源実朝

源実朝についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [源実朝] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

源実朝を含むブログ記事

rh1さん
  • #1807 時により すぐれば民の なげきなり ・・・
  • 日本史の授業で教えられた鎌倉幕府の成立は源頼朝が征夷大将軍に任官した1192年(建久3年7月12日)。最近は異説もありますが、語呂合わせで覚えている数少ない年です。後に3代将軍となり、非業の死を遂げた源実朝の誕生はそのひと月後の建久3年8月9日です。西暦にすると1192年9月17日。今日は825年目のお誕生日ですね。実朝は頼朝と政子の間に産まれた二人目の男子でした。2代将軍となった兄頼家は外戚比企能員の...
  • 万葉歳時記 一日一葉rh1さんのプロフィール
まんたっぷさん
  • 鎌倉・鶴岡八幡宮「白旗神社」「鶴亀石」
  • 白旗神社」「鶴亀石」このページでは、鶴岡八幡宮の末社である白旗神社と、その近くの鶴亀石についてご紹介します!鎌倉・鶴岡八幡宮「白旗神社」読み方しらはたじんじゃ造営年1200年(正治二年)ご祭神源頼朝、源実朝ご神徳必勝、学業成就など例祭5月28日鎌倉・鶴岡八幡宮「白旗神社」の歴史・由来白旗神社は、もともと本宮の西側にありました。頼朝が亡くなった翌年の1200年(正治二年)、「白旗大明神」の神号を朝廷から賜...
  • 鶴岡八幡宮‐御朱印まんたっぷさんのプロフィール
はるさん
  • 湯前神社
  • 市指定文化財です。階段と石垣がいい感じです由緒板手水鉢清める水が温泉になっています石碑何が書いてあるか、わかりませんが立派な石碑です。御神木クスノキで市指定天然記念物です。狛犬顔がユーモラスな感じです源実朝の歌碑鎌倉幕府、三代将軍の源実朝が熱海に訪れ大湯を見て詠んだ歌です。拝殿御朱印は来宮神社でいたただけます。御朱印おまけ近くに大湯間歇泉があります。今は人工的に噴出していますがかつては世界三大間歇泉だっ...
  • 神社へヨーソローはるさんのプロフィール
まんたっぷさん
  • 鎌倉・鶴岡八幡宮「若宮(下宮)」【重要文化財】「柳原神池」 
  • いう形になりますが、拝殿の扉は普段開いているので、中の様子を見ることはできますよ。実朝ゆかりの木「ビャクシン」若宮の社殿脇には、ビャクシンという大きな木が植えられています。これは、鎌倉幕府第三代将軍、源実朝が、はるばる宋から苗を取り寄せて植えたとも言われる木で、鎌倉市の天然記念物に指定されています。桜や銀杏、紅葉だけでなく、ぜひこちらのビャクシンの古木にも注目してみてくださいね。鎌倉・鶴岡八幡宮「若宮(...
  • 鶴岡八幡宮‐御朱印まんたっぷさんのプロフィール
ひこいちの歴史研究さん
  • 「平安京物語」56“院政の連脈”院政時代は後三条天皇の即位から
  • 盛に福原遷都をされて病弱な高倉天皇は帰京し直ぐに没した。 その後清盛が世を去って、清盛の後継者の平宗盛りは再び後白河院政を復活させた。 後白河法皇後は孫の後鳥羽上皇が院政を行ったが、時は鎌倉時代、将軍源実朝が暗殺されたことを好機と見て鎌倉幕府の討幕を試みたが自身が流罪になって執権北条氏の介入を招いてしまった。 その後の院政は皇権の威光も薄れ、南北朝の時代へと移って行き形だけの院政が試みられたがかえって複...
  • ひこいちの歴史研究ひこいちの歴史研究さんのプロフィール
まんたっぷさん
  • 鎌倉・鶴岡八幡宮「丸山稲荷社」【重要文化財】
  • されています。社名は、稲荷社が建っている丘陵を「丸山」と呼んでいたことに由来しています。「鶴岡八幡宮末社丸山稲荷社本殿」として、国の重要文化財に指定されています。ところで、柳営社は鎌倉幕府第三代将軍、源実朝を祀っていた神社でした。源実朝は、現在、鶴岡八幡宮境内にある白旗神社に、初代将軍で実朝の父である源頼朝と共に祀られています。—スポンサードリンク -Sponsored Link-̵...
  • 鶴岡八幡宮‐御朱印まんたっぷさんのプロフィール
虚無僧一路さん
  • 普化宗の日本開祖法燈国師とは?
  • 一派とみなされるようになったのではないかと思われます。放下僧も禅宗系とみられていました。 覚心のスポンサー願性(がんしょう)覚心の渡宋を支援した願性は、俗名を葛山(かずらやま)景倫(かげとも)といい、源実朝(さねとも)の側近でした。実朝の命を受けて宋に渡る途中、実朝が暗殺されたため渡宋を断念。実朝の菩提を弔うために高野山に登り、金剛三昧院で出家します。金剛三昧院は北条政子が頼朝の菩提を弔うために建てた寺...
  • 一路の虚無僧日記虚無僧一路さんのプロフィール
幸田回生さん
  • 新高山登れ1(日本)
  • 宰治の小説を読んでいた。  大学近くの古本屋で手に入れたまま、約半年間、 本棚の上に積まれていた2編の中編からなる文庫本で、 悲運の侍にして孤高の芸術家として短い生涯を送った、 鎌倉幕府の第3代将軍、源実朝をモデルとした吾妻鏡から抜粋、 太宰が書き綴った「右大臣実朝」を読み終えた。   それから、表題の「惜別」を読んだ。 魯迅という名前の作家は知っていたが、詳細は皆目見当もつかなかった。 読むにつれ、魯...
  • ブログ連載小説・幸田回生幸田回生さんのプロフィール
虚無僧一路さん
  • 『虚鐸伝記国字解』の謎 
  • 野氏の祖となります。その子孫に後醍醐天皇の後宮「阿野廉子(ルビ:れんし)」がいます。南朝の後村上天皇の生母です。後村上天皇によって西方寺は興国寺と改められました。西方寺は、葛山景倫(ルビ:かげみち)が源実朝(ルビ:さねとも)と北条政子の菩提を弔うために建てた寺でした。その北条氏を滅ぼした後醍醐天皇とその子後村上天皇が、西方寺を手厚く遇したのは、政子の怨霊を封じるためでしょうか。その阿野氏は南北朝合一後、...
  • 一路の虚無僧日記虚無僧一路さんのプロフィール
まんたっぷさん
  • 鎌倉・鶴岡八幡宮「大銀杏(親銀杏・子銀杏)」
  • 年)鎌倉・鶴岡八幡宮「大銀杏(親銀杏・子銀杏)」の歴史・由来大銀杏は、長年に渡って、鶴岡八幡宮のシンボルでした。2010年に倒れてしまってからは、元の大銀杏の根や幹の一部からの再生が試みられています。源実朝と公暁の伝説1219年(建保七年)1月、鎌倉幕府第二代将軍、源頼家の子の公暁(くぎょう・こうぎょう)が、鶴岡八幡宮の大銀杏の陰に隠れて待ち伏せをし、第三代将軍、源実朝を殺害したという言い伝えがあります...
  • 鶴岡八幡宮‐御朱印まんたっぷさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

源実朝について