鶯の声

鶯の声についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [鶯の声] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

鶯の声を含むブログ記事

あやねさん
  • 最新版アレコレ:笹島寿美のきもの学(VOL.151)
  • ka.exblog.jpブログトップ |ログイン2018年 02月 08日最新版アレコレ:笹島寿美のきもの学(VOL.151)笹島寿美の心地よくもきれのいい 着物学唐桟でそぞろ歩きの新内語り心酔わせる鶯の声先生の知人がお亡くなりになり、お別れの会で生前のご趣味の新内流しがあったそうです。新内流しは、三味線と哀愁を帯びた独特の歌声で、魂の響きが人々の心を酔わせた。。。衣装は「吉原かぶり」の決まり姿で、唐桟...
  • 笹島式着付け教室 衣香のきものめしませあやねさんのプロフィール
なおじいさん
  • 「立春」です! とはいえ現実は厳しい寒波。春まではもう一歩です
  • 私たちにも伝わってきます。立春は七十二候では、東から春風が吹いてきて次第にうすくなる氷に春の兆しを感じ、やがて鶯の初音が聞こえ、魚も水面に泳ぎ出てくるとしています。少しずつ気づかないようにやって来て、鶯の声にハッとさせられる時こそ待ち遠しかった春の訪れと感じたのでしょう。鶯は春告鳥ともいわれます。今も鶯はあちこちで鳴いているのですが、初めての囀りを特に初音といいます。待ちわびた春の到来を祝っているようで...
  • なおじいなおじいさんのプロフィール
ローズさん
  • 立春
  • る頃です。七十二候初候:東風解凍(はるかぜこおりをとく)2月4日〜2月8日頃冬の氷を暖かい春の風が解かし始め、春の気配を感じ始めます。次候:黄鶯睍睆(うぐいすなく)2月9日〜2月13日頃その年に初めて鶯の声が聞ける頃(初音)。鶯が春の訪れを告げてくれます。末候:魚上氷(うおこおりをいずる)2月14日〜2月18日頃湖や川の氷が割れ始め、水の中をゆらゆらと泳ぐ魚が見え始めます。梅とめじろ梅の花鶯ADいいね!...
  • レーヌデヴィオレットミニローズガーデンローズさんのプロフィール
何かをすてて 何かをひらおうさん
  •     我が家の花  気づかなかった
  • している間に咲いたらしい。いくつか莟みを付けた茎もある。 彩りの薄い冬の庭でわずかながらも咲いてくれたと嬉しかった。 野鳥の会の川股さんが送ってくれた、鶯。散歩をしていてこの頃は勿論、笹鳴きだが、よく鶯の声は聞く。いつも写真に撮ろうとカメラを構えるが逃げられてばかり。この写真のように、はっきりと鶯を見たなは初めてである。以前、公園を散歩していて、川股さんから、躑躅の繁みに隠れたいた笹子を教えてもらったが...
  • 何かをすてて 何かをひらおう何かをすてて 何かをひらおうさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

鶯の声について