皇宮

皇宮についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [皇宮] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

皇宮を含むブログ記事

酔石亭主さん
  • 浜松探訪 その6
  • 今回は浜松市東区天王町1484-1に鎮座する大歳神社(おおとしじんじゃ)を見ていきます。同社は文化3年の秋、天王宮、天皇宮と大歳神社が同一社に祀られるようになったとのことで、祭神も数多く複雑です。鎮座地を示すグーグル地図画像。鳥居と境内です。かなり広い敷地となっています。拝殿も立派。拝殿内部。本殿です。神意をお伺いする、...
  • 水石の美を求めて酔石亭主さんのプロフィール
ジャスミンさん
  • 取りとめない話 6
  • か?」そう聞いてみる「みんな優しいけど、いつも見張られている気がするわそれに私の行動次第で誰かが怒られたら悪いしね」分かっているのか?これからもずっとそうなるふわふわとゆっくり歩く俺の人 「なら、俺が皇宮を下がって平民になり貴女と市井に暮らしますか?」俺はそれでも構わない ふわふわのはずなのにスルリと俺の腕から逃げ出す天女そして正面から俺を見据える目の前に居るは誰だ?先ほどまで鼻歌を歌っていた酔っ払い...
  • シンイ*時々里便りジャスミンさんのプロフィール
junjunさん
  • Reincarnation 〜開京の秋〜 1
  • 、ウンスを乗せた馬車が開京の大門を潜る。通りを行き交う人々は、御者を務めているヨンの姿に振り返り見る。ヨンは、その視線を物ともせずに、ウンスに負担がかからないよう馬車を起用に操り続ける。馬車の後には、皇宮にチェ尚宮ありといわれる武閣氏の長、チェ尚宮が孫のようなチェ家の長子、チェ・ウォンソンと共に馬で闊歩している。「何ともまた・・・あれが、大護軍様のお子様かい?大護軍様によく似た利発そうなお子だ。」「見...
  • 時をこえて・・・《シンイ2次小説》junjunさんのプロフィール
えんぴつのひとりごとさん
  • ちょっと一息、鬼子タイム♪
  • ?スピーチではブリブリでも、職員や皇宮警察には威張りすぎて嫌われ、あだ名を付けられてしまう紀子さま(笑)?その名も「のりぴぃ」(笑)?のりぴぃって?おクスリで捕まった某芸能人と同じ?意味深だねそれと、?公の場では?蚊の鳴くような声でゆーっ...
  • 不思議な色の玉手箱えんぴつのひとりごとさんのプロフィール
ののさん
  • 天女を娶る〜海乱鬼焼船の章〜217
  • 天女を娶る〜海乱鬼焼船の章〜217ウダルチ兵舎から戻る間…会話をしなかった。兵舎で聞いた話に納得もしていないから、いつも通りに話しなんて出来なかったから歩いている間、ずっと考えてた確かに、皇宮の中では官職を頂いていない女の人の姿って少ない。特に、康安殿の辺りには殆ど居ない本当は居ない訳じゃないけど…基本、下女達は人から見えない場所を動く。特に王様や王妃様の御目に触れない場所を動いて移動して...
  • indigo&madder〜信義の小部屋ののさんのプロフィール
ののさん
  • 天女を娶る〜海乱鬼焼船の章〜216
  • …普通はどうなるの?武閣氏だった女の子達って…」妻はそうやって、今度は此方を向いて俺に聞いた「王様や王妃様の御顔を見た事のある女達を、子が出来たからと市井へ戻す事は余り無いな…男の方の職務にもよるが…皇宮務めの男であれば、その男の屋敷へそのまま…奥として入る。身分違いの場合は…子を流すか、世を去るか…目を…」話が進む度に…妻の気配が鬼気迫る雰囲気を宿し始める「ちょっと、待って。何それ?身分違いの恋をし...
  • indigo&madder〜信義の小部屋ののさんのプロフィール
shikiさん
  • 台北にリターンして牛肉麺食べ比べ!
  • しました〜 台北駅に着いてから駅の2階に移動〜 微風台北車站 4つのテーマのフードコートの他に50店舗以上の飲食店があるレストラン街。 この日のお目当ては4つのテーマパーク”台湾夜市””咖哩皇宮””牛肉麺競技館””美食共和國”の内の牛肉麺競技館! 台湾グルメといえば牛肉麺!我が家もバンクーバーで頻繁に食べているアノ独特なお味の麺です〜その牛肉麺の有名店4店がワンフロアに集結♪ それぞ...
  • バンクーバーで英語生活shikiさんのプロフィール
ジャスミンさん
  • 取りとめない話 3
  • ど出来上がっていますから大丈夫ですが、どうして?」 「…お腹が空いたマンボさんのところに寄ろう」そう言ってスタスタと歩き出す呆気に取られて、ため息を吐く俺「テマン、ムガクシに先に帰るように伝えろお前も皇宮にに戻れチュンソクに俺も今日は仕事を上がると伝えてくれ」それを聞いてこの方の後ろ姿が“やった!”と言った気がした本当に厄介な方だ 「マンボの店はそっちじゃありませんよ」どこへ行くんだ?笑える自分を“...
  • シンイ*時々里便りジャスミンさんのプロフィール
hoさん
  • 俺の女人(ひと)(六)
  • て、こっそりと、中の様子を窺えた。中には…背の高い医員が一人と、薬員らしき男女が数人。医仙と思しき人は…見当たらない。医仙というくらいだ。王妃は医仙の治療で、頗る壮健になられたとも聞く。もしかすると、皇宮の中に詰所のような処があるのかもしれない。そうだとしたら、医仙を垣間見る事は不可能だ。万事休す…そう思っていた矢先、典医寺に入って行く人がいた。「ここでいいわ。送ってくれて、ありがとう。」「中まで。侍...
  • *ヨンとおさんぽ*シンイ二次小説hoさんのプロフィール
ジャスミンさん
  • 取りとめない話 2
  • と夫婦になる約束をしていると思いましたが?」「私もそのつもりよ、だから何?」大きな玻璃の瞳がキョトンと聞く本当にそう聞くのか?そんなに真顔で切り返すか?思わず「うっ」となる 「だ、だからまだ危ないから皇宮から出歩かないように俺は言いませんでしたか」負けるな、俺「聞いているわよ、だからジホ君達にもちゃんと声をかけたムガクシさんもテマン君もいる危なくないように手順は踏んだ」腰に手を当てて言うこの方 私は正...
  • シンイ*時々里便りジャスミンさんのプロフィール