摂政

摂政についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [摂政] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

摂政を含むブログ記事

高野敦志さん
  • ぼくがダライラマ?(45)
  •  摂政が戻ってきた。ぼくは書簡の中で、パンチェン・ラマが何とおっしゃっているのかと思った。随分お目にかかっていないが、どうしておられるだろうか。「いや、これはわしに当てられた物であるから、ご覧に入れるわけに...
  • 「青空文庫」の作家、高野敦志の世界高野敦志さんのプロフィール
森川 隆(森の紅茶人)さん
  • ≪ヴィクトリア女王≫〜今年本日が生誕199年だから来年は生誕200年祭があるのだろうか?
  • ょうか?日本の庶民である【森の紅茶人】もまもなく誕生日をむかえる同じ5月生まれ(そんなの関係ないって、、、)誕生日からちょうど1ヶ月後の6月24日に洗礼式がありました。洗礼式において代父となったのは、摂政皇太子ジョージ(ジョージ三世の長男)と仲の良い英国訪問中のロシア皇帝アレクサンドル1世。代父には、命名権がありました。ヴィクトリアの実父ケント公(ジョージ三世の三男)と仲が悪かった摂政皇太子は、なんと...
  • 紅茶雑館森川 隆(森の紅茶人)さんのプロフィール
ビービーさん
  • ☆上湧別神社☆
  • 十九日全国府県より屯田兵二百戸の移住あり、同年十一月三日天長節の佳目にと運伝幣練兵場中央の一隅に標木を建立し、大己貴大神を祀り幣帛を奉り祭典を斎行したのを上湧別神社の御創祀とする。 大正十年七月、聖上摂政に在らせられ、本道への行幸啓を記念し社殿を造営。 大正十五年九月二十七日札幌神社(現北海道神宮)の御分霊を勧請し 郷土上湧別の総鎮守として奉斎。 昭和三年五月、昭和天皇ご即位のご大典の佳き年、内務省よ...
  • ☆40代からの御朱印巡り☆ビービーさんのプロフィール
鐘馗(しょうき)さんと名城めぐり&好古揮毫石碑紀行さん
  • 子規庵・大龍寺・羽二重団子・愚陀仏庵 その4 愚陀仏庵
  • 、旧伊予松山藩主、久松家当主第16代久松定謨が愛媛県で最初に建設された鉄筋コンクリート造りのフランス風の建物で、大正11年11月15日 陸海軍の大演習が松山高浜沖合で行われ、その時観閲にお越しになった摂政宮(昭和天皇が皇太子時代)さまが同年11月22日から24日迄滞在された建物である。大正11年以前愛松亭のあった場所である。昭和57年再建された愚陀仏庵は、萬翠荘の裏地にあった。萬翠荘を広角で撮影、背景...
  • 鐘馗(しょうき)さんと名城めぐり&好古揮毫石碑紀行鐘馗(しょうき)さんと名城めぐり&好古揮毫石碑紀行さんのプロフィール
徳薙 零己さん
  • 天下三不如意 15/237 (平安時代叢書 第十四集)
  • 政治のシステムのどこを見ても、藤原氏であることを権力者であるとする要件は記載されていない。たまたま権力者が藤原氏であるというだけである。藤原氏が権力を支配できるようになったのは、皇室との外戚関係により摂政や関白に就くことができたからではなく、現在の議会に相当する議政官の過半数を獲得していたからである。そして、議政官の議長を務めるのが左大臣であり、左大臣不在時に議長を務めるのが右大臣である。太政大臣が議...
  • 天下三不如意(平安時代叢書第十四集) 月〜金18時徳薙 零己さんのプロフィール
りせさん
  • 最勝院と駒大僧正 お知らせも
  • TOPの写真)。最勝院の創建の詳細は不明ですが、鎌倉時代からこのあたりの山中は「神仙佳境」の霊地として知られていました。天台密教の僧・道智(生没年不明)が晩年この地に移り住んだのもその頃です。道智は、摂政関白の九条道家(1193-1252)の子で、幼くして仏門に入り、比叡山で修行して天台密教の深奥を極めました。山門を入ると正面は「縁結びの松」。 樹齢300年の百日紅の木の根の間から樹齢100年の松が生...
  • 京都を歩くアルバムりせさんのプロフィール
tommyjhonさん
  • 中間テストの問題を暴露
  • 現代口語訳)が素晴らしいではありませんか!今の日本の政治状況にピタリとあてはまっていますね。ワタシは、憲法99条をテスト問題にしたくてしたくて、ここ20年間ぐらいずっと考えてきた。第九十九条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。つまり、憲法という文章は、国民を規制するものではなく政治家や官僚や裁判官を規制する文章なのである。かの小室直樹先生は...
  • Tommy先生の世相を斬るtommyjhonさんのプロフィール
白河清風さん
  • 最初の女帝 推古天皇と今後の女帝誕生の可能性
  • 夫敏達に先だ立たれ、同母兄の用明天皇の死去、次の異母兄の崇峻天皇(母は堅塩媛の妹)の弑殺を受け、592年に推古天皇として即位します。 2.推古天皇の印象 日本史の教科書的では、すぐに聖徳太子が摂政に就任して、冠位十二階、十七条の憲法や遣隋使派遣などの新政策を遂行するという記述になっていて、推古天皇は実務を行わず傀儡的にいたのではとの印象を与えます。しかし実体は、政治的手腕もあり、大王家の行く末...
  • 白河清風の恬淡無碍(風の流れのままに)白河清風さんのプロフィール
徳薙 零己さん
  • 天下三不如意 14/237 (平安時代叢書 第十四集)
  •  父の藤原師通が三八歳という若さで亡くなったことで、藤原忠実に対する周囲の視線は、将来の摂政関白を約束された若者でなく、次期関白が決定した若者へと変わった。ただし、そのうち関白になるということが決まっただけであり、実際に関白になったわけではない。そもそも関白たるにふさわしい器ではないと扱われ...
  • 天下三不如意(平安時代叢書第十四集) 月〜金18時徳薙 零己さんのプロフィール
芳瑩さん
  • 魚山大原寺 勝林院(ぎょざんだいげんじしょうりんいん)
  • います。これによって法然の名は広く知れ渡り、庶民だけでなく、大原問答後まもなく、後白河法皇の姉の上西門院(じょうさいもんいん)が、法然に説戒を依頼します。その縁で後白河法皇やその皇女式子内親王、それに摂政九条兼実らも熱烈な信者となり、のちに兼実は法然を戒師として出家します。来迎橋小さな三途の川を渡り、ここからは極楽浄土の世界鐘楼本堂現在のお堂は安永7年(1778年、徳川家治の頃)に再建され、縁起が刻ま...
  • 神旅 仏旅 むすび旅芳瑩さんのプロフィール

摂政を含むブログ村メンバー

  •  
摂政 ハマーンさん

摂政を含むアンケート&掲示板

  •