突然の死

突然の死についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 夏の疲れはこれからが要注意!
  • [突然の死] ブログ村キーワード猛暑続きの今年の夏はあ〜〜さすがに疲れが出てきたわそして患者さんとの悲しい別れも・・・ずっと仲良くしていた患者さんの突然の死はやっぱり落ち込みます“体調が悪いのに検査しても異常ナシ”こういう場合、未病と言って病気の一歩手前なのですが、症状が出た時はアっと言う間に・・・ということもありますから要注意ですっやる気が出ない・だるい・肩が凝る・腰が痛い・便秘・下痢・立ちくらみ・・・続きを読む
  • 薬剤師の不養生 モービック(mobic)さんモービック(mobic)さんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

突然の死を含むブログ記事

ごままさん
  • 「パーソナリティ障害」という診断
  • りがとうございます。今日2回目の更新です。夏にちょっとだけ「うちの旦那がパーソナリティ障害と診断された」と書きました。時間がなくてそれだけしか書けず、申し訳なかったんですが、経緯はこうです。義母さんの突然の死で、やはり精神的に参ってしまった旦那さん。日常生活に支障をきたすほどではなかったんですが、本人はしんどいしんどいと言ってました。(まぁ気持ちはわかるんですが…忙しいのはみな一緒なのに、しんどいと言って...
  • へそのごま育児中ごままさんのプロフィール
永遠の地獄さん
  • 地獄に墜ちた者からの手記 2
  • 。昨日、ワルドフリードホフ(森の墓地)に葬られました」という、アンネッタの思いがけない死を知らせるものでした。 わたしは不安になりました。アンネッタが、教会から遠ざかっていたことを知っていたからです。突然の死を迎えたアンネッタに、その準備はできていただろうかと心配でした。次の朝、わたしは、アンネッタのためにミサにあずかりました。ちょうどわたしは、修道女会経営の寮に泊っていました。わたしは、アンネッタの霊魂...
  • 永遠の地獄永遠の地獄さんのプロフィール
トニーマサキさん
  • 私のブログ記事を、8割超も読破してくれた親友が選んだ『ベスト1記事』とは?
  • が、こちらです??悲しみの感情を初めて知った日(俳優技術の観点からの考察) 「ほー、なるほどー!」という感じです。昨年7月にアップした記事なんですね。懐かしさもあります! 子供の時に飼っていたインコの突然の死。そして、ふとした瞬間に溢れ出た悲しみの感情と涙。 このときの記憶によって、『感情とはコントロールできないもの』として認識を深めさせてもらいました。 皆さん、思いも寄らぬ瞬間に、感情が込み上げて涙した...
  • トニー・マサキ ライフブログ〜メソード・ハピネス〜トニーマサキさんのプロフィール
亜香音さん
  • Twitterで人気になった俊介君
  • 明日荼毘に付されるようです。我がキョロも突然具合が悪くなり3日後に亡くなりました。俊介君と同じです。それまでは身体が細くなって痩せていたのは気が付いていたのですが、飼い主がわからなかっただけでしたね。突然の死は辛いです。可愛いあのふわふわの毛にお目目が癒されました。俊介君!キョロとお友達になって遊んでね?...
  • 老いと向き合う亜香音さんのプロフィール
サニステ管理者さん
  • 明日の約束動画2話を無料視聴できる裏ワザ!ネタバレ感想&視聴率と評判も!井上真央
  • 日の約束」は、主人公の(井上真央)が男子生徒の不可解な死をきっかけに、「毒親」「いじめ」といった様々な問題に前向きに取り組んでいくヒューマンミステリーです。不登校が続いていた1年生の圭吾(遠藤健慎)が突然の死を遂げた。スクールカウンセラーの日向(井上真央)と担任の霧島(及川光博)が、家庭訪問した矢先の出来事だった。学校は対応に追われ、うわさを聞きつけた生徒の間にも動揺が広がる。一方、日向は「先生のこと、好...
  • サニステ!サニステ管理者さんのプロフィール
ムームーさん
  • 「ジゼル」を読んで
  • 演中、不慮の死を遂げたバレリーナ。その真相は加害者が未成年のため公にされず、関係者も固く口を閉ざしたまま。創立15周年の演目として事故後はじめて演目が「ジゼル」に決まる。死んだはずのバレリーナの目撃。突然の死。事故。役を巡る嫉妬などの人間関係。最後まで読めば思いがけない真相を知ることになる。序盤の相関図ですプロの世界のバレエの厳しさを伝えてくれます。突然の死、事故の真相。15年前の事件の真相。さらに、バレ...
  • そのあとムームーさんのプロフィール
ひろゆきさん
  • 知らない間にも身近なリソースが不全・機能していない?! 
  • 家族のだれかが?予想もしなかった出来事により 予想もしない予想外の困難がぶつかると私たちのネット―ワークは混乱して低下します。 例えば、家族の病の発見(考えてもいなかったような)かぞくのだれの突然の死予想もしない(していない)天災夫(妻)の外部との遮断(引きこもる等)子供の外部との遮断(引きこもり等) 多くの場合、家族が得ている機能が低下して思わしくない状況に陥っているもの。 この家族のシ...
  • 枠組みを広げ解放されていく ひろゆきのブログひろゆきさんのプロフィール
マダムNさん
  • 萬子媛の扇面和歌からわかったこと(書きかけ)
  • 、最初の妻・彦千代は1660年に没している。1664年に文丸(あるいは文麿)を、1667年に藤五郎(式部朝清)を出産した。1673年、文丸(文麿)、10歳で没。1687年、式部朝清、21歳で没。朝清の突然の死に慟哭した萬子媛は剃髪し尼となって祐徳院に入った。このとき、62歳。1705年閏4月10日、80歳で没。断食入定による死であった。○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*神社外苑にある祐徳博物...
  • マダムNの覚書マダムNさんのプロフィール
だいすけ & ちかさん
  • 【2017年9月末】 ラルンガルゴンパへ僕らが行かなかった理由
  • 街そのものがあまりに巨大化したため、2000年代初頭に中国政府より縮小命令がありました。中国政府からの弾圧により僧侶の家などが壊されては立て直すという争い繰り返す最中に、ケンポ・ジグメ・プンツォクの「突然の死」があり僧侶側は抵抗することをやめる方針へ切り替え、今に至るそうです。現在でも数千人の僧侶がここで修行を行っています。以前はチベット語での勉学でしたが、現在では中国語も含めての勉強を行っているようです...
  • 3つ星TRIP☆だいすけ & ちかさんのプロフィール
fkさん
  • 故人だけど、やっぱり父親が嫌いだと思った
  • めたことなど、思い出すと腹立たしいことはありますが、それでも過去のこととして寛容に思えることも増えてきました。 父の死後に出てきた消費者金融の明細たち… 父の突然の死は、驚きこそあったものの、それほどの悲しさを感じることができなかった私。父の死を悲しいと思えない悲しさこの頃にはもう、1年に1度会えばいい程度でしたし、会っても酒を飲んでグダグダ言うので(...
  • お金と生きるfkさんのプロフィール

突然の死を含むブログ村メンバー

  •  
さとみさん
マリーさん
まゆさん
chikunyanさん
けいこさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

突然の死について