新井白石

新井白石についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [新井白石] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

新井白石を含むブログ記事

くすのき歴史クラブさん
  • 橋本左内先生の思想と生涯 前編 【物語日本史】第60回
  • 景岳には空理空論を否定する実学精神が顕著で、『実功実益』『経済有用』『実用を専らにす』と言っています(山口宗之は景岳を功利主義的としています)。そして、経済の論に卓見ありとして敬服したのは、熊沢蕃山、新井白石、頼山陽でした」優希「実学かあ。この点についても福澤諭吉先生の先輩と言っていいのかもね」松子「また、洋学については弊害にも注意しており、科学技術の輸入に専念しようとしました。あくまで学問の基本は儒学で...
  • 皇国Projectくすのき歴史クラブさんのプロフィール
masa717hさん
  • 授業の授業 社会編
  • たまみちゃんという同級生がいて、その子にいいツアーの紹介する。それを利いたたまみちゃんは、そのツアーに早速申し込みに今日待つか見てくると反応。いいつあよたまみよしきょうまつかみてくる家康→家光→綱吉→新井白石→吉宗→田沼→松平→水野吉宗(享保の改革) 松平(寛政の改革) 水野(天保の改革)それぞれ頭文字をつなぎ合わせたものですが、まずこれを覚えてもらうのが最優先。そこから、誰が何をやったのか具体的にそのパ...
  • 野球好き塾講師のブログmasa717hさんのプロフィール
瀬知エリカさん
  • 仕事:2017年文芸誌>本の旅人4月号(角川書店)
  • 2017.03.27発売雑誌掲載(本の旅人 2017年3月号:角川書店)佐藤雅美「第5回 火の鬼」の挿画を担当いたしました。江戸時代中期の旗本・政治家・朱子学者である新井白石のお話です。江戸城...
  • 瀬知エリカの絵手帖日記瀬知エリカさんのプロフィール
防災データベースさん
  • 【地震だけじゃない】火山大国ニッポンの歴史
  • 江戸時代に入ると東日本大震災が起きるまでは日本最大の地震とされていた宝永地震(1707年)が発生しました。この地震は南海トラフが震源域です。この時も同じ年に富士山の宝永噴火もありました。ときの政治家・新井白石の随筆『折りたく芝の記』によれば、江戸では降灰のため、昼間でも行灯が必要だったと記されています。この少し前、江戸では元禄地震(1703年)にも襲われて、経済活動が活発で文化に花が咲いた元禄時代が終焉す...
  • 防災データベース防災データベースさんのプロフィール
団子屋のページさん
  • やはり千年の都、「まじない」京都に息づく 幸せに暮らす知恵
  • トルほど欠かせ、内側に塀をめぐらせる。京都御所の東北隅にある「猿が辻」に習い、ホテルの繁栄を願って新築したという。 東北隅を欠く鬼門よけは、渉成園や仏光寺などの伝統建築でも行われており、江戸時代の学者新井白石の著述「鬼門説」を見ても東北を忌む風習が庶民に浸透していたことが分かる。鬼門よけをフィールドワークにしている藤野正弘京都産業大日本文化研究所上席特別客員研究員は2年前、堀川通と寺町通に挟まれた中京、下...
  • 団子屋のページ団子屋のページさんのプロフィール
アンリさん
  • 語呂年表配布します
  • 51 慶安の変(由井正雪の乱)1657 明暦の大火1685 生類憐みの令が出される1669 シャクシャインの戦い1689 松尾芭蕉「奥の細道」の旅に出発1690 湯島の聖堂をたてる1709 正徳の治(新井白石)徳川綱吉徳川家宣徳川家継1716 享保の改革1732 享保の大飢饉1742 公事方御定書の制定徳川吉宗 関連年代の覚え方1772 田沼意次、老中に就任1774 解体新書1782 天明の大飢饉1783...
  • 楽しく覚える歴史年代アンリさんのプロフィール
hatouleのブログさん
  • 世界結核デー 「おじいちゃ〜ん!」
  • この時期。待ち焦がれた花が開くのを待つ、この一点に人びとの気持ちが集まり、不思議な高揚感が一本列島を覆います。お花見の計画は、どうですか? あとは好天を祈りましょう。今日生まれた有名人  1657年 新井白石(江戸幕府老中、儒学者)  1970年 原田泰造(お笑いタレント/ネプチューン)  1976年 くわばたりえ(お笑いタレント/クワバタオハラ)  1985年 綾瀬はるか (タレント、女優)今月で、この...
  • hatouleのブログhatouleのブログさんのプロフィール
みっちゃんさん
  • 「月」と「暦」
  • 士清の『和訓栞』では「日読み」(かよみ)であるとされ、定説となっており、一日・二日...と正しく数えることを意味する。ほかに、本居宣長の「一日一日とつぎつぎと来歴(きふ)るを数へゆく由(よし)の名」、新井白石は「古語にコといひしには、詳細の義あり、ヨミとは数をかぞふる事をいひけり」などの定義がある。戦後の日本人は、正しい歴史を学校で教わって来ませんでした。そして、現代のメディアもまた、嘘の情報を流し続けて...
  • 親子チョコ♥(親子で、ちょこっと。。。)みっちゃんさんのプロフィール

新井白石を含むトラコミュ

草餅
  • 草餅
  • 草餅(くさもち)は、餅の一種。和菓子として扱われている。古くはハハコグサ(母子草)で草餅をつくっていたが、今日では通常の餅にヨモギを磨り潰したものを混ぜ、その中...
  • トラックバック数:18 TB参加メンバー数:8人カテゴリー:スイーツブログ
折りたく柴の記
  • 折りたく柴の記
  • 5代将軍家宣に仕えた高名な学者、新井白石の自叙伝名を借用。少し厚かましすぎるが、新井白石の父は長い浪人生活していて、その父が狭庭で枯れ木を折りながら焚き火をして...
  • トラックバック数:1 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:シニア日記ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

新井白石について