18 TB参加メンバー数:8人カテゴリー:スイーツブログ
折りたく柴の記
  • 折りたく柴の記
  • 5代将軍家宣に仕えた高名な学者、新井白石の自叙伝名を借用。少し厚かましすぎるが、新井白石の父は長い浪人生活していて、その父が狭庭で枯れ木を折りながら焚き火をして...
  • トラックバック数:1 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:シニア日記ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

新井白石について