源実朝

源実朝についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [源実朝] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

源実朝を含むブログ記事

央輝さん
  • 空木
  •   神まつる    卯月になれば 卯の花の    憂き言の葉の    数やまさらむ        金槐和歌集 源実朝...
  • त्राःtraaH1372央輝さんのプロフィール
kamakuraさん
  • 坂東三十三観音めぐり   第三十三番 那古寺
  • 三十四霊場の打ち始めの第一番札所であると同時に、坂東三十三霊場・第三十三札所の結願寺としても知られています。坂東三十三霊場は観音信仰者であった源頼朝が鎌倉幕府を開く前に各地の豪族に有力な寺を列挙させ、源実朝の時代に成立。鎌倉の杉本寺から始まり那古寺で結願する、約1360キロに及ぶ道程の終点となる寺なのです。開山は養老元年(717)。元正天皇が病に伏した折り、行基菩薩が海から得た香木で千手観音菩薩を彫り、...
  • Kamakura scenerykamakuraさんのプロフィール
鎌倉殿さん
  • 4代将軍 九条頼経
  • 鎌倉東下 3代将軍源実朝には子がなく建保6年(1218)、母北条政子が上洛し、後鳥羽上皇の乳母「卿二位」藤原兼子と会談し、後鳥羽の皇子を実朝の後継として迎える内諾を得た(『愚管抄』)。承久元年(1219)正月27日、実朝は暗...
  • 教科書の歴史はウソばかり!?北条氏末裔の憂鬱鎌倉殿さんのプロフィール
4ままさん
  • 鎌倉 寿福寺
  • はれて夫婦とに。もし、恋愛に悩んでたらこちらに訪れてた方が良いですよね。パワーもらえ、後押ししてくれそうですよね。?(ò_óˇ)?実は、ここ、北条政子、鎌倉幕府第3第将軍の源実朝のお墓、五輪塔があります。岩肌にぽっかり開いた中に2人のお墓。このやぐらは、牡丹唐草の模様がほどこされているので、【唐草やぐら】や【えかきやぐら】と呼ばれていてます。お墓は、寿福寺の裏山に登って行くと...
  • LOVE &SMILE CANBODIA4ままブログ4ままさんのプロフィール
ふゆきさん
  • 源頼朝を将軍に導いた瀬戸神社。金沢八景に響く鎌倉時代の潮の音。
  • りますが、昔はここに湾につながる水路があったと言われています。干満のたびに海水が流れ入り、そして流れ出ていったことから、罪を流し去るものとして信仰されたのだとか。この瀬戸神社に参詣に訪れた鎌倉三代将軍源実朝は、次の歌を献詠しました。わたつみの 瀬戸のやしろの神垣に ねがひぞ満つる 潮のまにまに目をつむると、鎌倉時代の潮の音が聞こえてきそうな、荘厳な社です。なお、歌人としても知られる将軍・源実朝は、その後...
  • 夢中図書館 「街あるき館」ふゆきさんのプロフィール
鎌倉殿さん
  • 初代連署 北条時房
  • 。 頼家が信頼を寄せた近臣の中にも北条氏の息がかかった監視役がひそんでいたのである。時房が比企一族に接近し、父時政公にスパイ活動を命じられていた可能性も指摘されている。従五位下・武蔵守に任官 3代将軍源実朝の時代になり、時房は元久2年(1205)8月に従五位下・遠江守、同年9月に駿河守、承元4年(1210)正月に武蔵守に任官する。頼朝の時代、国司に任官できたのは源氏一門と京下官人に限られており、源氏一門...
  • 教科書の歴史はウソばかり!?北条氏末裔の憂鬱鎌倉殿さんのプロフィール
konokaさん
  • 平安時代の貴族の遊びは、優雅だけど単なる娯楽ではなかった!?
  • 枝よりも高く蹴らなければいけないというルールがありました。蹴鞠を楽しみながら、仕事上の付き合いを深める効果があったと思われます。蹴鞠の元祖・飛鳥井家の創始者・藤原雅経には、藤原定家、後鳥羽院、順徳院、源実朝など、そうそうたる顔ぶれの「蹴鞠仲間」がいました。鎌倉幕府3代将軍・源実朝は、藤原定家に和歌を習っていました。 源実朝に、藤原定家や鴨長明を紹介したのは、この藤原雅経です。また、後鳥羽院と順徳院は、源...
  • 和のこころ.com〜日本の食材や文化を紹介するブログkonokaさんのプロフィール
konokaさん
  • 「秋の和歌」(No.2)〜日本人なら知っておきたい有名な歌(百人一首含む)
  • 砧(きぬた)で打つ寒々とした音が響いている。藤原雅経は、「新古今集」の撰者の一人で、蹴鞠(けまり)の元祖である飛鳥井家(あすかいけ)の創始者です。藤原定家(97番)後鳥羽院(99番)順徳院(100番)源実朝(93番)は、みな「蹴鞠仲間」でした。「吉野」は現在の奈良県吉野郡で、万葉の時代から桜の名所として名高い地です。 「み」は言葉の頭につける美称です。「ふるさと」は「古里」、古代の都があった所という意味...
  • 和のこころ.com〜日本の食材や文化を紹介するブログkonokaさんのプロフィール
マドンナさん
  • 久しぶりに鎌倉デート 
  • 木、右は……変な木!このまま帰るのは物足りないと思いながら、参道を戻ったがこれが大間違いだった。↑の案内板を写真だけ撮って読まなかった私は大馬鹿者。寺の裏には私の好きなやぐら(横穴式墓所)に北条政子と源実朝の墓があったのだ。大仏次郎等の著名人の墓も。墓マイラ−としたことが!! お昼までには時間があったので、寿福寺からちょっと先の英勝寺へ。英勝寺には5月2日に行ったばかりだが、調べたいことがあった。 調べ...
  • マドンナが往くマドンナさんのプロフィール
sigure-dfさん
  • 意見メール;女性宮家の禁の理由と皇籍安定案について
  • の設置(議院内閣制国家における象徴大統領などに相当、但し宮中祭祀までは関与は困難)を提唱しています。  それ以上の、世襲家の拡大や公務の縮小については、皇室を、御恩と奉公の関係にある将軍家と勘違いし、源実朝のように「資質を問う」などというそもそもあってはならない発想を持つ者も多いですので現状は提唱を見送ります。  現状、『女性宮家の創設』は容認世論が六割はありますが、近年、『堤防事業仕分け』、『リニア布...
  • 時雨@living reason レス保管・チラ裏等sigure-dfさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

源実朝について