皇宮

皇宮についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [皇宮] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

皇宮を含むブログ記事

mikajunさん
  • 琅琊榜〜風雲来る長林軍〜(琅琊榜之風起長林)(47)(48)
  • 47・4847岳銀川は 晋尚書とともに 皇宮へ。皇帝に 謀反を知らせる。しかし 遅かった。禁軍からの援助はなく皇帝たちを守る兵士は 500人のみ。どうすることもできない。岳銀川は 皇帝から 天子六印を渡される。「援護を呼んでほしい。朕が命を落と...
  • だ〜いすき!韓国ドラマ台湾ドラマmikajunさんのプロフィール
さらんさん
  • 2016 再開祭 | 気魂合競・伍拾弐(終)
  • に役に立つ。習得する為にはすぐに繋ぎの取れる場所に匿いたい。奴らの持っている今現在の元の情報も欲しい。今後元の言葉を操る手裏房が居れば、より確実な情報が手に入る。 元の者である以上、如何なる事情があれ皇宮に引き入れる訳にはいかん。あのまま荒家に住まって官軍にでも見つかれば、面倒な事が起きぬとも限らん。そして托克托の最後の命令で高麗まで来た以上、追い返しても元に戻るとは思えなかった。 「巨人」俺の呼び声...
  • 信義(シンイ)二次創作物さらんさんのプロフィール
こんさん
  • 開封府〜北宋を包む青い天〜あらすじと感想 第56話 挙兵
  • 捕る蟷螂を狙う雀の雀になろうとしているのかと詰問し、雀になるのは皇帝の自分だと言い放ちました。子栄は最後に雀になるのは誰かまだ分からない、と答えます。仁宗は子栄を監禁するよう命じました。そこへ張徳林が皇宮を包囲したとの知らせが入ります。これを危惧していた包拯は、あらかじめ王朝と馬漢に命じて張府を見張らせようとしましたが、ふたりが張府に向かった時にはもう屋敷は空っぽだったのだそうです。子栄は、父は仁宗を...
  • 韓ドラ大好きおばさんの言いたい放題!こんさんのプロフィール
ドラマガイドさん
  • 開封府〜北宋を包む青い天あらすじ57話
  • ではない。誰が子栄を殺すと言った…と言います。周児は、子栄は逆心を…陛下を手にかける気なの!王徳を介し食事に毒を盛るつもりよ!と言います。仁宗は、子栄に聞いたのか?と問います。周児は、怖気付いた王徳が皇宮を抜け出し私に会いにきたのと答えます。仁宗は、今どこに?と問います。周児は、逃げたわと答えます。仁宗は、子栄は君の参内を知っているのか?と問います。周児は、知らないわと答えます。仁宗は、その件を伝えに...
  • 動画ドラマガイドさんのプロフィール
ののさん
  • 花吹雪、桜灯籠と花守鬼 よんじゅうよん
  • ことの全てを共有する事です。」なんて事をチュンソクは言う「おい、武閣氏との事も…話すのか?しかも、職務以外での武閣氏との話なんぞあるのか?」そう、聞くとチュンソクは言う「御座います。特に我々はお互いに皇宮内の一番大切な場所をお守りさせて頂いております。彼方の意見、此方の意見が合わず…口喧嘩の様な事も度々。しかも武閣氏の方の隊長もなかなかに強者で。」なんてことを言う「しかし、俺が隊長の頃は…」そんな事を...
  • indigo&madder〜信義の小部屋ののさんのプロフィール
ののさん
  • 鬼と鸚哥の悶着 九
  • 挙げていた時の事だそんな時に師父の元へ王様からの書状。持って来た者は、自分の足元へ師父を跪かせ…自分の言葉のように悦に入り…王命を読み上げたその時の書状は簡単に言えば、今迄の戦に対し褒美を渡したい故に皇宮へ来るように…と言うもので。自分は、あの頃若く…今ほど政を知っていた訳でも無く…褒美が貰えると言う事だけで浮足立っていたが、師父は違った。その書状を貰ってから、まず最初にした事が…あの人との養女養父の...
  • indigo&madder〜信義の小部屋ののさんのプロフィール
ドラマガイドさん
  • 開封府〜北宋を包む青い天あらすじ55話
  • しむ姿を見たくない。後宮など入れたくないのだ…あぜ道に生える花を後宮の鉢に植え替えたら咲き誇る前に枯れてしまうだろうと話します。周児は、私は花じゃない。ただの柳の綿毛よ。風に乗って田舎から都に来たの…皇宮まで漂いそして張家へ。でもやっと気づいた…私の心は あなたに根付いたと…と見つめ合います。そして2人の本心を知った仁宗は衝撃を受け、声をかけずに立ち去ります。一方、包拯は西夏との内通者について捜査を進...
  • 動画ドラマガイドさんのプロフィール
ののさん
  • 帰鳥 二百四十四
  • か…今チュモは明日の朝までは仕事が無い。その間の行動まで俺やチュンソクがとやかく言う理由は何もないから無言で頷いて見せるするとチュモは短く「有難うございます」と言って俺の後を付いて来た兵舎を出て、また皇宮内の廊下を歩くその場所は兵舎へ行く為の道であるから何時もは誰かしらその廊下を歩いているのだが…珍しくその時は誰も歩いては居なかったそれを確認してか、珍しく今度はチュモの方から話しかけて来る「あの、大護...
  • 鬼神と、鳥と、小菊ののさんのプロフィール
ののさん
  • 帰鳥 二百四十二
  • 奥様、あの娘が意識を戻しました。」そう言った私とヒョナはヘスの元に向かうと、横になったヘスが此方を向いている「あ、セヨン…ここは?もう、着いたの?」か細い声で彼女はそう言った「そうよ、着いたの。此処は皇宮の典医寺…貴女を必ず助けるわ。だから、貴女も生きる事を諦めないで!」私はそう言った彼女は生きる事を諦めたりしてない事は分かってたけど、もし、さっき聞いた事でその意志を捨ててしまわない様言っておく「大丈...
  • 鬼神と、鳥と、小菊ののさんのプロフィール
ののさん
  • 帰鳥 二百四十一
  • 達が何とか理不尽な扱いを受けない様に…あの王様の事…何にも考えてはいらっしゃらない事はきっと無い。信じよう、あの人を。信じよう…あの人が選んだ王様を。チュモと二人、ウダルチ兵舎の方へ歩く久しぶりに歩く皇宮の廊下。俺の後ろについてチュモが歩き、二人分の足音が廊下に響くその足音に耐え切れず…チュモに声を掛ける「チュモ、ヒョナの事だが…」そう言うとその質問が出る事を元から予想でもしていたかのようにチュモは全...
  • 鬼神と、鳥と、小菊ののさんのプロフィール