ゴルバチョフ

ゴルバチョフについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [ゴルバチョフ] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

ゴルバチョフを含むブログ記事

いりんこさん
  • 平成最後の夏にあなたがやりたいこと教えて!
  • やりたいこと教えて』みんなの回答を見るあなたも答える あっはっはぁ〜〜!!諸君、こんな猛暑にエアコンガンガンで?地球に優しくな〜い!スバラシイよね!私もそうだよ。 何がつまらないって、東西冷戦状態のゴルバチョフ?ん?なんか違うか。 まぁ、人間世界のことは気にするな! とにかく目の前のツンドラ気候と、私の退屈の無視が、邪魔で邪魔でしょうが無いが、ツンドラ気候は、逆ギレで寝てしまったんだよ。 ヤレヤレ、使えん。...
  • にんがら母ちゃんナマクラでスミマセンいりんこさんのプロフィール
風紋さん
  • 【佐藤優】「読書力」によって「知の天井」を形成せよ 〜松岡正剛の千夜千冊〜
  • 経済原論』〜」「【佐藤優】未来の選択肢二つ、優れた文章作法の指南書、人間が変化させた生態系」「【佐藤優】+宮家邦彦 世界史の大転換/常識が通じない時代の読み方」「【佐藤優】人びとの認識を操作する法 〜ゴルバチョフに会いに行く〜」「【佐藤優】ハイブリッド外交官の仕事術、トランプ現象は大衆の反逆、戦争を選んだ日本人」「【佐藤優】ペリー来航で草の根レベルの交流、沖縄差別の横行、美味なソースの秘密」「【佐藤優】原油暴...
  • 語られる言葉の河へ風紋さんのプロフィール
ミッティーさん
  • アメリカの反核兵器組織(NAPF)の会報(7月号)②
  • ]アメリカの反核兵器組織(NAPF)の会報(7月号)?クリップ追加2018/7/17(火) 午前 5:03反核兵器組織(NAPF)の会報その他歴史▼ 30年前、ロナルド・レーガンがモスクワでミハイル・ゴルバチョフと会って、「ソ連をもう“悪の帝国”とは考えない」と語った後、多くの専門家が「冷戦は終わった」と言い始めた。ソ連とアメリカの敵対関係の解消にレーガンとゴルバチョフが重要な役割を果たしたことは広く記憶され...
  • 広島の視線ミッティーさんのプロフィール
ヴァルデマール・シュトルンクさん
  • キッテルをめぐる不協和音
  • についでまさかの2位になり、その後もツールやジロでステージ優勝を何度も上げた選手でした。もともとソ連や東欧にはプロレースに参戦する前から伝説的な強さを誇っていた選手が何人もいたんですね。それが89年にゴルバチョフのペレストロイカで大挙してプロ入りしてきて、伝説の選手セルゲイ・スホルチェンコフとかピヨートル・ウグルモフらと一緒にコニシェフもプロになったのでした。その翌年からはさらにアブドゥジャパロフやエキモフ、...
  • 惨憺たるアンコウヴァルデマール・シュトルンクさんのプロフィール
Bonjour Vietnamさん
  • 年に1度、愛犬が家から逃亡する日
  • クシーだな  義父の兄は戦時中の軍医御子息達も医師又は獣医 獣医のおじさんの病院ファンビンチャンにあります 見た目は100%ベトナム人だけどソビエト連邦初代大統領ゴルバチョフ氏にそっくり 戦時中、軍医の父を持ち戦後は北政府の支配下で苦しい青春時代を過ごされ 主人の家族も同様だけどね。 南部人はいわゆる反政府者とみなされ義父も刑務所に数か月軍医の義父兄も...
  • My Comfortable and Happy Life in SaigonBonjour Vietnamさんのプロフィール
n_shuheiさん
  • 鹿野大仏と日の出山荘 6月23日
  • ls? プログラムオートで撮影 ( f2.5 1/200秒 9mm ISO3200 ) 露出補正 なし30.書院 展示? レーガン大統領夫妻との写真や、総理大臣時代の各国首脳との写真、日の出町を訪れたゴルバチョフ元ソヴィエト連邦大統領夫妻の写真など、各国来賓や日の出山荘での中曽根首相の写真など、約50点、書画7点、各国首脳からの贈答品等が展示されていた。 ??SONY Cyber-shot RX10 ? f2...
  • Studio YAMAKOn_shuheiさんのプロフィール
UFOアガルタのシャンバラ   日本は津波による大きな被さん
風紋さん
あいば達也さん
  • ●米中経済戦争のゆくえ 軍事衝突は回避できるのか?
  • 主義と云う全体主義傾向を持ち、自由な民主主義を頑なに受け入れなかった。この点では、中国が、日本やロシアの民主主義と資本主義のセットを受け入れることで、英米支配から抜け出せなくなる教訓を得たに違いない。ゴルバチョフやエリツィンが英米に屈した姿は充分に教訓に値した。無論、わが国に至っては、独立国にふさわしい能力を保持しながら植民地に甘んじなければならない、怖ろしい教訓を目の当たりにしていた。 仮に、植民地的あつか...
  • 世相を斬る あいば達也あいば達也さんのプロフィール
nobitaさん
  • ミャンマーゲーム
  • ミャンマー」(その時のお題の単語)を言いました。昨日は「ミャンマー」の次は「あぶりカルビー」、その次は「バスガス爆発」で行いましたが、早口言葉で楽しそうな単語なら何でも良いようです。「メリルリンチ」「ゴルバチョフ書記長官」「チュッパチャップス」「マグマ大使のママ マママグマ大使」「老若男女骨粗鬆症(ろうにゃくなんにょ こつそしょうしょう)」「新人歌手新春シャンソンショー」「かえるぴょこぴょこ 3(み)ぴょこぴ...
  • nobitaのブログnobitaさんのプロフィール

ゴルバチョフを含むブログ村メンバー

  •  
ゴルのママさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

ゴルバチョフについて