源実朝

源実朝についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [源実朝] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

源実朝を含むブログ記事

よっチィさん
  • 171日目 紀州路での様々な発祥地巡りを終える
  • 12月30日(金)↓湯浅駅から電車に揺られること10分程、紀伊由良駅に到着。この駅のある由良町(ゆらちょう)の名所の一つとして、寺院の形をした赤錆びた立て看板の興国寺(こうこくじ)。元々は鎌倉3代将軍源実朝の菩提を弔うために建てられたお寺さん。開山として迎えられた法燈国師が宋で習得した金山寺味噌の製法を伝え、その製造過程から醤油を生み出されたといいます。また虚無僧の総本山でもあり、法燈国師が宋からの帰国...
  • ゆっくりのんびり市町村廻りよっチィさんのプロフィール
鎌倉殿さん
  • 2代将軍 源頼家
  • いる。翌建仁元年(1201)正月23日には城長茂が京都と本国の越後国で挙兵するという事件が起きる。これはまもなく鎮圧されるが世情が不安定になっていることを示している。さらに建仁3年(1203)5月には源実朝の乳母夫阿野全成(頼朝の異母弟、義経の同母兄)の謀叛が発覚した。全成は頼家とその嫡男一幡を調伏したとして捕らえられ、6月配所の常陸国で頼家の命を受けた八田知家によって処刑された。実朝周辺への政治的圧力...
  • 教科書の歴史はウソばかり!?北条氏末裔の憂鬱鎌倉殿さんのプロフィール
MIDORIさん
  • 鎌倉市・鶴岡八幡宮の神様からのメッセージ
  • んやりと浮かびました。その後、本宮の正面の少し離れた位置に立ち尽くし、お言葉をいただき続けました。─お名前を教えていただけますか?「サネアツ…」源氏の方だと思うのですが、ここに祀られているのは源頼朝、源実朝となっていて、あとで調べても源氏に「サネアツ」という人物は見つかりませんでした…。サネトモの聞き間違いかもしれませんが、念のために聞こえたまま記載します。ブログの読者や参拝者へのメッセージをお願いする...
  • 天界へ続く道MIDORIさんのプロフィール
kurouさん
  • 鴨長明の方丈〜京都:河合神社〜
  • 転々とした鴨長明が「栖」(すみか)として仕上げたのもの。鴨長明は、鎌倉時代前期の歌人、随筆家。三大随筆の一つ『方丈記』はこの方丈の中で書かれたものなのだそうです。さて、鴨長明は1211年(建暦元年)、源実朝に面会するため鎌倉を訪れています。その折に立ち寄った源頼朝の墓(法華堂)で詠んだのが「草も木も靡きし秋の霜消えて空しき苔を払う山風」。河合神社下鴨神社鎌倉との繋がりを求めて!・・・・・・・・・・・...
  • kurouのブログkurouさんのプロフィール
shonenさん
  • 鎌倉 鎌倉文学館・鶴ヶ丘八幡宮
  • 丘八幡宮」へ...最初の鳥居からこの鳥居までの長いこと長いこと。!最初に目についたのは「がんばれ大イチョウ!」の看板何?なんでもここにあった大きな銀杏の木は「隠れ銀杏」とも呼ばれていたそうで鎌倉時代の源実朝暗殺にまつわる伝説があるそうです。樹齢千年とも言われ神奈川県指定の天然記念物だったそうですが平成22年に倒れてしまったそうです。移植や再生処理などが施されみんなで応援しよう!...ってことなんですね。...
  • 少年時代に憧れてshonenさんのプロフィール
太守さん
  • 足利義政はそんなに無能な将軍だったのか?
  • ドナルド・キーン氏は「史上最悪の将軍は、すべての日本人に永遠の遺産を残した唯一最高の将軍だった」と評している。ほめておるのかけなしておるのか、よくわからんな、これ。作家の永井路子さんは義政のことを、「源実朝によく似た人物」としている。文化活動に傾倒していくあたりもそっくりで、権力者が無力感を感じるとこうなるのかな、と妙に納得する。そういえば、北条最後の得宗も、闘犬や田楽、仏画など趣味の世界に没頭し、鎌倉...
  • 鎌倉ではたらいていた太守のブログ太守さんのプロフィール
パパぱふぅさん
  • 西暦1232年 - 御成敗式目
  • わせる目的に御成敗式目が制定された。1125117512251275132512321221御成敗式目11831242北条泰時1221承久の乱11801239後鳥羽天皇11631224北条義時1219源実朝の暗殺11921219源実朝12001219公暁11331215北条時政11571225北条政子11331212法然11591189源義経11411215栄西11781185安徳天皇11521214平...
  • ぱふぅ家のホームページパパぱふぅさんのプロフィール
春風さん
  • 鎌倉五山巡り 壽福寺
  • ここから少し進むと、横須賀線沿いに出ます。線路沿いを鎌倉駅方面へ少し進むと壽福寺があります。壽福寺に到着です。壽福寺では一般の日は拝観を行っておらず、写真の総門から仏殿に至る参道、そして裏の北条政子・源実朝のお墓のみ拝観することができます。参道は苔むしており、静かな雰囲気でした。参道から仏殿を遠望できます。通常はここまでしか拝観できませんが、御朱印を頂く際には右に入り寺務所へと向かいます。ここの御住職は...
  • book review 〜春風駘蕩〜春風さんのプロフィール
鎌倉殿さん
  • 鎌倉幕府と将軍・執権・連署(総論?)
  • 鎌倉幕府の歴史が複雑化した要因は、正治元年(1199)正月に偉大なカリスマであった頼朝が没し、幕府が混乱して、将軍家を巻き込む有力御家人間の抗争が連続し、結果、承久元年(1219)正月27日、3代将軍源実朝が暗殺され、頼朝の血統が断絶したことに帰せられる。この過程で幕府の執政者である執権職が生まれるのであり、細川重男先生曰く「ボタンの掛け違い」は、ここに始まったといえる。実朝の鶴岡八幡宮参詣(画像提供:...
  • 教科書の歴史はウソばかり!?北条氏末裔の憂鬱鎌倉殿さんのプロフィール
koba_sakeさん
  • 【宮城県】 浦霞:佐浦さん
  • 浦霞は、本社蔵と矢本蔵という2か所で造られていて、今回は本社蔵を見学させて頂きました(^O^)/本社蔵は本塩釜駅から徒歩5分ほどのところにあります酒銘の「浦霞」は、鎌倉時代の武将で、歌人として知られる源実朝が詠んだ歌に由来しますヽ(*'0'*)ツ純米酒のラベルにはその歌が描かれています(^∇^)「塩釜の浦の松風霞むなり 八十島かけて春や立つらむ」→塩竈の海をやさしく風が吹きわたり、まるで霞がかかっている...
  • 酒屋修行の日々koba_sakeさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

源実朝について