皇宮

皇宮についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [皇宮] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

皇宮を含むブログ記事

koikoijpさん
  • 開封府 〜北宋を包む青い天〜(第19話〜第38話)
  • られ処刑されてしまう。この事件をきっかけに包拯は役人となって世を正すべく猛勉強を重ね、科挙を受けるために都へと旅立つ。その途上、包拯は開封府の長の娘・尹雨柔(うじゅう)と運命的な出会いを果たす。一方、皇宮では、幼い皇子・受益(じゅえき)(後の仁宗)の乳母が毒殺され、包拯は事件解決に一役買うのだった。数年後、受益が皇帝に即位。官吏となった包拯は皇宮で次々に起きる難事件に挑んでいく。...
  • 無料動画探しチャオkoikoijpさんのプロフィール
Linaさん
  • 中国ドラマ・麗王別姫〜大唐栄耀 II 〜 [第73話]
  • 張氏/劉威葳 リウ・ウェイウェイ史思明/盧星宇ルー・シンユー風生衣/曹曦戈 ツァオ・シーグェア何霊依/梁婧嫻 リャン・ジンシイェン沈安/黄天崎 ホァン・ティエンチ 【第73話】悲しい再会燕 皇宮。安慶緒は沈珍珠に幼い時、呉興で見た月光に似ていると池に映る月を見せ懐かしむ。そして珍珠に母親の形見の真珠の首飾りを贈る。沈珍珠はあなたひとりの天下ではない。私欲のために戦乱を巻き起こし、民を苦しめれ...
  • 『今日は何観る?』Linaさんのプロフィール
Linaさん
  • 中国ドラマ・麗王別姫〜大唐栄耀 II 〜 [第72話]
  • 達と酒を飲み、酔って幕舎へ戻る。そこへ風生衣が来て「高月明は王妃でした」と報告する。李俶は離縁した日の事を思い返しながら、もはや王妃はいないと返す。そして安慶緒と一緒にいれば命の危険はないと言う。燕 皇宮。安慶緒は本殿で酒を煽り、そこへ連れて来られた沈珍珠が皇后の衣を着ておらず、勅命に背いたとして宮女を斬り捨てる。大聖燕王と名乗る史思明が使者を遣わし「陛下を救うべく魏州を攻略し駆けつけた。城門を開け我...
  • 『今日は何観る?』Linaさんのプロフィール
ののさん
  • 怪談 一の段二
  • の女(ひと)は此方の袖端をきつく握った廊下には人気が全く無いのも…気になる何時もなら、少なくとも一人や二人は歩いているだろうに…自分達の、前にも後ろにも人っ子一人、居らず。鳥の声は不思議と聞こえるが…皇宮に居る筈の人の声は全く聞こえない。それも…不気味で。不安がっている女(ひと)へ視線を向けるその顔は、何かを感じ取って…恐ろしがっているその女(ひと)の手を取り…「大丈夫、俺が此処に」そう、言うと妻は頷...
  • indigo&madder〜信義の小部屋ののさんのプロフィール
ドラマガイドさん
  • 開封府〜北宋を包む青い天 あらすじ24話
  • で陛下と娘は助かったのだ…今は 謎の太監の身元を探るよりも先に誰が火を放ったか突き止めよと言います。包拯は、火を放った者が謎の太監なのですと答えます。そんな中、周児は子栄を呼び出し、益児を助けたいから皇宮にいたいと告げます。一方、王延齢は夏統領に、孫娘の敵討ちに協力してくれと自分と組むことを提案します。その頃、包拯は火事騒ぎの真相を明らかにするために捜査していましたが、周囲ではさまざまな思惑が渦巻いて...
  • 動画ドラマガイドさんのプロフィール
ジャスミンさん
  • Destiny 3*開京奇譚 21
  • 皇宮に何やら不穏な気が漂う皆が不安に押しつぶされそうに其処彼処(そこかしこ)で話し込む雨がひどくなってきた まだ、聴こえるはずはないのだ敵はまだ遠い遠くの地を揺らす無数の足音がザクザクと有ったとしても決し...
  • シンイ*時々里便りジャスミンさんのプロフィール
きっちゃんさん
  • 比翼の鳥 11 〜帰還準備篇?〜
  • ヨンはチュンソクとトクマンと兵営に戻る道中、早速開京への帰還について考えを巡らせた。皇宮へ早馬を飛ばし、帰還許可を待つ。その間に、この地の管理と守備の配置についても見直さねば。と言ってもここの兵たちの力量にあまり不安はない。この3年間で簡単に死なぬほどには鍛えてやった。自分がいなくても問...
  • シンイ−信義− 〜 チェ・ヨンとウンスの軌跡 〜きっちゃんさんのプロフィール
うささん
  • 中国ドラマ「酔麗花〜エターナル・ラブ〜」第49話 あらすじ 
  • って来たと?」と言う。「いかにも。陛下は巫族の殲滅を企むゆえ、卿塵にも危害を加えるやも」と心配する莫不平。そこに卿塵が元溟に捕われたという知らせを巫女が伝えにくる。卿塵を失うわけにはいかない莫不平は、皇宮へ向かうことに。牢に入れられた卿塵の元に元溟が来る。「お前は妖術で皇子を惑わし、謀反を企てた。太常寺の莫不平も仲間だな?奴はどこにいる?」と言う元溟。卿塵は立つと「すべて私が1人でやったことよ」と返し...
  • 台ドラ+韓ドラで探せ!うささんのプロフィール
ドラマガイドさん
  • 開封府〜北宋を包む青い天 あらすじ22話
  • ます。料理に毒を盛った疑いのある獄卒も殺されてしまったため、尹若張も口封じのために殺されるかもしれないため禁軍に護衛を皇太后は命じます。一方、忠臣の郭槐を失い、疑いを晴らすことが難しくなった皇太后は、皇宮に監禁されている太監の陳林の所に足を運びます。皇太后は陳林に、この一連の火事は誰の仕業だと?と聞きます。陳林は、誰がやったかは思いつきませんが誰がやっていないかだけは分かります。あなた様ですと答えます...
  • 動画ドラマガイドさんのプロフィール
ののさん
  • 怪談 一の段
  • ぼやける季節あなたは目の前で起こっている事が、本当の事なのか、幻なのか…確証がありますか?いつの間にか充満する霧生臭い香り居ない筈の後ろから聞こえる足音…その全てが、現実の物では無いと言い切れますか?皇宮は、欲望が渦巻く場所特に、人を怨んで消えた魂も多い場所明るい場所も確かにあるが、夜より暗い闇も必ずあり…その闇から物の怪は平然と現れる昼日中にさえ出て来る物の怪と人を判別出来る自信は?これは、そんなお...
  • indigo&madder〜信義の小部屋ののさんのプロフィール