摂政

摂政についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [摂政] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

摂政を含むブログ記事

mikajunさん
  • ミーユエ 王朝を照らす月(?月伝)(65)(66)
  • たない。  ?姝は ユエを捜すが見つけられない。それならいっそ殺してしまえ と北の離宮に火を放つ。ユエは 無事脱出できたが、直後 魏夫人、武王后に拉致される。魏夫人の計画は“稷を王位に就けて華公子を摂政にし武王后の子供を太子にする”というもの。ユエを味方につけようとするが、うまくいかない。そこで 巫蟲術を使って 遺詔の在りかを聞きだすことにする。ユエは 蟲が仕込まれた食事を食べ、蟲毒にかかる。耐えら...
  • だ〜いすき!韓国ドラマ台湾ドラマmikajunさんのプロフィール
高樹辰昌(Takagi Norisuke)さん
  • 【14】《知的財産権》を?新たな国家戦略に採用?した米国〜ビッグデータ=AI=メガFTA=資本〜
  • ふ。”第13条 ”すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他国政の上で、最大の尊重を必要とする。”第99条 ”天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。”〈マイナンバーはいらない!〉〈公正な税制を求める市民連絡会〉〈立憲デモクラシーの会〉?↑水島朝穂 氏 《戦争の「無...
  • 生きる権利・自由、トロイの木馬撃退!いのちが危ない高樹辰昌(Takagi Norisuke)さんのプロフィール
すみかさん
  • 聖徳太子の伝説は、名前の由来を深読みしたせいで生まれた
  • 耳がよく聡明で、法隆寺を築き仏教を広め、推古女帝の摂政として活躍した人物──。聖徳太子に関する一般的なイメージはすべて『日本書紀』の記述が元になっている。『日本書紀』が書かれた過程を知れば、その真実の姿が見えてくる! 聖徳太子の実像に迫る連載。平等寺 聖...
  • ほーほーブログすみかさんのプロフィール
芳瑩さん
  • 聖徳太子(厩戸皇子)の伝承地を訪れる
  • が中国を統一592(崇峻5)年:11月、馬子、崇峻天皇を殺害593(推古元)年:厩戸皇子、大阪(難波)の荒陵(現:大阪市天王寺区)に四天王寺を着工する593(推古元)年:厩戸皇子が立太子して推古天皇の摂政となる595(推古3)年:高句麗僧慧慈(えじ)が渡来し、帰化して太子の師となる596(推古4)年:11月法興寺完成し、慧慈らが住す600(推古5)年:第一次遣隋使派遣601(推古9)年:聖徳太子、斑鳩...
  • 神旅 仏旅 むすび旅芳瑩さんのプロフィール
日本の朝さん
日本の朝さん
日本の朝さん
日本の朝さん
日本の朝さん
日本の朝さん

摂政を含むブログ村メンバー

  •  
摂政 ハマーンさん

摂政を含むアンケート&掲示板

  •