類推適用

類推適用についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [類推適用] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

類推適用を含むブログ記事

日本政策投資銀行  日本総合サービスさん
  • No.54 控訴審準備書面3  仙台高裁 市村弘裁判長 小川里佳裁判官 佐藤卓裁判官 の誤判  日本総合サービス事件(27)
  • ことからすれば、本件労働契約は他の同地位の労働者の勤務実態からも実質期間の定めのないものであり、就業規則により、有期雇用契約正職員の業務は正職員と同等のものであることから業務上の差異は存せず、解雇権の類推適用をうけるものである。初回更新拒絶が権利の濫用でないのならば、明らかに雇用契約期間1年であり、臨時職員であった者の雇止めが無効と判断された龍神タクシー事件の判例をもとに上告受理申立理由とし、最高裁判例(...
  • 日本政策投資銀行 日本総合サービス日本政策投資銀行  日本総合サービスさんのプロフィール
日本政策投資銀行  日本総合サービスさん
ヨネヤマさん
ヨネヤマさん
  • 【民訴法判例】訴訟代理人の訴訟行為排除決定に対する抗告審の取消決定に対する許可抗告事件 (平成29年10月5日最高裁)
  • 項)。以上の点に照らすと,弁護士法25条1号に違反することを理由として訴訟行為を排除する旨の決定に対しては,自らの訴訟代理人又は訴訟復代理人の訴訟行為を排除するものとされた当事者は,民訴法25条5項の類推適用により,即時抗告をすることができるものと解するのが相当である。これに対し,上記決定において訴訟行為を排除するものとされた訴訟代理人又は訴訟復代理人は,当事者を代理して訴訟行為をしているにすぎず,訴訟行...
  • リラックス法学部ヨネヤマさんのプロフィール
日本政策投資銀行  日本総合サービスさん
  • No.48 準備書面5  高取真理子裁判官の誤判(17) 日本総合サービス事件(22)
  • 契約正職員は存せず、原告の前任者は定年退職後、嘱託職員となって他の就業場所で勤務していることからも、実質期間の定めのないものであり、恒常性、臨時性の区別、他の労働者の勤務実態を総合的に判断して解雇権の類推適用を受けるものである。2 争点1・原告の雇用継続期待権の侵害(1)採用時の面接の過程で、毎年契約を継続していくという被告の雇用継続を期待させる発言がある。(平成27年4月4日、被告仙台支店にて)(2)被...
  • 日本政策投資銀行 日本総合サービス日本政策投資銀行  日本総合サービスさんのプロフィール
巨瀬慧人さん
日本政策投資銀行  日本総合サービスさん
  • №35 証人尋問質問回答 日本総合サービス事件(12)
  • で答えようと準備していたことである。書面を見ながら尋問に答えることはできない為、暗記していた。1 原告の雇用契約が有期雇用といえども実質期間の定めのないものであるという理由から、原告の雇止めは解雇権の類推適用を受けるものであるという理由は何か。(第1)就業規則第4条 乙4 により、原告の地位である有期雇用正職員は正職員と同等であると記載されており、正職員との職務上の差異が存在しないのは明らかである。(第2...
  • 日本政策投資銀行 日本総合サービス日本政策投資銀行  日本総合サービスさんのプロフィール
日本政策投資銀行  日本総合サービスさん
  • №34 原告に対する質問項目 日本総合サービス事件(11)
  •  項 説 明 書平成28年12月29日仙台地方裁判所第2民事部B係 御中原告 ○○ ○○ 1. 原告の雇用契約が有期雇用といえども実質期間の定めのないものであるという理由から、 原告の雇止めは解雇権の類推適用を受けるものであるという理由の説明。2. 原告が更新されるものと期待されるべき理由の説明。3. 原告の配転が業務上必要によるものでないという理由の説明。4. 原告の配転が不当な動機、目的によるものであ...
  • 日本政策投資銀行 日本総合サービス日本政策投資銀行  日本総合サービスさんのプロフィール

類推適用を含むブログ村メンバー

  •  
94条2項の類推適用されずじまいさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

類推適用について