シャーリー・マクレーン

シャーリー・マクレーンについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [シャーリー・マクレーン] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

シャーリー・マクレーンを含むブログ記事

むめみつきさん
  • 旅立つその日まで
  • シネスイッチ銀座で『あなたの旅立ち、綴ります』を観た。じんわりと心に響く作品でした。良い1日を過ごさないで。本物の1日を、意味のある1日を過ごす。他にもいい台詞がたくさん。シャーリー・マクレーンが作品の中で語ります(ある意味ガチすぎて…)さまざまな経験が自分を彩り豊かにしていく。この世を旅立つまで、豊かにし続けることが可能だ。失敗こそ人生。失敗があなたをつくる。思い立ったらいつだって変われる...
  • Kikaraの(ココロ+カラダ)=可能性∞むめみつきさんのプロフィール
かりんまことさん
  • 「黒部の太陽」★★★★☆
  • ぐらい・・・。 昔の作品や洋画は役者さんを良く知らないので、最初に観た時、どの人がメインの役なのかが良くわからないです・・・。Ω\ζ°)チーン でも、ずっと前に「アパートの鍵貸します」を初めて観た時、シャーリー・マクレーンが出て来た瞬間、何この人!とそのハンパないオーラと存在感で、すぐに主役級の役だとわかった。 女優さんだから、キレイだとかかわいいと言うのは当たり前なんだけど、それ以上の何かがあるんだよね! で、三船敏...
  • てろてろと流れる日々の記録かりんまことさんのプロフィール
takeziiさん
  • ビクター・ヤングの 「Around the World」
  • ていたようですが 中でも 「兼高かおる世界の旅」のテーマ曲だったことが 最も印象に残っています。監督 マイケル・アンダーソン、出演者 デヴィット・ニューヴァン、カンティンフラス、ロバート・ニュートン、シャーリー・マクレーン、フランク・シナトラ、バスター・キートン、等々、数十人の有名俳優が入れ替わり立ち代り登場、大俳優等が ちょい役、端役で出演したことで 知られている映画です。 ビクター・ヤング オーケストラ演奏の 「八...
  • たけじいの気まぐれブログtakeziiさんのプロフィール
自然療法家 さっちんさん
  • 魔女サチ&ヨモギ
  • 魔女サチのこと、昨日書いたけどさ、シャーリー・マクレーンの娘さん、サチ・パーカー。彼女が、「西の魔女が死んだ」という映画の中で、おばあちゃん役をやってて。魔女サチって呼ばれることがあったとか。(友達が今日メールくれた) 映画は観てないけど、この映画の原作と...
  • 石と植物とホメオパシー自然療法家 さっちんさんのプロフィール
kumiさん
  • 映画「あなたの旅立ち、綴ります」
  • シャーリー・マクレーンアマンダ・セイフライド共演社会的名声や成功を手に入れたけれど周囲とトラブルが絶えず家族との繋がりも無くした老女が新聞の訃報欄📰に自分の訃報記事を書くよう依頼する………………………………...
  • SOMEWHEREkumiさんのプロフィール
junistoosexyさん
  • あなたの旅立ち、綴ります
  • 銀座シネスイッチで予告編を見て気になってたあなたの旅立ち、綴りますを鑑賞。シャーリー・マクレーン演じる、広告業界で大成功した老婦人ハリエット・ローラーが、地元の若手新聞記者アン・シャーマンに、自身の訃報記事を書かせることを思いつく。しかし悪評の多いハリエット、理想的な記事にならず、最高の訃報記事...
  • Jun's Worldjunistoosexyさんのプロフィール
山本さん
  • 【無料映画大人】西の魔女が死んだ
  • た第44回小学館文学賞など数々の賞に輝いた梨本花歩のベストセラー小説を映画化おばあちゃんと少女の、愛と驚きに満ちたかけがえのない時間を描いたヒューマンドラマ監督は「8月のクリスマス」の長崎俊一出演は、シャーリー・マクレーンの娘で日本映画初出演となるサチ・パーカー、本作で映画デビューとなる高橋真悠大森南朋邦画ヒューマンドラマ家族生活日本2000年代学生心温まるHD画質で楽しもう西の魔女が死んだhttp://pc.vide...
  • 映画の動画館山本さんのプロフィール
新田 オサさん
あじまりかんさん
  • 変容のサポート
  • 言すると人生が変容することだった。 その変容のサポートをしてくれてるのが、セントジャーメインだと思ってから、 山川夫妻の「精霊の囁き」の内容を思い出した。 「アウト・オン・アリム」を女優のシャーリー・マクレーンに書かせて、山川夫妻に翻訳をさせるように導いたのがセントジャーメイン(サンジェルマン)だと、チャネラーに言われて、 亜希子夫人もセントジャーメインと、コンタクトがとれるようになったことを。 そんな...
  • 今日もふたりでキセキの散歩日和あじまりかんさんのプロフィール
ヌメロロジーセラピストMihoさん
  • お気に入りの本?
  • ウロ・コエーリョ著世界中で読まれているベストセラーです。 アウト・オン・ア・リム (角川文庫)907円Amazon あの「西の魔女が死んだ」のおばあちゃん役の女優さん(サチ・パーカーさん)のお母様シャーリー・マクレーン著実話だそうです! 聖なる予言 (角川文庫―角川文庫ソフィア)821円Amazon こちらも世界的ベストセラーですが本を読むのが苦手な人はイヤかも(笑)私は何度も読みながら、ちょっとづつ解釈していま...
  • 数秘で本当の自分を知る☆ヌメロロジーブログヌメロロジーセラピストMihoさんのプロフィール

シャーリー・マクレーンを含むトラコミュ

シャーリー・マクレーン
  • シャーリー・マクレーン
  • シャーリー・マクレーンさんについて、なんでもOK。
  • トラックバック数:17 TB参加メンバー数:4人カテゴリー:映画ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

シャーリー・マクレーンについて