遣唐使

遣唐使についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [遣唐使] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

遣唐使を含むブログ記事

まろさん
  • 明治天皇の肉食解禁からとんかつ誕生までの約50年。
  • 知られていないが、とんかつよりもカツカレーやカツ丼が先なのだ。といってもご飯にのせられたカツはポークカツレツなのだが。またこの本で著者は日本の食文化に「小麦粉」が深く関わっていることを指摘。奈良時代…遣唐使が持ち帰った「唐菓子」は生地が小麦粉鎌倉時代…中国から「めん」と「まんじゅう」が伝来安土桃山時代…南蛮文化と出会い「てんぷら」誕生へ明治時代…「パン粉」や「ルー」を使った「洋食」の誕生20世紀…「イン...
  • 投資を楽しむ♪まろさんのプロフィール
左大臣さん
  • 8世紀の倭人、中華皇帝に「日本」への国号変更を申し出る → 則天武后、これを承認 →「日本人」誕生
  • 書』……倭・日本 6. 『新唐書』……日本 7. 『宋史』………日本 8. 『元史』………日本 神野志隆光『「日本」とは何か』(講談社現代新書)では、『唐暦』の記載をもとに、 702年の遣唐使から「日本」が使用されたと述べています。 小林敏男『日本国号の歴史』(吉川弘文館歴史文化ライブラリー)でも、ほぼ同様の指摘が行われています。 この当時の唐は則天武后による統治の時代を迎えていま...
  • 国家総動員報左大臣さんのプロフィール
黒マッチョさん
  • 【国号】8世紀の倭人、中華皇帝に「日本」へ国号の変更を申請 → 則天武后、これを承認 → 日本人誕生w
  • 唐書』……倭・日本 6. 『新唐書』……日本 7. 『宋史』………日本 8. 『元史』………日本 神野志隆光『「日本」とは何か』(講談社現代新書)では、『唐暦』の記載をもとに、 702年の遣唐使から「日本」が使用されたと述べています。 小林敏男『日本国号の歴史』(吉川弘文館歴史文化ライブラリー)でも、ほぼ同様の指摘が行われています。 この当時の唐は則天武后による統治の時代を迎えています...
  • 黒マッチョニュース黒マッチョさんのプロフィール
ensyuuさん
  • 清浄歓喜団 唐菓子 嬉しいいただきものです。
  •  教授・博士(学術)清浄歓喜団 唐菓子 嬉しいいただきものです。クリップ追加お菓子菓子、デザート2017/11/16(木) 午前 0:00 日本のお菓子の原型となったとされるお菓子の一つです。 時代が遣唐使のころの奈良時代まで、起源が遡ります。 このころのお菓子は、薬のような意味もあったのでしょうか。 このお菓子は、茶友からのいただきものです。 珍しいお菓子ですので、滅多にいただくことはありません。 嬉...
  • 茶の湯日記ensyuuさんのプロフィール
白河清風さん
  • 百人一首の新しい味わい方
  • 年(753年)に帰国しようとします。その時の送別会の席で王維ら友人の前で日本を懐かしんで詠んだ歌です。唐に来てからすでに30年の月日が過ぎ、万感の思いの中で日本語で歌ったものです。 しかし、この時の遣唐使船での帰路で暴風雨に会い、仲麻呂の第一船は南方に流されて、帰国はなりませんでした。しかし、余談ですが、この時の遣唐使船第二船に乗っていた鑑真はようやく日本の土を踏むことができました。3.島流し中の歌...
  • 白河清風の恬淡無碍(風の流れのままに)白河清風さんのプロフィール
京都ぶらり女の1人旅さん
  • 京都 紅葉100シリーズ 鳩の三宅八幡宮
  • 京都 紅葉100シリーズ 鳩の三宅八幡宮2017年11月16日 |京都ぶらり女の1人旅三宅八幡宮このあたりは古くは小野郷と呼ばれ小野氏の居住する地域であった。社伝によると推古天皇の時代、小野妹子が遣唐使として筑紫を過ぎる時、 病に罹ったので宇佐八幡宮に祈願をこめたところ、ただちに平癒したので、帰朝後、 宇佐八幡を勧請したのが、この社の起源であるという。祭神は応神天皇である。俗に「虫八幡」といい、子供...
  • 京都ぶらり女の1人旅京都ぶらり女の1人旅さんのプロフィール
shoundoさん
  • 助炭ってこんなの
  • んだのだとか。 この時、記された『蘭亭序』は、書の最高峰として知られるようです。その後、魏の時代には「3月3日」に行われるようになり、 日本には、奈良・平安時代になってから 「3月3日の曲水宴」として遣唐使が日本に伝えたみたいです。『日本書紀』には、 「三月上巳幸後苑曲水宴」 とあるようで、 顕宗天皇が、485年3月に、 宮廷の儀式として曲水の宴を行ったみたいです。そして、平安時代「上巳の節句」の日に、...
  • 茶道具販売 翔雲堂のブログshoundoさんのプロフィール
ゆささん
  • 久し振りにいただきもの☆
  • ブロとものあやのさんが先月の遣唐使船カードの記事を見て絵を描いてくださいました!どうぞクリックして大きくしてご覧くださいやばいぞおおおおお(お持ち帰りは不可です)1枚目2枚目ままままま真備に玄昉に仲麻呂に真成の!4人を!!描いてくださ...
  • ゆさな日々ゆささんのプロフィール
tama_photo1さん
  • カブで行く116駅目
  • 五島の道の駅「遣唐使ふるさと館」はV7ではなく、カブで行こうと思います。2日目の行動開始を早めれば、島内一周に4時間ほど時間を割けるのでなんとかなりそうです。いつでも出発できるように、きょうは隅々まで掃除しました。熊本港...
  • 幸せの黄色いクロスカブtama_photo1さんのプロフィール
リュウちゃん6796さん
  • 第69回「正倉院展」と奈良散歩
  • 「ぶどう酒(ワイン)だったのか?確たる根拠は全く無いのですが、リュウちゃんは「ワイン説」を取ります。根拠は以下の2点です。 (1) この杯がササン朝ペルシャ起源の製品であるとすれば、杯に満たすワインも遣唐使を通じて日本に輸入されていた可能性がある。 (2) 橿原考古学研究所・菅谷文則所長の「飛鳥・奈良時代の朝廷と酒文化」という講演の中に、以下のような話が出てくる。「聖徳太子の時代、日本でもワインが造られ...
  • リュウちゃんの懐メロ人生リュウちゃん6796さんのプロフィール

遣唐使を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

遣唐使について