最終ライン

最終ラインについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [最終ライン] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

最終ラインを含むブログ記事

ふぁんふぁんさん
エーゲさん
  • なでしこジャパン、豪州下しアジアカップ連覇
  • ニコッ♪アジア杯連覇を果たし 歓喜するなでしこジャパンアジア杯連覇を果たし 優勝杯を手に笑顔の なでしこジャパン 高倉監督決勝点を決めた横山久美競り合う岩渕(右)↓競り合う熊谷(右)GKは山下杏也加。最終ラインは右から清水梨紗、熊谷紗希、市瀬菜々、鮫島彩。阪口夢穂と宇津木瑠美がボランチに入り、中盤の2列目に中島依美と長谷川唯。菅澤優衣香と岩渕真奈が2トップを形成しました。  今月13日に行なわれたグループス...
  • 雑貨ワンダフルエーゲさんのプロフィール
echiさん
  • なでしこジャパン連覇!!
  • シバシ止めまくって文句なしのMOMです。横山さんのゴールもお見事でした!縦パスが通って、もらった!とおもいました。DF5人抜きしちゃうんだから、2人じゃ止められません。菅澤さんも決定期はなかったけど、最終ラインにジャブを効かせてたので、許して(*´ω`*)高倉監督、バースデー優勝おめでとうございます( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆プラン通りだったのでは?でも攻められる時間が多すぎて、ドキドキが止まりませ...
  • 浦和レッズとバンドのブログechiさんのプロフィール
torocoさん
  • なでしこジャパンがオーストラリアに勝利しアジア王者に!アジアカップ連覇達成
  • ジア制覇! 横山の決勝弾で豪州を下す  AFC女子アジアカップヨルダン2018・決勝が20日に行われ、日本女子代表(なでしこジャパン)とオーストラリア女子代表が対戦した。 なでしこのGKは山下杏也加。最終ラインは右から清水梨紗、熊谷紗希、市瀬菜々、鮫島彩。阪口夢穂と宇津木瑠美がボランチに入り、中盤の2列目に中島依美と長谷川唯。菅澤優衣香と岩渕真奈が2トップを形成する。今月13日に行なわれたグループステージ第...
  • とろ速torocoさんのプロフィール
minmoba2さん
Klinsmannさん
サカラボ管理人さん
  • チェルシーはコンテがチームメイト衝突、チェルシー内紛かw
  • thos ★ 2018/04/20(金) 14:59:17.65 ID:CAP_USER9 14日にサウサンプトンと対戦したチェルシーは、DFアントニオ・リュディガーがメンバーに入っていなかった。最終ラインではセサル・アスピリクエタ、アンドレアス・クリステンセン、ギャリー・ケイヒルの3人が起用されていたのだが、英『Daily Mirror』はリュディガーのベンチ外が指揮官アントニオ・コンテの戦術批判によ...
  • サカラボ | 欧州サッカー動画速報サカラボ管理人さんのプロフィール
NFNL_CBさん
  • 明治安田生命J1リーグ 第9節 vs ガンバ大阪 プレビュー
  • の15失点となってしまっているのは、ボランチコンビ以上にチーム全体の守り方の問題だろう。守備が崩れていくきっかけとなっていそうなのがSBが簡単に食いついた後その背後を使われる形で、こうなった時に遠藤は最終ラインのカバーに入って何とかしようとするのだが、マテウスはサイドに出ていったりしていて、ボランチ2枚がどこを埋めるのかが定まっていない状態になることも多い。そうなるとCBもどこをカバーしていいのかがバラバラ...
  • セレッソ大阪を分析するブログNFNL_CBさんのプロフィール
かめさんさん
  • 変わり目
  • ろではあるのでしょう。 やっぱり手始めに回ってくるのは、口にすればきっと誰でも、あ〜あそこねって分かってもらえるところのサイトの保守と、メインの何か調査が割り振られてきそうです。 でも、今月いっぱいの最終ラインまで、上層の判断もすっきりしないような気もする、かめさんです。 板バサミだのう、バカメ平面ガエルならぬ、平面ガメのノロ吉だって〜・・・ 結果的にはノロノロしてるし・・・でも板バサミであっても、どM根性...
  • かめさんブログかめさんさんのプロフィール
オオタニさん
  • 2018 第8節 : ジュビロ磐田 VS サガン鳥栖
  • ここのところ、先に失点して後から追いかけるという展開が続いていたため、まずは前半を無失点で終えて守備でリズムを作ってから後半に勝負をかけるという意図が見えました。それはシステムにも現れていて、いつもの最終ラインを4枚で構えるスタイルではなく、ジュビロ磐田の3-4-2-1に合わせて同じ3-4-2-1でのセットアップとなりました。鳥栖が3-4-2-1で構えたのは、後ろの枚数(ゴール前の枚数)を増やしたかったとい...
  • SAgAN Report Diaryオオタニさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

最終ラインについて