期待リターン

期待リターンについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [期待リターン] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

期待リターンを含むブログ記事

靴磨きおじさんさん
  • ベストシナリオで2027年、ワーストシナリオで2031年のアーリーリタイアが見えてきた
  • を240万円、運用を資産全体に対し5%とするとやはり12年後の2031年に1億円を突破します。これもワーストシナリオです。というわけで、もちろん?のシナリオがベストですが、うまくいかなかったら?と?を期待リターンを計算しながら選択して2030年までのキャリアを決める予定です。2031年リタイアの場合は46歳、2027年リタイアの場合は42歳であり、まあまあ現実的な目標かなと思っています。ただし、再婚したら一気...
  • 靴磨きおじさんの米国株・インデックス投資靴磨きおじさんさんのプロフィール
ゴールドマンさん
  • 積立NISA92本、投資信託の正しいの選び方
  • 式にのみ投資します。一方、債券に投資する商品は(6)のバランス型の一部です。(1)日本株式(2)米国株式(3)先進国株式(4)新興国株式(5)全世界株式(6)バランス型一般に、安定性は株式よりも債券、期待リターンは債券よりも株式が優れています。このため長期になればなるほど債券より株式が有利になります。以下は、1970年〜2015年の実績に基づく、資産クラス別のリスクとリターンの分布です。上にあるほどリターンが...
  • 米国株で配当金生活ゴールドマンさんのプロフィール
ごんじろうさん
  • 高利回りのクラウドクレジットは危険?口コミや評判は?
  • かし資本元の安全なクラウドクレジットはいくつも存在します。その中でもクラウドクレジットを選びたくなるようなメリットをここでは紹介していきます。10%越えの圧倒的高利回り。最低1万円の低額から投資可能!期待リターンマップで初心者でも一目でわかるひとつずつ説明していきます。他社の追随を許さない。10%越えの利回り。クラウドクレジットが他のソーシャルレンディングより飛びぬけてすごいところ。それは10%を超える高利回...
  • 決定版!裏ワザ節約・副業・投資情報!ごんじろうさんのプロフィール
きしやんさん
  • セゾングロバラと世界経済IFはアクティブファンド?インデックスファンド?に関する考察
  • 考えにくく、それを証明するのは、世界経済IFに対する世界経済IF 株式シフト&債券シフトの存在です。世界経済IFシリーズは、付加価値として株式:債券の組み入れ比率が異なる3つのバランスファンドがあり、期待リターンとリスクは、下記のようになりますバラつきは2標準偏差※myINDEXより円換算未ですが、株式:債券の比率に関わらず期待リターンはほぼ一緒にも関わらず、リスクは株式の比率を下げた分だけ小さくなっているの...
  • 親が子に教えよう!お金と資産形成の世界☆きしやんさんのプロフィール
りくろ〜さん
  • つみたてNISAで買うならどの商品?
  • 各ファンドの投資対象を比べると、下の表のようなイメージです。例えば先進国全体をカバーしたいのであれば、たわら先進国にたわらTOPIXを10%程度加えてみるという使い方もできると思います。各資産クラスの期待リターンはこちらの資料が参考になります。参考資料: JPモルガン・アセット・マネジメント 57資産の期待リターン長期予想を発表 〜前例のない市場環境を15年予測〜(PDF)にほんブログ村...
  • 実践ひとりとうしりくろ〜さんのプロフィール
こ哲さん
  • 最近、株式投資を増やすべきか?という気持ちがムラムラと。
  • いのではないか? という囁きが聞こえてきます。国内・海外ともに株価が上がっていくのであれば、株式投資額を増やせば増やすほど儲かります。ただ、いや待てよと、もう一人の自分からの声が。これまでの計画値 (期待リターン) に対して、今の実績に不満あるの?と。→ 不満なんて、ありません。今の投資比率は期待リターン、リスク、元本割れ確率を踏まえて決めたもので、今でも期待リターン (利回り 2.8%)に対し、最新の運用成...
  • のんびり、ゆったり投資の備忘録こ哲さんのプロフィール
いろいろやりたい総合系ブログサイトさん
  • 指数(インデックス)を頼りすぎてはいけない4
  • 部のどちらが安価か高価かを考え投資する人は世界中どこかにいるとおもう。いずれかの市場は別の市場ではより高価や安価になることはないと考えられる。時価総額のバランス私は、金融市場に参加している人々は、自己期待リターンと期待リスクとのバランスを取って多様化の結果であると思っている。私は、金融市場に参加している人々は、自己予想収益と予想リスクのバランスを取って多様化した結果だと考えている。株が多すぎると株が避けられ、...
  • いろいろやりたい総合系ブログサイトいろいろやりたい総合系ブログサイトさんのプロフィール
えむお@インデックスブロガーさん
  • 【華麗なる投資哲学】投資の目的を改めて考える
  • 積み上げていくことにより年間3%から8%ほどの平均リターンを上げていこうということになります。つまりインデックス投資は時間を味方につけることが出来なければ行うべきではない投資方法といえるでしょう。また期待リターンもそこまで大きくないことから、短期的に大リターンを求める人にも向いていません。これをインデックス投資の弱点と言うべきかは別として短期的な大リターンに向いていないことは事実です。インデックス投資をやらな...
  • 中途半端サラリーマンのインデックス投資とかえむお@インデックスブロガーさんのプロフィール
hiroshitreeさん
  • 2017年10月15日 総資産公開
  • けた金額が出ます。それが、7,116,530円になります。このペースで年末を迎えると、投資年収は900万円ぐらいになります。無リスク資産も含む全資産の利回りは8.31%になる予測です。ポートフォリオの期待リターンが3.6%〜4.33%なのを考えると、今年の相場は良すぎる感じですね。ちなみに、去年の投資収入が204万円でしたので今年の900万円の平均すると552万円の年収になります。リッチな感じはしませんが、貧...
  • MBAのインデックス投資日記hiroshitreeさんのプロフィール
shinkei807さん
  • iDeCoやNISAは税制面で優れてはいるが、10年で億万長者になるのは到底無理?
  • の上限が年間40万円と非常に少ないのが弱点です。仮に20年間積立し続けたとしても、投資額は800万円にしかなりません。つみたてNISAの対象商品は、ほとんどが手数料の安いインデックスファンドですから、期待リターンはせいぜい年数%です。20年間続けたとして、「2倍になれば儲けもの」くらいではないでしょうか?800万年が、うまく行けば1,500万円になればラッキーくらいの考えが妥当だと思います。くれぐれも期待しす...
  • 神経内科医ちゅり男のブログshinkei807さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

期待リターンについて