B細胞

B細胞についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [B細胞] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

B細胞を含むブログ記事

Inedo アロマ&オーラソーマ 愛知・名古屋さん
  • 生体防御をサポートするアロマテラピー
  • 加齢に伴い免疫力が低下する傾向にあるというネガティブな情報から始まった昨日のナード アロマ・インストラクターコースの生体防御機構のお話。胸腺の萎縮やT細胞やB細胞の機能低下など誰もが平等に年齢を重ねていく現実にアロマテラピーの有用性をお伝えします。私たちの生体防御機構の基礎を語るにおいても膨大な知識量が求められる内容になりますが、テキストに沿ってできるだけシン...
  • 香りと色がもたらす癒しの生活 心と身体に安らぎをInedo アロマ&オーラソーマ 愛知・名古屋さんのプロフィール
虹法師さん
  • 個別臓器への放射線影響に関する過去問
  • を意味します。マクロファージは浸入した細菌やウイルスを取り込んで、殺菌して消化します。また感染防御の現場で死んだ白血球の残骸なども貪食してしまいます。 リンパ球は、抗体グロブリンを作り殺菌作用に携わるB細胞、ガン細胞などの異物を退治するNK(ナチュラルキラー)細胞、T細胞があります。T細胞について、詳しく触れてみます。「T」は胸腺を意味するThymusに由来し、ここで最終的に形成されます。腫瘍細胞やウイ...
  • 目指そう放射線主任虹法師さんのプロフィール
itibankenkouさん
  • 前回の続き 【免疫の最前線!パート2】
  • た警備で自己防衛する働きも担っています。前回の続き!! 小腸は絨毛で覆われていますが、その所々に絨毛がなく、へこんだ平らな部分があります。ここが、 「パイエル板」です。パイエル板は、樹状細胞・T細胞・B細胞などの免疫細胞が集まった腸管特有のリンパ組織で、いわば「免疫細胞の基地」です。 腸内からパイエル板をみると、マンホールの入り口のよう、病原菌が容易に侵入出来るようになっていますが、これは「罠」のような...
  • 1番は健康 blogitibankenkouさんのプロフィール
jimklavierさん
  • 製薬会社が売りたくない抗がん剤があるらしい
  • からつい先日FDAが全会一致で承認を支持したノバルティスの「CTL019」(「ブレークスルーセラピー」(画期的治療薬)の指定を受け、優先審査の対象となっていた。その適応は「小児・若年成人の再発・難治性B細胞急性リンパ芽球性白血病」。B細胞急性リンパ芽球性白血病は15歳未満の小児のがん診断の約25%を占めるそうです)の承認も間近とみられ、これらがいま最も注目される抗がん剤ですが、いずれもきわめて高額の新薬...
  • コンサルティングと医療とピアノのことjimklavierさんのプロフィール
すのう。さん
  • しましま。
  • 本文へジャンプ次のページヘブログのトップページへ最新の記事一覧ページへAmeba新規登録(無料)SLEと悪性リンパ腫のコラボ。元気な病人です。最近、『びまん性大細胞型B細胞悪性リンパ腫』になりました。これからしばらく化学療法します。治療のこと、のんびり書いていきたいと思います。ブログトップ記事一覧画像一覧スカイツリー。 »しましま。2017-07-26 00...
  • SLEと悪性リンパ腫のコラボ。すのう。さんのプロフィール
あきピヨさん
八代まきさん
  • ブリナツモマブ,ALLにFDA承認              リンパ腫 再燃832日
  • iTE抗体は、2つの(Bi)手を持ち、がん細胞と結合するのと同時にT細胞とも結合し、T細胞によりがん細胞を攻撃するものです。米FDAは、ブリナツモマブ(BLINCYTO®)を再発/難治性成人・小児前駆B細胞急性リンパ性白血病(ALL)について承認しました。以前は成人フィラデルフィア染色体陰性(Ph-)のみだったと思いますが、今回はPh+も含めた"full apprpval"。前駆B細胞性急性リンパ性白血...
  • がんばりません!八代まきさんのプロフィール
mnytrdさん
管理人のパパさん
  • 熱や痛みの後でガンの自然退縮が起こる!
  • 医師で世界的免疫学者の先生が書かれた書籍の中で「ガンと心の持ち方」に関連する興味深い記述があります。この教えに関連する箇所を短期連載にてご紹介させて頂きたいと思います。『ガンを治す4カ条を実践すると、...
  • PL青空支所管理人のパパさんのプロフィール
yu3yuyuyu3さん
  • ■がん 多幸感が大切なんですね。#高容量メラトニン
  • 服用は、様々な固形がんに対するインターロイキン2の活性を高めた。   インターロイキン2(IL-2)とは 細胞表面に存在するIL-2レセプター(IL-2R)と結合し、細胞内へシグナルが伝達し、T細胞やB細胞、NK細胞、単球、マクロファージなどを分化・増殖させる働き こんなことがわかっています。 がんにおける多幸感は、大切なことのなのです。 Source: ブログまねき猫ホスピタル院長 獣医師・石井万寿...
  • Dog-Cat-Cherishポータルサイト!yu3yuyuyu3さんのプロフィール

B細胞を含むブログ村メンバー

  •  
オーシャンブリッジ高山さん
まさママさん
wishさん
け〜さん
kamatamaさん